ロシア

戦争ゲーム - 通貨切り下げ競争

2月
06

通貨切り下げを成し遂げるための別の戦い

多くの英国サッカー場は観戦の問題を抱えている。最近では健康と安全上の理由から競技場はすべて座席だが、ファンの中には座ることを拒絶するものもいる。彼らは試合中立ち、その後ろの人たちにそれに続くことを強いる。最後には、競技場のその部分のみんなが立ち上がる。誰の視界も改善しないが、みんなが大きく快適さを損なう。

外国為替市場は、今のところ同じような問題に直面している。ほとんどすべての国が、その輸出業者が価格競争力を持ち市場シェアを得ることができるように、その通貨を弱くしたいと思っている。しかし、ある通貨が下がれば、ほかのものは上がらなければならない。これらの国々はその通貨を戻そうとし、世界は最後には最初に戻る。

ブラジルの財務大臣グイド・マンテガは、2010年9月にその過程を「通貨戦争」と表現し、今週ロシア中央銀行の第一副議長アレクセイ・ウリュカエフは、次の切り下げ競争の警告をよみがえらせた。財務大臣の集まりユーロ・グループの長ジャン=クロード・ユンケルは今週、単一通貨の為替市場が「危険なほど高い」と呼んだ。ノルウェーの中央銀行は、たとえその国が住宅ブームのさなかにあるとしても、クローネの強さが金利を引き上げることに用心深くなる原因となるだろうというヒントを得た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パンをスライスすること以来の最高のこと - 新興市場企業

2月
06

巨大な新興市場企業があちこちで前進し続けている

グルーポ・ビンボーが「北」で再びうろついている。2009年に、そのメキシコの大手製パンはウエストン・フードの一部を23億ドルで買い、合衆国最大の製パン業者になった。2年後、それはサラ・リーのアメリカの製パン業を9.6億ドルで買った。先月、それは、かつて偶像的で今では破産した会社のホステス・ブレッドのパン事業がその営業を終えたので、そのもっともおいしい部分についての戦いに参入していた。

ビンボーはその拡大に買い物客の目以上のものをもたらした。それはパン関連の突破の名人だ。それはスペイン人にスライスパンを紹介するのを助け、透明セロファンでのパン包装を開拓した。それはまた効率性と兵站の名人でもある。テディ・ベアのロゴをつけたビンボーのローリーは、メキシコと中央アメリカで見慣れた光景だ。精通した取引締結と容赦ない費用圧縮は、ビンボーを焼いたものの巨人にし、2011年には108億ドルの売上を上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いい男たちはしばしば悪い - 南アフリカの歴史

2月
02

いかに陰謀の過去が現在に影響しているか

「外部の使命:亡命中のANC 1960-1990」 スティーヴン・エリス著 書評

“External Mission: The ANC in Exile, 1960-1990” By Stephen Ellis

行間から明らかに痛みを伴い明白な、亡命中のアフリカ民族会議(ANC)の、スティーヴン・エリスによる歴史の真のメッセージは、いかに陰謀の過去が現在の与党に影響しているかということだ。それは、なぜ今南アフリカを動かしている亡命中のANCの諜報部門長だったジェイコブ・ズマ大統領とその僚友たちが、意見の多様性と異議への寛容性がどんな機能するきちんとした民主主義の中心でなければならないかの概念を受け入れることがそれほど難しいと考えているかを説明しようとしているので、不快な読み物になっている。

エリス氏はアムステルダム自由大学でデスモンド・ツツについての講義を担当し、長い間ANCを批判的に見てきた。1990年代後半に、彼は、アパルトヘイト体制による複数の虐待を主に調査したが特にアンゴラ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでのそのゲリラキャンプでの亡命中に自国民に対してANCによって行われた人権侵害の調査には特に熱心ではなかった南アフリカの真実和解委員会の研究者だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

