USAID

新しいメニュー - ハイチを養う

9月
03

政府はアメリカ州で最も貧しい人々の皿にどっさり乗せようとしている

援助関係者は時に、ハイチが自分を養うための苦闘のために安い輸入米を際限なく供給しているように見えることを非難する。人口の半分以上がその土地に住み続けている、その国は依然としてその食料の半分と米の80%を輸入している。現地で知られている合衆国からの輸入米のディリ・マイアミは、過去30年にわたって基本食料品になっている。その輸入品は、幾分かは、3%と言うハイチの輸入関税がカリブ海で最も低いものの一つであるために、流行している。これは、合衆国での農民への気前の良い補助金と結びついて、米が地元で作られた食料よりも安いことを意味する。多くが地元農民を保護するためにより高い関税を論じている。しかし、自給率を改善する新たな動きは、関税を上げることではなく、ハイチの農業をより効率的にし、ハイチ人の食生活を変えることも狙ったものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

正確に誰を助けるのだ? - 援助政策

6月
11

オバマ政権はアメリカの海外食糧援助の遅れた改革を提案する

ある政策に「甘い点」を占めさせることは、アメリカの海外食糧援助の悲しい運命だ、とコーネル大学のその問題についての専門家クリス・バーネットは語る。どの国のものよりも大きいその予算は、貪欲な特別利益を惹きつけるには十分大きいが、その恥ずべき非効率性がめったに見出しを飾らない程度には依然として十分に小さく複雑だ。

恥ずかしくも、やっとそれをカヴァーする。アメリカが余剰の小麦、トウモロコシ、植物油などの農産品を世界の飢餓者たちに60年前に寄付し始めて以来、その計画は議会からの多くの助けを得て、農業権益、輸出業者、そして自発的組織の「鉄の三角形」にとらわれている。規則では、ほとんどの食糧援助はアメリカの農業者から買われアメリカで加工されなければならないとなっている。少なくとも半分はそれからアメリカ船籍の船で運ばれなければならない。競争がひどく抑制されているので、海運が最大の食糧援助計画フードフォーピースの予算の16%を食い尽くしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

欠乏の十種競技 - 貧困

4月
18

苦しい環境のより広い計測

多くの人々の目には、貧しくなるということは、所得がかけるということだ。それは、欠乏の研究を始めるのにはよい場所だが、終わるのにはよい場所ではない。人々が注意するのは所得だけではない。そして、それが買うことができるのは、ある人から別の人で、大きく変わる。例えば、慢性病を抱える人は、同じように満足な生活に導くためには、健康な人よりも多くの所得が必要だ。

しかしながら、これらの哲学的な思慮を機能する計測具に変えることは、簡単ではない。一つの価値のある努力は、サビナ・アルキレとオックスフォード貧困・人間開発イニシアティヴの彼女の同僚によって案出された、多次元貧困指数(MPI)だ。それは、アメリカの援助機関USAIDとユニセフによって散発的に行われた調査に現れる10の質問から始まる。その質問の二つは教育をカヴァーし、二つは健康について聞き、残りの6つは家計の生活水準を調査する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新鮮な目がジレンマを解決するかもしれない - 環境技術の革新

1月
07

企業とNGOは専門的な助けを見つけるためにネットワークの力を利用する

セミナーやネットワークイヴェントに参加するのと同様に、今週のサンフランシスコでのグリーンビルドエキスポへの訪問者は、フランスの建築素材グループ、サンゴバンからの重役が10分間の売り込みの強さに基づいて3つの良い考えを選ぶ間の「スピード・デーティング」セッションを見ることができた。

その会社が「アウトヴェーション」と呼ばれるやり方の一部であるそのセッションは、環境技術を見つけるために使われている多くの開放的革新方法の一つだ。

「まったく単純に、新鮮な目は答えを提案する。」合衆国の環境グループである環境防衛基金(EDF)で法人提携計画を指揮するグウェン・ルタは語る。

去年、EDFは、事業での環境革新の速度を上げるためにオンライン開放革新会社のイノセンティヴとの提携を始めた。ルタ女史は語る。「もし内部で行っている手に負えない環境問題があるのならば、それを外に開くことによってもしかしたらより進歩できるかもしれない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジャマイカを作り直す

