カメルーン

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生死に関わらず - ナイジェリア一の指名手配犯

12月
16

ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の指導者は死んだかもしれない、再び

過去4年間で約3,000人の死につながった、北部ナイジェリアにイスラム主義の国家を打ち立てる作戦を行うゲリラ集団のボコ・ハラムの首領アブバカル・シェカウには、長い間謎の雰囲気が取り巻いている。彼について知られていることのほとんどは、彼がインターネットに投稿した説教から拾い集められている。彼は、2010年に北東部の州バウチの刑務所にその最初の攻撃を仕掛けて以来、ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の声となっている。迷彩服と防具に覆われ、カラシニコフを脇に抱え、攻撃的にカメラを指さして、彼はナイジェリア中にシャリア法を適用することを要求する。

8月19日に、ナイジェリアの治安部隊は、過去3年ボコ・ハラムを率いてきたシェカウ氏が死んだかもしれないと宣言した。彼らは、6月30日の北東部での銃撃戦のさなかに撃たれ、東のカメルーンに逃れた後に、7月25日から8月3日の間に死んだかもしれない、と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

攻撃される町 - ナイジェリア北部の反乱

7月
30

ナイジェリア国民はイスラム民兵と政府軍の両方を恐れる

4年にわたるイスラム主義反乱の真ん中にある町のマイドゥグリの街路で、兵士たちが砂袋からできた壕に暑さにうだりながら座っている。彼らの周りで、ガチャガチャなる自転車に乗った少年たちが、遠い昔は繁栄するイスラムの貿易センターだったその町をゆっくりと埋めているサハラから吹き付ける砂を刻む。それは今、文字通りでも比喩的でも、砂漠化に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かつてないほどに血なまぐさい - ナイジェリアの北部反乱

6月
11

殺人率は上がっている。大統領直轄委員会はそれを緩めることができるのか?

4月18-19日に、ナイジェリアの北東部の州ボルノの漁村バガでのイスラム過激派集団ボコ・ハラムとナイジェリア治安部隊との間の戦闘で、どれだけの人々が亡くなったかははっきりしない。死者数は188人にものぼり、2,000以上の家が壊されたという人もいる。そのような数字は、今のところ確認するのが不可能だとわかっている。政府は、外国メディアによって報道された死者数は「大きく誇張されているかもしれない」と示唆する。明白なことは、異常に血なまぐさい戦闘が起こり、(「西洋の教育は罪」という意味の)ボコ・ハラムがかつてないほどの活動的で暴力的であり、治安部隊も同じくらい不器用でその結果として彼らはしばしば反乱軍よりも多くの市民を殺すということだ。ボコ・ハラムを消そうとして、軍は、当局に対する地元の北部人の間での、反乱軍へのむき出しの同情ではないにしても、怒りを加熱し続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誘拐の恐れ - ナイジェリア

3月
20

外国企業はその社員を北部ナイジェリアに送るよう怖れるようになっているかもしれない

ナイジェリアのほとんどの外国人投資家は、利益がリスクや面倒を越えていると説明する。しかし、死に絶えるのを拒んでいるイスラム主義者反乱の上のほとばしり出る誘拐は、彼らがその国の北部に乗り出す前に再考させるかもしれない。2月16日に、アンサルと名乗るイスラム主義集団が、バウチ州のその集合住宅から、7人の外国人建設労働者を捕らえた。3日後、ナイジェリアの北東部の州ボルノからやってきたと疑われる別のイスラム民兵が、北カメルーンの国境をまたいで7人のフランス人家族を誘拐した。アンサルは、ヨーロッパ諸国がアフガニスタンやマリといった「アラーの地に対して犯罪と暴虐」を犯している、と語った。「ブラックアフリカのムスリムを守る前衛」の頭文字のアンサルは、去年だけで800人強の死に責任のある集団のボコ・ハラム(「西洋の教えは罪」)から別れたものかもしれない。アンサルは、イスラム主義者の好戦性の中心になっている北部の町のカノ周辺を拠点にしていると考えられている。それは公式にはボコ・ハラムから距離を取っているが、そのイデオロギーの多くを分かち合っている。しかしながら、それはアル=カーイダへの戦術でより近いかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

舞台から離しておけ - ウガンダのゲイ

3月
20

ウガンダのゲイの権利は依然として笑える問題ではない

2月6日に、ウガンダの首都カンパラで働く英国人劇場監督デヴィッド・セシルは、車に投げ込まれ、最初に移民局に、それから警察署に連れて行かれ、雑居房に放り込まれた。彼はそこに5日間拘置され、それからエンテベ空港に連れて行かれ、追放された。彼の罪はホモセクシャルの主題に触れた「川と山」という喜劇の舞台を行ったことだった。彼はウガンダ人のガールフレンドと2人の子供を残した。

ホモセクシャルは、他の37のアフリカ諸国のようにウガンダでは違法であり、罪に触れることだ。ワシントンのシンクタンク宗教と公共生活についてのピュー・フォーラムによって2010年に発表された調査では、約80%のウガンダ人がホモセクシャルが道徳的に間違っていると答え、それは暴力に変わりうる意見だ。ゲイを公言しているウガンダの教師でゲイの権利活動家デヴィッド・カトーは2011年に殺された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

カメルーン を購読