ロナルド・レーガン

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヴァン・クライバーン

4月
12

ロシア人とアメリカ人によってアイドル化されたハーヴィー・ラヴァン・“ヴァン”・クライバーンは、2月27日に78歳で亡くなった

彼はあまりに早くピークを迎えた、と彼を中傷する人は言う。しかし、ピークとは何か。彼はテレビ時代の最初のクラシック音楽スターだった。紙テープの舞うパレードで祝われたただ一人だった。アルバムを100万枚売った最初の人だった。とりわけ、彼はその大きな手、穏やかな作法、そして偉大なロシアの作曲家の電撃的な演奏で、冷戦の霜を払い落としたテキサス人だった。

それはたまたま起こった。軍隊の医療チェック(彼は鼻血を出した)に失敗して、アメリカでもっとも見込みのある若いピアニストは1958年に空白のシーズンに直面していた。彼の先生移民ロシア人のロジーナ・レヴィーンは、モスクワでのチャイコフスキー国際コンクールを提案した。

音楽以上のものが問題となった。冷戦はもっとも冷え込んでいた。新しいスプートニクは、宇宙での競争とほかの所で負けていることを恐れた地表から離れられないアメリカ人をあざけるようにビーッとなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな考えの男 - ポール・ライアンの政府観

9月
17

いかにしてある小説家、ある経済学者、ある大統領、そしてある聖人がポール・ライアンの政府についての見方を形作る助けをしたか

ポール・ライアンはアメリカでもっとも有名な予算オタクかもしれない。しかし、彼は数をかみ砕く人以上のものだ。ライアンの予算数学は、彼の多くの知的アイドルからの政治的そして経済的理論から引き出されている。ミット・ロムニーがポール・ライアンと同じくらい保守運動の大きな考えを愛するということはありうるが、彼は確かに彼の副大統領候補の趣を持ったすでに亡き作家や経済学者の名前をチェックしていないだろう。ロムニーよりも「彼は一層行動保守で、より保守運動の産物だ。」と、保守的なヘリテージ財団の総裁エドウィン・フュルナーは語る。

ライアンは、彼のキリスト教の価値の理想を保持する一方で、政府の大きさと範囲を削減し、権利付与を徹底見直しし、アメリカ人をワシントン依存から一般的に引き離して、少なくとも政府を変えることを望んでいる。ここに、ライアンが実践に移したいと思っている大きな考えを持った人々の何人かがいる。
 

作家:アイン・ランド

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポール・ライアンのグランドヴィジョン

9月
09

共和党の副大統領候補は豊かな人のための計画を持っているかもしれないが、そうでない人はどうなるのだろう?

共和党員と民主党員は大統領になるための仕事に取り組むのに違った方法でやる傾向にある。ジョン・ケネディ以来、民主党は、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして私が思うにはジミー・カーターも、といった、派手な若い男に弱点を持っている。彼らはその候補者を高齢の政治家によってバランスを取る。リンドン・ジョンソン、ジョー・バイデン、ウォルター・モンデールだ。(アル・ゴアは若かったが昔からやっていた。)共和党は逆をやる。ブッシュ=チェイニーは例外だが、彼らは高齢の政治家を大統領候補に選び、精力的で若く、そしてしばしばイデオロギー的なタイプをNo,2に選ぶ。ドワイト・アイゼンハワーが副大統領候補に選んだ時、リチャード・ニクソンは熟した39歳で、ダン・クエールは41、サラ・ペイリンは44、そして今42歳のポール・ライアンは伝統的な共和党副大統領の完全な絵だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