8月
22
その困難を抱えたカリブ海の国が黄金の誕生日を祝うとき、その首相は次の50年のために準備をする
 
彼の犯罪的な君臨の高みで、クリストファー・“デュードゥス”・コークは、その強力なストリートギャングがジャマイカを殺人首都に変えるのに役立った暴力的な薬物王以上のものだった。大統領と呼ばれたコークは、政治的なドンで、ジャマイカの首都キングストンの都心部の塊の事実上の支配者だった。政府がついに彼の逮捕に動き、麻薬密輸の罪で2010年に彼を合衆国に引き渡した時、治安維持軍と彼の支持者の軍との間の衝突で76人が亡くなった。
 
コークは6月に合衆国連邦刑務所に23年間服することを宣告された。そしてほとんどのジャマイカ人は、8月6日にそのカリブ海の島国が50回目の独立記念日を祝うので、彼の没落を歓迎している。しかし彼らはまた、ジャマイカ初の女性指導者でコークがかつて支配していたざらざらのキングストンの飛び地からの初めての歓迎を受けた新しい首相のポルティア・シンプソン・ミラーが、暴力的な犯罪とそれを生み出す貧困を減らすことによって、より良い次の50年を作る役にたつことができるとも望んでいる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

再び飢えている - サヘル

7月
19

飢饉の繰り返される脅威に合わせて準備するより良い方法があるに違いない

サハラ砂漠の南の縁に広がった広大な乾燥地であるサヘルで、ほぼ1,900万人の人々が食料不足になっている。国連によれば、100万人以上の5歳以下の子供たちが死の危険にあるという。さらに300万人が、「激しい栄養失調」だとそれは言う。6月19日に、それは、世界のより豊かな国々に、飢餓を寄せ付けないようにするために、16億ドルを見つけるよう頼んだ。

これはここ7年でその地域を襲った3度目の大きな食糧危機だ。今回のものは、旱魃、去年の貧しい収穫、高い食料価格、そして半ダースのサヘル諸国の中の一つであるマリの不安定によって引き金が引かれた。その理由は2005年や2010年とほとんど同じだ。危機ではない年でさえも、国連の子供関連機関であるユニセフはその地域で87万の極度の栄養失調の事例を取り扱っているという。

ロンドンの東洋アフリカ研究学院のカルロス・オヤは、この慢性的な不安定が、自然によるものではなく政策の失敗の結果だという。この地域での灌漑は不適切だ。政府は正しい穀物準備の積み上げができていない。その大陸の反対側で政治闘争に荒らされているジンバブエのような国でさえも、約40万トンのメイズの備蓄をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

並行する危機 - ソマリア

9月
05

どのようにソマリアでのイスラムテロリストの活動を鈍らせるアメリカの成功した作戦が、多数を殺すだろう破壊的な飢饉の一因となったのか

彼らのやぎが皆いなくなり、その最後の牛が膝を折って死んだ6月後半から7月初めまでに、男たちは今や去るべき時だと話した。Daynunay村では、ハジ・ハッサンとその子供たちが、少ない衣類、プラスティックボトル、幾らかの古い調理鍋といったなけなしの家財を包み、東に250キロのモガディシュへ出発した。彼らが通り過ぎたどの村でも、その小さな集団は大きくなり、最初は数百人の列に、そして何千人に、さらに数えきれないほどになり、故郷を捨てて南部ソマリアを横断した。水はほとんどなく、葉しか食べるものがないので、幼い者や高齢者はすぐに亡くなった。ハッサンの孫のひとりは倒れたところに埋められた。Quansax Dheereから300キロ歩いた50歳のバゲイ・アリは「ただ座り込み、死んだ」7人の人々を見たと語る。Baoliからの500キロの旅の途中で彼の子供たちが弱り始めた時、60歳のバシャル・アブディ・シャイス彼らを肩に担ぎ、運んだ。「彼らが死んだのを認識した時、私を途中で彼らをおろし、そこに埋めるだろう。」彼はその途中で2人の息子と3人の娘を失った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
USAID を購読