サーヴィス産業

製図版に戻れ

9月
15

デザイン会社は彼らの技能をヴォランティアや公共部門のために応用している

その事務所はスターバックスとユースクラブとの間の十字路のように見える。自転車は棚に高く積み上げられている。角には卓球台がある。若者たちが長い松のベンチに座り、コーヒーをすすり、ラップトップを読みふけっており、男たちはひげ伸ばし競争に参加しているように見える。しかし、くつろいだ雰囲気に騙されてはいけない。これは、世界で最も成功したデザインコンサルタント会社の一つIDEOのロンドン支社なのだ。それがシリコンヴァレーで1991年に創業された時、その創業者の一人デヴィッド・ケリーは、学校のバスに入ることのできる人より多くを雇いたいとは思わなかった。いま、IDEOは600人以上の従業員を持ち、8つの国に事務所を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェアリング経済の繁栄

4月
08

インターネットでは、すべてが借りられる

昨夜、192の国の3万の町で25万の部屋を提供するサーヴィスから、4万の人々が部屋を借りた。彼らはその部屋を選び、すべてをオンラインで支払った。しかし、彼らのベッドは、ホテルの部屋よりもむしろ、民間の個人により提供された。ホストとゲストは、サンフランシスコの企業のAirbnbによって組み合わされた。2008年にそれが始まって以来、400万以上の人々がそれを利用している。2012年だけでそのうち250万人だ。それは、人々がベッド、車、ボートなどの資産をインターネットを通して調整して直接お互いに借りる新しい「シェアリング経済」のもっとも目覚ましい例だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いまソフト部分へ

10月
25

「工場のアジア」の全盛期は考えるよりも早く終わっているかもしれない

朴載相は前に道を示している。PSYとして知られる韓国のラッパーは、今週英国のポップチャートで1位になり、アメリカでは2位につけた。(今のところ3・5億程度のオンライン視聴がされている)彼の素晴らしく馬鹿げたヴィデオ「江南スタイル」は、アジアの経済的原動力が無形物や足に落とすことができるものを輸出することで世界を導くことができることを証明している。警告的な経済減速に直面して、アジアの多くは教訓を学ぶ必要がある。サーヴィス産業が未来だ。

それが、アジア開発銀行(ADB)によって今週発表された、その地域の最新の「見通し」の粗い要約だ。ほとんど地域全体で、依然として西側のベンチマークによると人を驚かすほど自信にあふれているにしても、4月のADBの予想よりもはるかに陰鬱だ。アジアは、日本を除いた全体として、今年の経済成長は、2011年の7.2%から6.1%に減速すると予想されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

専門家の口を熱心な耳と結びつける - 専門家ネットワーク

6月
21

専門家ネットワークは情報化時代の仲介人だ

彼女が彼に与えた内部情報は「全く完璧だった」。元ヘッジファンドの重役は6月6日に証言した。「専門家ネットワーク会社」であるプライマリーグローバルリサーチのコンサルタントのウィニフレッド・ジャウは、会社についての極秘情報をトレーダーに売ったとして裁判中だ。

ジャウ女史の産業はまた自分たちの裁判を受けている。専門家ネットワークは顧客を専門家に結びつける仲介人だ。例えば、製薬株を扱うヘッジファンドは専門家ネットワークを使ってどのように新しいがんの薬が作用するのか説明できる医者を探そうとするかもしれない。そのネットワークは医者に電話をし、気前良く支払う。

そのようなネットワークは、最近アメリカの規制当局に目をつけられている。投資家が彼らを使って違法な内部情報を探しまわるのではないかとやきもきしているからだ。11月から専門家ネットワークに関わった12人以上がインサイダー取引で逮捕された。

大騒ぎが産業内を徘徊している。プライマリーグローバルのようないくつかの会社は生き残らないかもしれない。ガーソンレーマングループ(GLG)のような犯罪で告発されたことのない会社は、評判を傷つけたライヴァルとの差別化の道を探し、神経質な顧客から仕事を取り戻している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サーヴィスエレヴェーター

5月
26

貧しい国々は製造業を飛び越えてサーヴィス業で豊かになれるのか?

インドのサーヴィス革命は豊かな世界のビジネスを眩ませた。それはインドの会社を世界的な競争相手にし、ハイデラバードのような僻地の街を豊かで洗練された技術センターに変えた。だが、経済学者はそれほどスターに心を奪われておらず、産業革命以来はびこっている標準とされる知恵に固執している。近代化は農業から始まり、製造業を通ってそののちにやっとサーヴィスに至る、と言うものだ。今ではいくつかの順番を破った例がある。

経済を進歩させる伝統的な道を支持する理論はまっすぐだ。発展は、一般的に、自作農のような低生産性の活動から高生産性の部門に労働者が移動することを伴う。それは製造業への移動の傾向を示す。なぜなら、製造業はそれ自身専門家と規模の経済を与え、それはどちらも労働者あたりの生産額を上げるのに必要だからだ。最初に日本が、そして台湾と韓国が、今では中国が証明してきたように、製造業は生産物を豊かな国々に輸出できるので、その点でもまた発展を加速する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
サーヴィス産業 を購読