機会ではなく選択だ - 避妊と開発

7月
24

家族計画が国際的な開発の議題に戻ってくる

ブルキナ・ファソのワガドゥグの郊外のマリー・ストープス・クリニックで、だいたい30歳のジュリエットは子宮内避妊リングをはめた机から、笑いかけた。彼女は、3人の子供を持っており、これ以上ほしくないと言った。彼女の夫は、彼女がその処置をしていることを知らない、と彼女は認めるが、彼は気にしないだろうと彼女は考えている。人ごみから判断すると、誰も気にしない。その2層の建物は、母親と子供たちが群れている。その理事のサリー・ヒューズは、毎月だいたい1.4万人の訪問者があると語る。1台のジープがちょうど戻ってきて、さらに多くの避妊を施している周りの村への日々の旅から帰ってきた医者、助産婦、そして看護師を連れ戻す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アメリカの無階級性

9月
29

不朽の神話の利用と乱用

「あなたは現在の経済制度のもとでの労働者と資本家の間での和解できない階級闘争を認識しているか?」これは、アメリカ社会主義労働党の党員申込書にある質問の一つだ。役に立つ脚注は、申込書が論議されるためには全ての質問にYesと答えなければならないと説明する。このイデオロギー的純粋さへのしつこさは、なぜその政党の運命が最近失望するものなのかを説明している。それは、労働者党として知られていた1876年まで歴史を遡ることができるが、その権威は、ウィキペディアが断言するように「瀕死」も同然だ。

共和党の下院予算委員会長のポール・ライアンは、バラク・オバマが今週、百万長者は少なくとも普通の人と同じ率の税率で支払うべきだと提案して「階級闘争」を始めたことを非難した。しかし、どの大統領が階級闘争を宣言して労働者党の後をついて絶滅に向かう危険を犯すのだろうか?社会階級がアメリカでは存在しないと考えられているだけではなく、それはほとんど下品な言葉だ。ある社会学者の言葉によれば、「アメリカの触れてはいけない考え」なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

預言者 - ロン・ポール

9月
08

どのようにロン・ポールは共和党政治の中でもっとも影響力のある声の一つになったのか

ある年老いた人が街頭演説台に登った時、ニューハンプシャーでは日が沈んでいる。満員のテントの中に掲げられた旗は、自由:大き過ぎて潰せない、と読める。彼は司令をするような人物ではないが、千人の人々がロン・ポールの名を呼び、彼が類型的な政治演説をするのについていこうとする。フォーカスグループのためのスローガンや空虚なカロリーはない。ポールの話は、高繊維の大卒者向けの経済理論、忘れられた歴史、そしてアメリカ憲法の人目につかないところや裂け目についてのセミナーのようなものだ。「連邦準備銀行制度とそのすべてのメンバーは長い間偽金づくりだった。」と、彼は弱々しい声を精一杯働かせて言う。「健全な通貨は自由市場と自由な声と憲法につながっており、我々はこれを全て人々のために持ってくることができる。それは私を魅了し、そしてまたあなたがたの多くも魅了すると確信している。」

普通の時は、ポールの深遠な調子は有権者を困惑させ、狼狽させ、単に退屈させるかもしれない。しかし、通常時でないので、夢中になった群衆は支持の大声を上げる。参加者は偉大な男が歴史上で彼の時代に出くわしたという確信を分かち合う。「我々の時代が来た」ポールは宣言し、今回はそれは希望的観測以上のものかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

核の最終段階 - 大きくなるゼロの訴え

6月
21

爆弾の禁止は難しいが、不可能ではない

世界から核兵器を取りのぞくことは長い間平和主義左翼の理想だった。しかし、過去数年間、主流派の政治家や退役将校、そして学会の戦略家らが、どのように成し遂げるかについてはとても異なった考えを持っているとはいえ、同じ目標を共有し始めている。それは部分的にはグローバルゼロという来週ロンドンで3度目の年次「サミット」を開催する運動団体のおかげだ。

グローバルゼロは、2006年の終わりにブルース・ブレアによって設立された。彼は、元大陸間弾道弾発射管理官で、数年前にワシントンD.C.でシンクタンクの世界安全保障研究所を始めたブルッキングス研究所のフェローである。彼は、既存の非核化努力とは全く異なった世界的な運動を一から始めることに着手した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ロナルド・レーガン を購読