追いついている - 寿命と性

2月
02

豊かな世界では、男性は女性との寿命の差を縮めている

110歳の大往生で1月5日に亡くなったレグ・ディーンは普通ではなかった。100歳を超えるのはもちろんそれ自体珍しいが、男性の100歳越えは特にそうだ。ディーン氏が住んでいた英国では、100歳の誕生日を祝うとき、男性の5倍の女性が女王からのお祝いのカードを受け取っている。しかしながらそれは、依然として正しいが女性が男性よりも長生きする傾向であるというのが昔ほどではなくなり、少なくとも豊かな国々ではその差が毎年縮まっているという事実のために、将来にはそうではなくなるかもしれない。

イングランドとウェールズでは、平時で最大の新生児平均余命の両性間での差は6.3年だった。それは1967年のことだった。それは今では4.1年で、下がっている。1980年代の初めには、英国人の平均的な退職年齢である65歳まで生きた女性は同年齢の男性よりも4年長生きすることが期待できた。記録がとり始められた1840年代の9か月の差に戻るにはまだいくらかかかるけれども、その差は今では3年より少なくなっている。日本とロシアを除いたほかの先進国でも似たようなことを示している。

この傾向はほかのものに重なる。最も発展した国々でどちらの性でも寿命が延びているということだ。しかし、最近それは女性よりも男性で改善している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

困難の世界 - 2013年リスク予測

2月
01

2013年の事業にとってどのリスクが一番大きく現れるのか?

トーマス・マンによる「魔法の山: The Magic Mountain」の中で、ある若いビジネスマンがスイスアルプスにあるダヴォスの療養所に患っているいとこを訪れる。そのビジネスマンは自身気分がすぐれなくなり始める。そのサナトリウムの持ち主でもあるそこの主治医は、彼に休むよう助言する。彼は最後には7年間果てしなくとどまる。

リスクについての報告を読むことは、ほとんど同じ効果を持ちうる。より多く読めば、より多くのリスクを見つけることができる。やがては神経の疲れで倒れる。今週、特に不安をもたらす説明の2冊が出版された。(今月ダヴォスで会った)世界経済フォーラム(WEF)による「グローバル・リスクス2013」と、コンサルタント会社のユーラシア・グループによる「トップ・リスクス2013」だ。

強いウイスキーを浴び、「慢性的労働市場不均衡」と「気候変動緩和の予期せぬ帰結」についてこれらのページをかき分けることは、にもかかわらず価値のあることだ。これらの報告は、より良い計画やよりはっきりとした考えによって避けられうる危険について警告を発するだけではない。それらはまた、ある男にとっての崖は別のものにとってのはしごであるというビジネスの基本法則のために、機会も示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サッカー熱がポーランドとウクライナでの建設ブームを押し上げる - 中東欧の社会資本

11月
28

ユーロ2012は交通網の分解修理に拍車を提供した

この夏のヨーロッパサッカー選手権の圧力のもとでポーランドとウクライナに起こったように、締め切りは遅れ屋さんを刺激する効果を持ちうる。20年前、両国は荒廃した交通制度とともに共産主義から現れた。穴の開いた道路、ほとんどない高速道路、ガタガタなる鉄道、そして古い空港などだ。現代化の努力は、資本主義の初期の窮乏によって最初追い込まれていた。

ポーランドの2004年のEUへの加盟はEUの構造基金の大規模注入につながったが、官僚主義的当惑は改善された環境を利用するのに長い時間がかかることを意味した。一方、EU外にあり政治的経済的危機に打ちのめされたウクライナは現金を見つけるのに苦労した。

両国を動かしたのは、ユーロ2012選手権と大陸中からの訪問者が交通の崩壊に直面した時のありうる国際的な恥辱だ。

圧力下で、両国の社会資本は東ヨーロッパの範囲を超えてのすべての国で最大の模様替えをしている。

「我々は18か月で5つの新しい空港を建設した。」社会資本に責任を持つウクライナの副首相ボリス・コレスニコフは語る。

その大会に先立つ社会資本への50億ドルの政府支出のばか騒ぎを通して、何千キロものウクライナの道路が再舗装された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

11月
07

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ロシア を購読