NATO

上る中国、沈むロシア - 中央アジアでの中国

2月
22

広大な地域で、中国の経済的影響力はロシアのものに対抗する以上のものだ

ほんの10年にもならない前には、中央アジアの新しく独立した国々がどこにその石油とガスの大きな供給を送り出さなければならないかについてほとんど疑いは持ち上がらなかった。その元宗主国のロシアが彼らのエネルギー社会資本と市場を独占していたのだ。しかし、新たな分野が流れに乗っている今では、そのパイプラインは東の中国に向かう。まるでその点を強調するかのように、今週中国の国家主席習近平は中央アジアを席巻し、エネルギー契約を食い尽くし、何十億ドルもの投資を約束した。彼の外遊はその地域の新たな経済超大国について何の疑いも残さなかった。

すでに中国の最大の天然ガスの輸入元であるトルクメニスタンでは、習氏は世界で二番目に大きなガス田ガルキニシュの生産を始めた。それは、その国からの中国の輸入を3倍にする役に立つだろう。カザフスタンでは、ここ数十年で世界最大の石油の発見であるカシャガンの権益を含んだ300億ドルの契約が発表された。ウズベキスタンでは習氏とホストのイスラム・カリモフ大統領が、この不透明な国では詳細はほとんど発表されなかったが、150億ドルの石油、ガス、そしてウランの契約を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウラジーミルに不機嫌になる - ロシアと西側

12月
20

西側が敵対的なロシアにとって生活をより難しくすることができる3つの方法

ほぼ14年前にウラジーミル・プーチンが最初にロシアの大統領になった時、彼はリベラルではないが親西欧的な方向に動いているとの望みがあった。しかし、来週のサンクトペテルブルグでのG20サミットに世界の指導者を歓迎する準備をする時、シリアについての国際外交についてでも、反対派指導者の投獄や同性愛の権利に様な国内問題にしても、彼が明白に反西欧のコースをとっていることがかつてないほど明らかになっている。実に、西側に対する敵意は、彼の3期目の大統領の特徴になっているのだ。

幸運なことに、プーチン氏の影響は減少している。ロシアのガスに頼っていたヨーロッパ諸国は、いじめるのが簡単だったものだ。いま、エネルギー消費の減少、ロシアを回避する新しいパイプライン、シェールガスやオイルの他の場所での開発、そしてロシアのエネルギー生産がEUの競争法に従うことが合わさることが、彼の影響力を侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗闇の芸術 - コンゴの国連

8月
21

ほとんど顧みられないが、国連はその最初の戦争を戦おうとしている。それはやる価値のある賭けだ

アフリカの経済は徐々に上昇しているが、コンゴ民主共和国では、多くにとっての生活はこれまでと同じくらい悪い。武装した男たちが罰を受けずに強姦略奪をする。反乱集団は、鉱物資源と農業潜在力の豊かな広大な土地を恐怖で満たしている。結果として何百万人もが亡くなっている。そして、何年にもわたって、外部世界は肩をすくめる以上のことはほとんどしていない。その主要な努力である14年目になる国連の平和維持活動は、遠く離れたところで殺人的な無秩序にもぐりこむ前に、隣のルワンダでのジェノサイドによって発火した民族紛争として始まった「アフリカの世界戦争」を終わらせるのに失敗している。

今、事態は変わっている。ルワンダ政府は最近までコンゴの反乱軍を支援していたが、その残酷さと国際的な怒りに辱められて、その支援をやめた。それは、無駄にするには惜しい機会を贈るので、国連の安全保障理事会は、少なくとも反乱軍のいくらかと戦うために3,000の軍隊を展開して、新たな政策を試している。国連の記章をつけた南アフリカ、タンザニア、そしてマラウィからの兵士たちは、コンゴ東部で大混乱をまき散らしている非正規軍を引き受けるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミルダかエウロパか?

8月
11

なぜいくつかの国は依然としてユーロに参加したいと思っているのか?

ラトヴィア人たちは愛情をこめて彼女をミルダと呼ぶ。その民俗的頭飾りと編んだ頭髪で、彼女は戦間期の最初のラトヴィア共和国の銅貨に現れた。彼女は、ソ連の下で失われた国の象徴になった。亡命者の間でミルダは人気のある贈り物だった。第二次世界大戦中にドイツに住んでいたグンデガ・ミチェレは、5歳の誕生日にブローチにはめられた5ラット通貨を与えられた。1991年のラトヴィアの再興で、ミルダはラトヴィアの紙幣の透かしとして(そして500ラット紙幣に)戻ってきた。今、その政府はその愛されたラットを、来年1月にユーロに変えたいと思っている。(その乙女は1ユーロと2ユーロのコインにだけ現れるだろう。)

多くのラトヴィア人のように、ミチェレ女史はその考えを承認しない。彼女は経済についてほとんど知らないことを認める。しかし、ナチスとソヴィエトの下でのラトヴィアの苦悩を記録するリガの占領博物館の理事として、彼女は象徴の力を理解する。寄付箱の中をじっと見て、彼女はラトヴィアの紙幣が「やわらかくて暖かい色」を持っているという。ユーロ紙幣の特徴のない建築の意匠は「何の感情的なつながりもない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

死する運命の暗示 - カザフスタンとウズベキスタン

4月
23

中央アジア2か国の独裁者たちとその娘たちは、継承について考えている

ウズベキスタン大統領のイスラム・カリモフと、カザフスタンで同じ地位にあるヌルスルタン・ナザルバエフの間の関係は、中央アジアでの地域的優位を巡る乱闘により、長い間難しかった。しかし、高齢化するその二人の独裁者は、実際的になりうる。だから、3月27日に、カリモフ氏は首都タシケントの彼の邸宅で、ナザルバエフ氏の外務大臣エルラン・イドリソフに謁見した。その二人の年老いる指導者たちは、お互い助けの手を差し伸べたいと思っているようだ。

会議のテレビ映像が綿密に研究された。3月19日に75歳のカリモフ氏が心臓病に襲われたといううわさが出て以来、それは最初に人前に現れたものだった。彼の娘グリナラは、ツイッターで、彼の健康が不安定だということを否定した。しかし、その推測を鎮めたのは彼があらわれたことだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らがそうしたら、堰き止めろ - 中央アジアの水戦争

10月
19

水管理を巡っての戦争は、すでに不安定な地域を濁らせる

タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンは、物事を大きくするのが好きだ。彼は、世界で最も高い旗竿を立てた。去年、彼は(今のところその中にほとんど本はないが)その地域で最も大きな図書館を開いた。しかし、ひとつの巨大な計画は、隣国との係争含みだと証明している。世界で最も高い水力発電のダム建設だ。

下流のウズベキスタンを統治する実力者のイスラム・カリモフは、アムダリア川の支流にできる提案された335メートルのログンダムが、タジキスタンに不公平な水資源管理を与え、地震の場合に何百万人もの人々を危険にさらすと語る。9月7日に、彼はそのような計画が、「単に深刻な対立だけではなく、戦争にすら」つながりうると語った。

カリモフ氏は、タジキスタンについてのみ語ったわけではなかった。ウズベキスタンからその地域のほかの主要な川であるシルダリア川の支流の一つを上流にさかのぼったところにあるキルギスタンは、カムバラタと呼ばれる自分たちの計画への投資を探っている。2つの提案されたダム(ログンが3.6ギガワット、カムバラタが1.9ギガワット)は、理論的にはそれぞれの国に頻繁に起こる電力不足を終わらせ、ひどく必要とされる輸出収入を提供するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

5月
18

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

NATO を購読