ロシア

FIFAのサーカスが町にやってくるとき、評判が問題となる - ワールドカップ

11月
03

サッカーのお祭りを迎えることはどの国にとっても大きな仕事だが、少なくとも入札の勝者はそれを正しくやる多くの時間がある

計画をひどく真剣に受け取る人々にとって、FIFAのワールドカップよりも遠くを見ることはできない。世界は次の3つの大会がどこで行われるか知っている。それは2年間にわたってすでに知られているのだ。

2年後に行われるブラジル大会の後で、そのFIFAのサーカスは2018年にロシアで、そして2022年にカタールにテントを張る。カタールにとって、それはその地球規模のイヴェントのために必要とされる設備を作るだけではなく、それ自身を宣伝するための12年を持つことになる。

カタールの考え方の中で、長期的計画はとても大きい、と2022年のワールドカップの入札でカタールに助言したコンサルタントのマイク・リーは語る。その国は、多様化した経済を狙い、特に公共交通といった社会資本に大きな投資を心に描いている2030年までの国家ヴィジョンを設定している。

「ワールドカップの入札に勝つことは、その国家計画と、国際的舞台への到達の両方にとてもよく調和している。」リー氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネは語る - 通貨は抵抗する

10月
23

ソーシャル・メディアとしてのカネの利用は何千年もさかのぼる

カネはメッセージを伝えるのによいメディアなのだろうか?最初、ロシアの反対派活動家で注目されるブロガーのアレクセイ・ナヴァルニイは懐疑的だった。しかしそれから、彼は計算した。もし5,000人のロシア人がそれぞれ100枚の紙幣にスタンプを押せば、それらは人から人に手渡されるので、すべての国民は少なくとも1枚のそれらの紙幣を手にするだろう。

イランの環境運動のメンバーは、その反政府デモの間に紙幣にスローガンを書いてこの戦術を使った。これは、汚された紙幣はもはや銀行に受け取られないという裁定を促した。同じように、オキュパイ運動の支持者は、ドル紙幣に所得不平等についてのスローガンとインフォグラフィックを付け加えた。そして、中国の法輪功運動のメンバーは、紙幣にメッセージを書いて政府の迫害を攻撃した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

匿名マネタリスト - ビットコイン

10月
23

壮大な破壊の後で、オンライン通貨が驚くべき復活を遂げている

「私に国の貨幣供給の管理をさせてくれ。そうすれば、私は誰がその法を作ろうと気にしない。」そういったのは、ロスチャイルド銀行王朝の創設者アムシェル・ロスチャイルドだった。彼は、まったく発行当局を持たないオンライン通貨のビットコインについてどう考えるだろう?去年の投機的なバブルと崩壊の後で帳消しになったが、そのオンラインの秘密通貨は、特にその法を周航する能力のおかげで、依然として強くなっている。

ビットコインは2009年にサトシ・ナコモト(中本哲史?)として知られる謎の人物によって考えだされた。それは、世界最初で、今のところたった一つの脱集権化されたオンライン通貨だ。中央銀行の代わりに、ビットコインは強力なPCを持った人が発行することができる。それは、極端に難しい数学的問題を解くことによってそれらを作ることができる。その問題は、ビットコインの全体としての供給があまりに早く増えることのないよう自動的に難しくなる。それらは、取引が暗号によって認証され、オンラインで取引される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らがそうしたら、堰き止めろ - 中央アジアの水戦争

10月
19

水管理を巡っての戦争は、すでに不安定な地域を濁らせる

タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンは、物事を大きくするのが好きだ。彼は、世界で最も高い旗竿を立てた。去年、彼は(今のところその中にほとんど本はないが)その地域で最も大きな図書館を開いた。しかし、ひとつの巨大な計画は、隣国との係争含みだと証明している。世界で最も高い水力発電のダム建設だ。

下流のウズベキスタンを統治する実力者のイスラム・カリモフは、アムダリア川の支流にできる提案された335メートルのログンダムが、タジキスタンに不公平な水資源管理を与え、地震の場合に何百万人もの人々を危険にさらすと語る。9月7日に、彼はそのような計画が、「単に深刻な対立だけではなく、戦争にすら」つながりうると語った。

カリモフ氏は、タジキスタンについてのみ語ったわけではなかった。ウズベキスタンからその地域のほかの主要な川であるシルダリア川の支流の一つを上流にさかのぼったところにあるキルギスタンは、カムバラタと呼ばれる自分たちの計画への投資を探っている。2つの提案されたダム(ログンが3.6ギガワット、カムバラタが1.9ギガワット)は、理論的にはそれぞれの国に頻繁に起こる電力不足を終わらせ、ひどく必要とされる輸出収入を提供するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

漏れやすいふるい - 国際主義の歴史

10月
19

書評:Governing the World: The History of an Idea  By Mark Mazower

バラク・オバマが二期目へ挑戦するよう指名した最近の民主党全国大会の脇で、アメリカの高官の一団が招待された外国政治家からの質問を受ける一つのシンポジウムがあった。あるバーレーンからの男は、アラブの春について尋ねた。アフガニスタン議会からのある女性は、彼女の母国における民主主義への恐れについて声を上げた。それから、より愚痴っぽい干渉がやってきた。欧州議会のベルギー人議員が、なぜ欧州連合がまだ言及されないのか知りたいと要求した。舞台上から、元国務大臣のマデレーン・オルブライトは、世界はヨーロッパがその比重を上げるのを待っていたと示唆した。その部屋は、その意地悪な言葉に喜び、軽蔑に満ちた賞賛に沸いた。

