ロシア

壁の飴 - ウォルポールの名画

7月
14

エカチェリーナ2世によって飛びつかれた伝説的な英国芸術蒐集が、250年後に戻ってくるが、ほんの数か月間だ

1742年、英国の初代、そして最も長く仕えた首相である、ロバート・ウォルポール卿はついに退職した。20年以上にわたって、ウォルポールは大蔵大臣として得たその巨額の富を使って、ヨーロッパの偉大な民間蒐集品と競り合う美術と芸術の蒐集品を作り出した。

ノーフォークのホートンにある彼の父親の家の跡地に建てたパラディオン邸宅に、ウォルポールは、ダウニング通り10番地を含んだ彼の様々なロンドンの家を飾った絵画をまとめた。ルーベンス、レンブラント、そしてヴェラスケスによる肖像画が、当時もっとも流行の建築家だったウィリアム・ケントによって設計された内装の中に、パオロ・ヴェロネーゼによる名画に並んでつるされている。3年間、ウォルポールはこの栄華にふけり、彼の支出についてのどんな書類仕事も破壊した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

現金箱は生きている - ミュージカル劇場

6月
25

ミュージカル事業は、かつてないほどに、大きく、地球規模に、途方もなくなっている

メル・ブルックスの映画『プロデューサーズ』の中で、二人の男たちが、失敗作から富をなそうと企む。彼らは、その中の株をすべて、何回かにわたって売ることによって、ミュージカルを行うのに必要な以上の資金を調達する。それから彼らは史上最悪のショーを作ろうとした。『春の日のヒトラー』だ。彼らはそれが一晩で終わるだろうと推測し、投資家は存在しない利益の分け前を要求しないだろうから、彼らはカネを持って姿をくらますことができるだろうと考えた。恐ろしいことに、観衆はそれを好きになった。

ミュージカルは、現実にも危険が大きい。だから、ショービジネスの実力者デヴィッド・ゲフィンが10年前に彼の映画をミュージカルに変えようとブルックス氏に近づいた時、彼は二の足を踏んだ。ゲフィン氏は、それは頑張る価値がある、と彼を説得しようとした。彼はミュージカル『キャッツ』で、今まで作ったどの映画よりも多くの金を稼いだのだ。これがブルックス氏に勝つのに役立った、と彼の弁護士のアラン・シュワルツは語る。彼らは『プロデューサーズ』をブロードウェイに持ち込んだのだ。ブルックス氏は大金を稼いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

現地の手におえない事実 - キルギスの民族的相違

5月
29

苦闘は静かだが、二つの最大のブロックは争ったままだ

キルギス族とウズベク族の20人超の高齢のキルギス人たちがオシの中央公園で温かい土曜日をチェスをしながら過ごしている。彼らは誇り高くその伝統的な帽子をかぶり(ウズベク族の詩集をあしらったスカルキャップとキルギス族の長くて白いカルパック)、どの国の二つの最大の集団がただうまくやっていると主張する。

南キルギス周辺の暴動と虐殺は、2010年6月に400人以上の命を奪った。キルギス族とウズベク族の間の地元民が呼ぶところの「戦争」からほぼ3年がたって、このシルクロードにある古い町は生活にごろごろ戻っている。燃やされた2,000強の家や事業のほとんどは修理されている。公園から渡ったところにある有名なバザーで、キルギス族とウズベク族の商人が、野菜、ハラル肉、そして山を越えた中国から来た安い家庭雑貨を行商している。

3月に、人種差別についての国連委員会が、「ウズベク族が2010年6月の事件の被害者のほとんどだった」という先の国際報告の判断を繰り返した。それはまた、暴力以来の年月で、ウズベク族が不釣り合いに訴追され非難されたと注記する。それは、中央政府が裁判所の「偏った姿勢」を調査し、その有罪の評決を見なおすよう勧める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

1066年やら何やら - 過去を教える

5月
20

いかにして子供たちは歴史が教わったものと同じくらい議論を呼ぶものだというのを学ぶか

それほどまでに分裂的な学校の科目はほとんどない。英国の教育大臣マイケル・ゴーヴが2月にその国の全国カリキュラムを変える草案を発表した時、見出しになったのは彼の歴史への計画だった。ゴーヴ氏の提案は、歴史が初期ブリトン人から始まり冷戦で終わる「首尾一貫した年代順の物語として」学ばれるよう要求した。反対派は、そのシラバスが「ぜいたくな白人男」の行為を強調しすぎ、少数者のそれを控えめに表現しているという。「教育不可能、学習不可能、そして英国的ではない」と、運動団体が4月10日に大声を出した。歴史家の反対陣営は、嘆願を公開し、テレビで論争した。その撃ち合いは、来週に終わる公式調査機関を超えて続くだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

決定的取引 - 武器取引規制

4月
30

今週の国連での武器取引条約についての投票は多くの命を救いうる

それは、クイズゲームのトリビアルパーシュートのための良い質問だろう。アメリカの強力な銃保有賛成組織の全米ライフル協会が、シリア、イラン、そして北朝鮮で共通して得たものは何か?その答えは、4月2日に国連総会で154か国によって圧倒的に承認された世界的な武器取引条約(ATT)にすべて反対したことだ。

次の段階は、その条約に賛成した国々が、6月初めにそれに公式に加盟し始めることだ。それぞれの署名国は、それから、本国でそれを批准しなければならない。その条約は、たぶん今年の終わりまでには、50か国目が批准した90日後に発効する。いくつかの国にとっては、批准は単純な過程だ。他の国にとっては、難しいと判明しうる。

オバマ政権は強い支持者で、すぐに加盟しそうだ。しかし、たとえアメリカ法曹協会がその条約は(NRAが主張するように)武器を持つ憲法上の権利を一切侵害しないと確認しても、上院で批准に必要な2/3の多数派を得るのには苦労するだろう。アメリカの防衛産業もまた、他の国の武器輸出国がそれの運営している高い標準に近づくようになることを望んで、それを支持している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ロシア を購読