ミット・ロムニー

もしミット・ロムニーが勝っていたら?

9月
30

起こらなかった勝利からの教訓

「私を非難するな、私はロムニーに投票したんだ。」共和党の間で人気のあるTシャツは示す。別の冗談は、保守的なブログ界隈で人気のあるもので、「彼らは、もし私がロムニーに投票したら…っていったんだ。」で始まり、それからその州に起こった恐ろしいことを付け加えるのだ。例えば、「彼らは、もしロムニーに投票したら、デトロイトは破産するだろうよ、って言ったんだ。そして彼らは正しかった!」このすべては、ほとんど下院でバラク・オバマを邪魔するくらい面白い。

しかし、もしミット・ロムニーが2012年に勝っていたらどうだろう?アメリカは彼のホワイトハウスでの1期目をいまほぼ200日過ごしていただろう。いかに物事が違って見えたかもしれないかを考えることは価値がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

汚い戦い - 北西部の石炭輸出

6月
02

アメリカの石炭をアジアに送る計画についての毒々しい残り物

アメリカが「石炭との戦い」を宣言したというミット・ロムニーの突撃は、彼を去年の大統領選挙で勝たせなかったかもしれない。しかし、このかつて強かった産業は、天然ガスの急落する費用と厳しい新環境ルールの奔流によって搾られ、苦労している。2007年にはアメリカの電気生産の48.5%が石炭から来ていたが、去年は37.4%に下がった。エネルギー情報事業団は、ガス価格が這い上がっているので、今年それは少し上がると予想している。しかし、発電所からの排出についてのさらなる制限が予想されており、シェール革命が押し寄せている。もし石炭に未来があるのならば、それは確かにほかの所だ。

多くにとって、それはアジアを意味する。原子力への依存を減らしているので、福島後の日本で石炭輸入への需要は増えている。インドでは、国内の供給が成長する経済に追いついていない。そして、最もじれったく、中国では世界の石炭のほぼ半分を燃やしており、2009年にその純輸入国になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

燃料の雑多な富 - 豊かな世界の石炭

1月
10

なぜ世界で最も有害な化石燃料はアメリカよりもヨーロッパで多く燃やされているのか? - アメリカの安いガスと新しいルール

ハイテクの世界では、汚く黒い石炭の塊は時代遅れのように見えるかもしれない。だが、石炭は過去のものどころではない。どんなにあなたのiPad、壁かけテレビ、そして電気自動車が格好良くても、たぶんそれらは石炭によって電力供給されている。石炭火力発電所は世界の電気の2/5を供給し、かつてないほど多く使っている。過去10年間にわたって倍増した世界の電気生産の中で、その増分の2/3は石炭からきている。その割合で、石炭は5年以内に世界最大のエネルギー源として石油に肩を並べるだろう。2001年まで、それは石油の重要性の半分もなかった。

主要素は、2011年にアメリカを追い抜いて世界最大の電気生産者になった中国のエネルギーへの抑えられない渇きだ。豊かな国のクラブである国際エネルギー機関(IEA)によると、2001年に中国の石炭需要は石油換算で約6億トン(25エクサジュール)だった。2011年までに中国の石炭需要は3倍になり、アメリカが石油から得ていたエネルギーの2/3からその倍に上昇した。中国の国内石油産業は中東の石油よりも多くの第一次エネルギーを生産している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

性の戦い - 大統領選

10月
02

女性票の取り合いが選挙戦の特徴を定義している

その年の多くで、戦いの兆候は明白だ。最初に、ある候補者の妻が「人生において一日として働いたことがない」と表現された時の突風で、それからある学生が彼女のヘルスケアプランが無料の避妊法を含むべきだと言ったことにより「売春婦」と呼ばれた時の嵐で、そして政治の辞書への「正当なレイプ」や「強制経腟超音波検査」といった新語の到着だ。

ある意味で、女性有権者に対する苦い戦いは何の驚きもなくやって来て当然だ。2008年に、バラク・オバマは女性得票で13ポイント上回った(56%-43%)。今回の彼の反対派、ミット・ロムニーは、もし勝ちたいのならば、ジョン・マケインよりもよくやる必要がある。女性は投票で男性よりも数で上回り(前回の選挙で1,000万人)、高い率で投票すると判明し(2008年で60%vs56%)、民主党に投票しがちである。オバマ氏が心地よく女性で縁取っていることは依然として明らかだが、今では少し弱いように見える(YouGov世論調査によれば53%-43%)。さらに、ロムニー氏の男性の縁取りは、世論調査によってはこのリードのすべてかほとんどを侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ハイ、もっと多くのソリンドラ - 新エネルギー

