ロシア

ヴァン・クライバーン

4月
12

ロシア人とアメリカ人によってアイドル化されたハーヴィー・ラヴァン・“ヴァン”・クライバーンは、2月27日に78歳で亡くなった

彼はあまりに早くピークを迎えた、と彼を中傷する人は言う。しかし、ピークとは何か。彼はテレビ時代の最初のクラシック音楽スターだった。紙テープの舞うパレードで祝われたただ一人だった。アルバムを100万枚売った最初の人だった。とりわけ、彼はその大きな手、穏やかな作法、そして偉大なロシアの作曲家の電撃的な演奏で、冷戦の霜を払い落としたテキサス人だった。

それはたまたま起こった。軍隊の医療チェック(彼は鼻血を出した)に失敗して、アメリカでもっとも見込みのある若いピアニストは1958年に空白のシーズンに直面していた。彼の先生移民ロシア人のロジーナ・レヴィーンは、モスクワでのチャイコフスキー国際コンクールを提案した。

音楽以上のものが問題となった。冷戦はもっとも冷え込んでいた。新しいスプートニクは、宇宙での競争とほかの所で負けていることを恐れた地表から離れられないアメリカ人をあざけるようにビーッとなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空気取引

3月
26

環境の立場から貿易制限は正当化できるのか?

炭素市場は青ざめているようだ。世界最大である、ヨーロッパの排出権取引制度での炭素価格は、暴落している。バラク・オバマのキャップアンドトレードを議会で通そうという望みはかつてないほどに遠のいているように見える。インドやブラジルのような場所での行動の兆しはない。しかし、炭素市場がどれほど遠くまで来ているかを忘れるのは簡単だ。それらはヨーロッパ、オーストラリア、カリフォルニア、中国、そして韓国で存在するか、その途中にある。いつの日か、炭素価格は国によって大きく違うようになるだろう。

彼らがそうする時、炭素排出費用がモノの価格全体に埋め込まれ、まったくないもしくはより低い炭素価格の国で生産されたモノに比べてそれが上がるので、より高い炭素価格を持つ国は競争的不利となるだろう。世界銀行のアーディトヤ・マトーとワシントンDCのシンクタンク世界開発センターのアーヴィンド・サブラマニアンによる新しい研究は、この不利益がどれほど大きくなるかを見ている。もし先進諸国が2020年に2005年にそうだったものより17%下に炭素排出を減らすという一方的な制限をかけるのならば、エネルギー集約的な製造財の輸出をアメリカで12%減らし、それらの財の合衆国の輸入を4%押し上げるだろうと彼らは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ホッキョクグマ政治 - カナダのイヌイット

3月
19

イヌイットは世界の環境主義者や動物権利団体を引き受けている

カナダのイヌイットの指導者テリー・オードラは、子供たちがかつてうろつくホッキョクグマを恐れて休みの間に学校のドアのそばに縮こまっていた、離れた北極の町リゾリュート・ベイで育った。イヌイットは、その動物を、厳しい捕食者、文化的象徴、そして食糧・暖・金のすべてが不足する場所でのそれらの価値ある源として見ている、と彼は語る。

しかし、温かい場所の動物福祉団体や環境団体にとって、ホッキョクグマは、気候変動との戦いの象徴であり、絶滅の恐れにある動物でもある。その熊たちが狩場として使っている北極の氷が溶けることは、その推定2-2.5万頭が急速に減ることを意味する、と彼らは言う。彼らはその熊を狩ることが時代錯誤だとみており、すでにきつく制限されている熊の皮や一部の国際的取引を完全に禁止したいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

本当の宇宙戦争 - 小惑星防衛

3月
18

アメリカの十分活用されていない宇宙機関がすべき有益なこと

地理は問題になる。1908年に、ひとつの町区画の大きさの岩が、地球の大気に秒速15キロで激突した。その爆発はロンドンの大きさの地域を平らにした。しかし、問題の土地はシベリアにあり、だからほとんどの人は知らされず、そうされた人もほとんど影響がなかった。けれども、それがヨーロッパか北アメリカの町を破壊したと想像してみよう。最高の科学と工学の頭脳がいかにしてそれが再発しないようにするかという問題について導くようされたので、20世紀の歴史は違っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

テキーラ・サンセット - 北極

3月
10

地球温暖化は、北の果ての海を、より生産的にではなく、非生産的にするかもしれない

2012年9月16日、夏の溶融が最も進んだとき、北極海の氷床は341万平方キロメートルまで縮まり、それは1979年の半分だった。そしてその量はさらに速く縮んでおり、1979年の1/4で、氷床は薄く、小さくなっている。一つの犯人は地球温暖化で、それは他の所よりも極地でより激しい。2012年の世界平均気温は、1951-80年の平均よりもほぼ0.5度上だった。北極では、それはほぼ2度上がった。

この突然の温暖化は、下の新しい大洋を表すためのふたの引きはがしのようなものだ。その見通しは、(環境主義者の間での)警告と(明らかにされうる天然資源やほかの経済機会への)興奮を広げている。ほとんどの興奮は石油とガスについてと大西洋と太平洋との間の海の道が開くことだが、温かさと光が現在氷の砂漠であるものに生態の更新をもたらすにつれ、漁業への富鉱帯の望みを持つものもいる。しかし、それは失望かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

氷と人類 - ヒトの進化

3月
04

氷河期についての新たな展示会は、アートのもっとも初期の作品を考慮する

1939年に第二次世界大戦が勃発した数日前に、二人のドイツ人学者が、その国の南西の洞窟で発掘したマンモスの象牙の破片の貯蔵物を詰め込んだ。そのかけらが30年後についに組み立てられた時、それらは人間の足と腕を持っているがライオンの頭をした30センチの高さの立像を形成することがわかった。「ライオンマン」と呼ばれるようになったそれは、4万年前に掘られたものだった。この想像力に富む人形は、その前にあった動物と狩人の現実的な洞窟壁画からの出発を記録する。多くは、これを芸術の最初の作品だとみなす。

人間の創造性の最初期の生産物は、20世紀の芸術家の興味をそそった。パブロ・ピカソ、ブラッシャイ・ジェルジ、コンスタンティン・ブランクーシ、そしてジョアン・ミロにとって、これらの古代のかけらはアートを作ることは、先天的な人間本能の証拠だった。ピカソは、2.3万年前のマンモスの牙の「キュービスト」のその体の脇に臀部がはみ出した女性の彫刻にとても魅了されたので、彼はその模造を2つスタジオに置いておいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砕氷の轟 - 北極の部外者

2月
28

アジア諸国は北極の安定を強化するのか乱すのか?

時に小さな事件が精神的なむち打ちを与える。その例がシンガポールが北極評議会の常任オブザーヴァーの地位を申請したことだ。これは、北極圏に領域を持つ8か国からなっている。合衆国、カナダ、(グリーンランドとフェロー諸島を代表して)デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、ロシア、そしてスウェーデンだ。しかし、シンガポールは、どちらの局からも遠く離れた赤道にある。どうしてそんなことに関心があるのか?

その答えは、2012年の夏に氷が溶けた時、調査グループのアークティスによれば、46隻の船がほとんどが極東の港からヨーロッパへ北極の海域を通って航海したことにある。それらは120万トンの貨物を運び、それらは2011年より1/3増えた。この「北ルート」は、シンガポールの世界的海運ハブの地位を侵害しうる。そしてグリーンランドの氷河が溶けることは、その存在を脅かしかねない。シンガポールの最高点は、海抜たったの164メートルのブキッ・ティマだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ロシア を購読