スリランカ

サーヴィスエレヴェーター

5月
26

貧しい国々は製造業を飛び越えてサーヴィス業で豊かになれるのか?

インドのサーヴィス革命は豊かな世界のビジネスを眩ませた。それはインドの会社を世界的な競争相手にし、ハイデラバードのような僻地の街を豊かで洗練された技術センターに変えた。だが、経済学者はそれほどスターに心を奪われておらず、産業革命以来はびこっている標準とされる知恵に固執している。近代化は農業から始まり、製造業を通ってそののちにやっとサーヴィスに至る、と言うものだ。今ではいくつかの順番を破った例がある。

経済を進歩させる伝統的な道を支持する理論はまっすぐだ。発展は、一般的に、自作農のような低生産性の活動から高生産性の部門に労働者が移動することを伴う。それは製造業への移動の傾向を示す。なぜなら、製造業はそれ自身専門家と規模の経済を与え、それはどちらも労働者あたりの生産額を上げるのに必要だからだ。最初に日本が、そして台湾と韓国が、今では中国が証明してきたように、製造業は生産物を豊かな国々に輸出できるので、その点でもまた発展を加速する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

スリランカ を購読