10月
01

その太陽光会社は失敗したが、それに投資するという決定は、正しいものだった

合衆国では、ソリンドラ「スキャンダル」は、共和党の環境政府投資に対する議論の中心だが、それは今も過去もスキャンダルではなかった。その悪名高い太陽光パネルメーカーも一部であった連邦のクリーンエネルギー融資計画は、危険の高いヴェンチャーに資金を出すために設計され、ソリンドラはほどほどのリスクだった。巨大な民間支援と産業を変える機会を持った革新的な製造業者だ。しかし、その産業は、それ自身が最初に変わった。シリコン価格は上がり、ソリンドラの利点は消え、その会社は破産した。よくあることだ。ブッシュ、オバマ両政権は、その計画の最初の融資への143の申請者からソリンドラを選び、調査人はそれが起こるようにした政治的介入の証拠は何も見つけられなかった。そう、ホワイトハウスの高官は、その5,35億ドルの破産について聞いた時、電子メールに「うえっ!」と書いたのだ。彼女は何と書くべきだったのか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

苦い終わり - ロン・ポールの選挙戦

9月
20

ある理想主義者の混沌とした最後の万歳

戦いはしばしばアイスホッケー場で起こる。しかしながら、ふつう、それらはアイスホッケーの試合中に起こり、主要な政党大会でではない。しかし、共和党全国大会の初日に、その党は発声投票に二つのルール変更を採用した。一つは、州法が彼らに支持するよう要求しているもの以外の候補者に投票する代表者へのペナルティ強化で、もう一つは共和党全国委員会(RNC)に会議自体で彼らに完全投票をさせるよりもむしろ会議の間に党のルールを変えるのを許すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな考えの男 - ポール・ライアンの政府観

9月
17

いかにしてある小説家、ある経済学者、ある大統領、そしてある聖人がポール・ライアンの政府についての見方を形作る助けをしたか

ポール・ライアンはアメリカでもっとも有名な予算オタクかもしれない。しかし、彼は数をかみ砕く人以上のものだ。ライアンの予算数学は、彼の多くの知的アイドルからの政治的そして経済的理論から引き出されている。ミット・ロムニーがポール・ライアンと同じくらい保守運動の大きな考えを愛するということはありうるが、彼は確かに彼の副大統領候補の趣を持ったすでに亡き作家や経済学者の名前をチェックしていないだろう。ロムニーよりも「彼は一層行動保守で、より保守運動の産物だ。」と、保守的なヘリテージ財団の総裁エドウィン・フュルナーは語る。

ライアンは、彼のキリスト教の価値の理想を保持する一方で、政府の大きさと範囲を削減し、権利付与を徹底見直しし、アメリカ人をワシントン依存から一般的に引き離して、少なくとも政府を変えることを望んでいる。ここに、ライアンが実践に移したいと思っている大きな考えを持った人々の何人かがいる。
 

作家:アイン・ランド

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼の脇にいる女性:ジェナ・ライアン

9月
09

時折、副大統領候補のソウルメイトはスポットライトのただ外側に漂いうる。しかし、おそらく、43歳の弁護士でロビイストが主婦になり、次のセカンドレディになるかもしれない興味深いジェナ・クリスティン・ライアンは違うだろう。

オクラホマ州マディルの裕福で政治的コネを持った家庭に生まれた小さなジェナは、ウェルズレーをスペイン語の学位で優等で卒業した。次に、彼女はワシントンのジョージ・ワシントン大学の法学部へ向かった。

オクラホマでの家族の深い民主党とのつながりを抱きしめて(彼女の叔父は元上院議員のデヴィッド・ボーレンで、いとこのダン・ボーレンは今議員だ。)、ジェナ・ライアンは議会での南中部民主党のための記者に登録した。そこから、彼女は、OpenSeacret.orgによれば、ブルークロス/ブルーシールドからコノコ・インクまでの顧客を代表するロビーイングに転じた。ジェナはプライスウォーターハウスクーパーズで働いている間に、共通の友人が彼女を当時1期目の議員でキャピトルヒルのもっとも適格な独身者だったライアンに紹介した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2012年合衆国選挙

9月
09

ウィスコンシンのオタクはミット・ロムニーが勝つのを助けることができるのか?

最初から、ミット・ロムニーの副大統領候補探しは、ある元アラスカ州知事の亡霊が出没する怪談のようなものだった。4年前のサラ・ペイリンとの焼けるような経験の後で、共和党は次の副大統領候補が真剣で実体のある人になるだろうことを誓った。

ウィスコンシン選出のポール・ライアンを8月11日に大統領候補に指名するに際し、ロムニーは、ペイリンが浅かったのと同じくらい深い、すべての問題でもっとも実体的なもの、すなわち連邦予算の名人として知られる勉強好きなオタクを選んだ。副大統領候補は、しばしばその信任かその出身州か、または彼らの見た目や人格で選ばれる。ライアンはこれらのすべての範疇で得点を得る。しかし、彼の場合、彼の友人で同僚議員の院内幹事であるケヴィン・マッカーシーが言うには、一つの要素がほかのすべてに打ち勝った。「彼は政策によって選ばれた最初の男だ。

しかし、ワシントンでは、予算政策についての戦いはほとんどいつでも善悪両面を持つ。ロムニーは今、その名前が巨大な予算削減とメディケアや社会保障といった愛された権利付与の変化の同義語になっている快活で歯切れの良い若い男とともに選挙運動の最後の直線に近づいている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ミット・ロムニー を購読