スワジランド

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

シリコン・サヴァンナ

7月
08

ケニアはアフリカと世界を変えているブロードバンドの動きの出発点だ

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サーヴィスエレヴェーター

5月
26

貧しい国々は製造業を飛び越えてサーヴィス業で豊かになれるのか?

インドのサーヴィス革命は豊かな世界のビジネスを眩ませた。それはインドの会社を世界的な競争相手にし、ハイデラバードのような僻地の街を豊かで洗練された技術センターに変えた。だが、経済学者はそれほどスターに心を奪われておらず、産業革命以来はびこっている標準とされる知恵に固執している。近代化は農業から始まり、製造業を通ってそののちにやっとサーヴィスに至る、と言うものだ。今ではいくつかの順番を破った例がある。

経済を進歩させる伝統的な道を支持する理論はまっすぐだ。発展は、一般的に、自作農のような低生産性の活動から高生産性の部門に労働者が移動することを伴う。それは製造業への移動の傾向を示す。なぜなら、製造業はそれ自身専門家と規模の経済を与え、それはどちらも労働者あたりの生産額を上げるのに必要だからだ。最初に日本が、そして台湾と韓国が、今では中国が証明してきたように、製造業は生産物を豊かな国々に輸出できるので、その点でもまた発展を加速する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スワジランド を購読