ロシア

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

リヴァプールからの視点 - 起業家クラスターの作り方

3月
26

起業家クラスターは作るよりも殺す方が簡単だ。政策立案者はこれを覚えておくべきだ

3月13日に3,000人の人々が年次の世界起業家会議に集った。彼らは、ヴァージングループのリチャード・ブランソン卿の「ねじ込め、それをしよう。」と題した講演を聴いた。彼らは、テスコの元社長のテレンス・リーヒー卿のいかにして「中にいる勝者」を解き放つかについての話を聞いた。そして何よりも、アルバニア人がエジプト人と、ガーナ人がラトヴィア人と、といったように猛烈にネットワークを作った。このすべての起業家礼拝の場所は、リヴァプールだった。

リヴァプールで起業についての会議を開くことは、リヤドで女性の権利についての会議を開くことのように少し聞こえるかもしれない。その町は、とても違った価値の集まりとしてかたく認識されている。英国人ならみんな、仕事嫌いとされるスカウサー(リヴァプール人)について豊富な冗談を言うことができる。スーツを着たスカウサーをなんと呼ぶ?被告人さ。スカウサーのラップトップは何?ピザだよ。などなど。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗した夢

3月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

国家資本主義の隆盛

1月
30

新興世界での新しい種類の事業の拡大は増加する問題の原因となるだろう

過去15年にわたって、目立った会社の本社は新興世界の大きな街を変えてきた。中国中央テレビの建物は北京のスカイラインをまたいで渡る巨大なエイリアンに似ている。マレーシアの石油会社の本社である88階建てのペトロナスタワーは、クアラルンプールにそびえる。大銀行集団のVTBのきらめくようなオフィスはモスクワの新しい金融地区の真ん中に鎮座している。これらは皆、国に支援されながら民間の多国籍企業のように行動する新しい種類のハイブリッド会社の隆盛の記念碑だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

唇と歯のようには近くない - 中国とインド・ヴェトナム

10月
26
中国はインドがヴェトナムとの友好関係を深めていることを恐れるべきではない
 
中国の主権が問題になっているとき、北京の新聞のグローバルタイムスは気取った言葉を使わない。9月に、ヴェトナムがインドの国有石油ガス会社ONGCが南シナ海で中国が領有権を主張する水域で探索をするために結んだ契約は、「中国を限界に押し込む」だろうとガミガミ言った。しかし、今月、インドとヴェトナムは「エネルギー協力」の合意に達した。グローバルタイムスは、ヴェトナムがその共産党書記長グエン・フー・チョンが北京を訪れている間に中国との海洋の小競り合いを解決するための「グランドルール」について合意したたった1日後にそれが署名されたことに激怒した。いま、その新聞は「中国は、その立場を示し、中国に対するより向こう見ずな試みを妨げるために行動を起こすことを考えるかもしれない」と怒鳴る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

中位校の困難 - ビジネス教育

10月
24
エリートとはいえないようなビジネススクールは時間切れなのか?
 
アメリカ経済が景気後退に悩まされた2009年に、MBAプログラムへの関心は記録的な高さに達した。誰もそれほど驚かなかった。ビジネススクールへの応募は、人々が嵐からの隠れ家を探すので、景気後退の1年目にしばしば増える。だから、それに続く2年間に応募が落ちるのは、おそらく誰も驚くべきことではない。それは延長された停滞期間がさせたものだ。
 
しかし、少なくとも非公式には、ビジネススクールの中には、今世紀にはいってからの中でも特にレヴェルの低いアメリカ人学生と共に、2年続けての応募の現象は、単なる経済への反応以上のものだと心配しているところもある。彼らは、ビジネス教育の定着したモデルは、全ての学校にとってではないかもしれないが、確実に中位にランクされる伝統的な2年間のMBAを提供するアメリカの機関にとっては、困難になるかもしれない。長い寄宿型のプログラムを提供している2/3の学校が2011年に応募が減少した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ロシア を購読