ターボ・ムベキ

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

性、薬、そして望み

5月
20

いかに大企業は南アフリカでAIDSと戦ったか

ほとんどの経営者は、積極的な考え方の力を称揚する。しかしながら、南アフリカの新ヴァール炭鉱では、労働者は「消極的である」よう促される。これは、その炭鉱を所有する採掘大手のアングロ・アメリカンが、その従業員の間での陰鬱な姿勢を育てたいためではない。むしろ、それは彼らに元気でいてほしいのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いい男たちはしばしば悪い - 南アフリカの歴史

2月
02

いかに陰謀の過去が現在に影響しているか

「外部の使命:亡命中のANC 1960-1990」 スティーヴン・エリス著 書評

“External Mission: The ANC in Exile, 1960-1990” By Stephen Ellis

行間から明らかに痛みを伴い明白な、亡命中のアフリカ民族会議(ANC)の、スティーヴン・エリスによる歴史の真のメッセージは、いかに陰謀の過去が現在の与党に影響しているかということだ。それは、なぜ今南アフリカを動かしている亡命中のANCの諜報部門長だったジェイコブ・ズマ大統領とその僚友たちが、意見の多様性と異議への寛容性がどんな機能するきちんとした民主主義の中心でなければならないかの概念を受け入れることがそれほど難しいと考えているかを説明しようとしているので、不快な読み物になっている。

エリス氏はアムステルダム自由大学でデスモンド・ツツについての講義を担当し、長い間ANCを批判的に見てきた。1990年代後半に、彼は、アパルトヘイト体制による複数の虐待を主に調査したが特にアンゴラ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでのそのゲリラキャンプでの亡命中に自国民に対してANCによって行われた人権侵害の調査には特に熱心ではなかった南アフリカの真実和解委員会の研究者だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山だけじゃない - 南アフリカ

9月
28

虹の国とその与党は、彼らの理想に恥じない行動をするのに失敗している

「我々は悪夢を見ているのかと思った。」南アフリカのノーベル平和賞受賞者でアパルトヘイトに対する戦いの退役兵であるデスモンド・ツツ司教は語った。しかしそうではない、彼は叫んだ。「それは2012年の我々の民主主義の中にいる、我々なのだ。」彼の怒りのうめき声と不信感は南アフリカ中にこだましている。先月ノースウエスト州のマリカナ近くのプラチナ鉱山で34人のストライキ中の作業員が警察によって殺された後で、その国民の多くがかつての恐怖がフラッシュバックするのを経験した。

国の検事が、アパルトヘイト下で施行され2003年に憲法裁判所によって制限された形で維持された「一般目的」法を引用して、衝突の後で逮捕された259人の鉱山労働者を告発した後で、不信感が増した。

鉱山労働者が告発されたことは、奇怪で衝撃的だった。法律には残っているが、「怠惰な検事の法」と表現されているものの使用は、国中で怒りを促した。数日後、検事たちは法の中での彼らの健全さを主張したが、殺人罪は取り下げられた。彼らが政府からもともとの罪にするか撤廃するかどちらかにするよう政府からの圧力にさらされたかははっきりしないが、その事象が国の検事の独立性に疑いをもたらしているのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

不幸せな誕生日 - 南スーダン

7月
22
1年前に作られた世界で一番新しい国は、かなり悪いスタートを切っている
 
ノーベル平和賞受賞者デスモンド・ツツは7月9日の南スーダン最初の誕生日の主賓で、そこで彼は平和を求める説教をした。戦いをやめれば富はついてくる、彼はその若い国の指導者にその北の元同国人と融和するよう要求して語った。礼儀正しい賞賛だったが、帰り道に、その退職した南アフリカ高位聖職者は、軍のための募金バケツを振るヴォランティアたちに話しかけられた。
 
北から別れて1年後、南スーダンの見通しは陰鬱だ。両国に支払うことを意味した石油は、1月の北によって要求された石油を市場に運ぶパイプラインと港の通行料についての口論の間に、南部人によって止められた。その閉鎖は両国を無力にした。南では、インフレが20%から80%に上がっている。産業を欠いており、全体的に輸入に頼っているその国は、その通貨の下落の影響を鋭く感じている。大きな雇用者の国連は、その危機を考慮して地元職員にドルで支払い始めている。政府は今のところドルを採用するという要求を無視している。問題を悪くしているのは、残りのスーダンとの国境紛争が、生き残るのに苦闘している17万人の難民を南に送っていることだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

スーダンの戦争への巻き戻し

5月
11
南スーダンが北から独立を得てから1年もたたないうちに、紛争が再び吹き荒れており、そしてどちらの側にも責任がある
 
スーダンのヌバ山脈の奥深くにある裂けた地面と黄色い草の広い平原の上で、反乱軍司令官のナミリ・ムラド准将は双眼鏡を持ち上げ、目標である4キロ程度離れたところにある政府支配下の町タロディを注意深く観察する。「彼らは3台の戦車を持っている、見えるかい?」彼は携帯用双眼鏡を渡していう。「彼らは6台持っていたが、我々が3台破壊した。彼らは(重機関銃の).50calとI2.5も丘の上に持っている。しかし、我々には3,000人の兵士と2,000から3,000のさらに二つの旅団があり、彼らは1,700-1,800しかいない。我々はここをすぐに落とす。」彼は、彼らが前線に近づいたとき、我々の車によって巻き上げられた埃を凝視し、それから空を見上げた。「彼らはトラックが動くのを見た時、アントーノフとミグを送って我々を爆撃する。」彼は語る。「我々は今立ち去る。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ターボ・ムベキ を購読