国民国家の自分勝手さを越えて勃興した統治形式を単に具体化することによって、EUのような多国籍クラブの代表が外交サークルで特別な注意を享受した時代は過ぎた。シリアでの大虐殺を止めるためのしっかりとした国連の行動を、安全保障理事会での中国とロシアの拒否権が妨害するので、国連も素晴らしい形ではない。これは、だから、1815年から現在までの国際統治の歴史に捧げられた本を世に出すには勇気のいる瞬間だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今あなたはしない - 北極の氷

10月
18

北極海の夏の氷は急速に消えている

2007年に、気候科学者は、北極の氷の夏の定期的な後退が、彼らがかつて見たよりもはるかに進んだのを見て、衝撃を受けた。その年の春に、氷は、ロシアの90%に当たる地域の1,500万平方キロメートルを少し下回る海を覆っていた。それがその最小に到達した9月の半ばには、たった417万平方キロメートルしか残っていなかった。それはだいたいヨーロッパからギリシャを除いた広さだ。人工衛星がそのような計測を可能にした1979年以来、そのように溶けたことはなかった。

今までは。9月の海の氷の程度は2007年を底に少し立ち直ったが、それ以来毎年2007年より前のどの年よりも低い最低値であり続けている。そして今年、2007年の記録が単に破られただけではなく、それは大きく破られている。8月26日にはすでに氷の面積は417万平方キロメートルを下回った。アメリカ国立雪氷データセンター(NSIDC)が最低点を記録したと考える9月16日までに、それは341万平方キロメートルまで減っている。それは欧州連合からギリシャ、ポルトガル、アイルランド、英国、そしてドイツを除いた広さだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仮想関係 - デジタル外交

10月
15

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ガスの上の足 - 日本のエネルギー安全保障

10月
10

核危機は日本の外交政策の優先順位の再形成に役立つ

日本の政府がどれだけ長く生き延びることができるかについての疑念が高まり、2030年代の終わりまでに原子力から脱却するという先週のその決定は、半焼けのように見える。はたして、9月19日にそれは、建設中の少なくとも二つの原子炉が2050年代まで操業可能なままにすることによって、締め切りを見せかけることを取り下げた。

そのあいまいさは、首相の野田佳彦が近いうちに行うと約束した総選挙に大きく関係する。2011年3月の福島核災害以来、大衆の意見は核エネルギーに強く反対に変わっている、と世論調査は指し示す。しかし、大企業はもしその脱却があまりに早く起これば、日本経済は傷つくと論ずる。原子力発電所を持っている地方政府も、その戦略について不平を言っている。

今のところ、その政府の政策は、実行するのにあまりに小心な脱却にリップサーヴィスをしているように見える一方で、エネルギーの代替源に先を争ってもいる。核災害の前ですらも、日本は液化天然ガス(LNG)の世界最大の輸入者であり、今、世界の産出の1/3を消費している。しかし、よい価格を担保するのと同時に信頼できる供給を確保することは、外交政策の頭痛になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな穀物法 - 食料と貿易

10月
01

食料価格を抑制する貿易制限は、彼らが解決しようとしている問題を悪化させる

合衆国農業省は9月12日にみんなが知っていることを確認した。今年のアメリカの(メイズ)コーンの収穫が悪く、三大小麦輸出国のアメリカ、ロシア、そしてオーストラリアが同時に起こる干ばつに苦しんでおり、世界はこの5年で3度目の食料価格の高騰を経験しているということだ。

天候が価格上昇の直接の原因だけれども、政府は問題を悪くしている。アメリカのバイオ燃料政策を見るとよい。その国のメイズの1/3をエタノールに変え車に供給するために、それは在庫を減らすことにより、穀物価格を引き上げ、それらをより変動するようにしている。今年の初めに、アメリカはエタノールへの補助金をやめ、その輸入への関税を廃止した。正しい方向への歩みだ。しかしいくらかのエタノールが法律によって依然としてガソリンに混ぜられなければならない。それが価格を高く保っている。

アメリカの悪い政策は、ほかでの悪い政策を奨励している。高価格は、輸入国も輸出国も同じようにおびえさせ、変動する世界市場から顔をそむけ、彼ら自身を隔離するよう探らせている。2007-11年の間に、33の国々が食料に輸出制限をかけた。農業は世界貿易の10%以下しか占めていないが、すべての国境の歪みの費用の2/3以上を占めている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ドーハよさようなら、こんにちはバリ - 貿易

9月
26

ドーハでの貿易交渉は終わった。それらを「世界的回復ラウンド」と呼ばれる素早い新たな取引に置き換えろ

貿易と成長は手を取り合って進む。2008年に経済危機が最初に襲った時、世界の貿易と成長は一緒に崩壊した。2009年にどちらも回復し、再びどちらもが滑った今年までかなり良くやった。関税と官僚主義を削減することは、貿易を押し上げ、弱まる回復を支えただろう。これは、失敗したドーハ貿易交渉を、多国間交渉をする新たな努力に置き換えようとする努力に拍車をかけて当然だ。

2001年に世界貿易機関(WTO)によってはじめられたドーハ・ラウンドの狙いは、あっぱれだった。それは、貧しい国の農民たちの豊かな国の市場への接続を改善することに特別な優先順位を置くことによって、慎重に貧しい国々を最初に置いた。それは、製造物、農業、サーヴィスの貿易だけではなく、より貿易に間接的にかかわったもの(例えば、反トラスト、知的財産権、そして海外投資ルール)をも取り上げることによって、野心的だった。シンクタンクのピーターソン研究所によれば、潜在的な利益は、年に約2,800億ドルだったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ロシア を購読