デューク大学

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈滞期、新興企業

1月
11
起業家や経営者への景気後退の影響はとても大きい
 
経済沈滞期に設立された有名企業の一覧は長く多様だ。その中には、GM、AT&T、ディズニー、MTVなど、すべて景気後退期に設立された企業が含まれる。2009年のある研究によると、フォーチュン500の会社の半分以上は下降期か弱気の市場の時期に始まったという。景気後退は、会社を始めるのに、全体として悪いときではないのかも知れないようだ。実は、不景気(と好況)は、普通認識されているよりも、事業の展望に長い陰をもたらす。それはビジネス形成率といかに既存の会社が経営されるかの両方に影響するからだ。
 
景気後退は、ヨーゼフ・シュンペーターが呼ぶところの「創造的破壊」である生産的な経済撹拌の過程を加速すると論ずる者もいる。破壊の部分は簡単に見ることが出来る。下降は、墓標として大通りの窓を板張りにして、事業を殺す。しかし、景気後退はまた、新事業の創造をせき立てる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

預言者 - ロン・ポール

9月
08

どのようにロン・ポールは共和党政治の中でもっとも影響力のある声の一つになったのか

ある年老いた人が街頭演説台に登った時、ニューハンプシャーでは日が沈んでいる。満員のテントの中に掲げられた旗は、自由:大き過ぎて潰せない、と読める。彼は司令をするような人物ではないが、千人の人々がロン・ポールの名を呼び、彼が類型的な政治演説をするのについていこうとする。フォーカスグループのためのスローガンや空虚なカロリーはない。ポールの話は、高繊維の大卒者向けの経済理論、忘れられた歴史、そしてアメリカ憲法の人目につかないところや裂け目についてのセミナーのようなものだ。「連邦準備銀行制度とそのすべてのメンバーは長い間偽金づくりだった。」と、彼は弱々しい声を精一杯働かせて言う。「健全な通貨は自由市場と自由な声と憲法につながっており、我々はこれを全て人々のために持ってくることができる。それは私を魅了し、そしてまたあなたがたの多くも魅了すると確信している。」

普通の時は、ポールの深遠な調子は有権者を困惑させ、狼狽させ、単に退屈させるかもしれない。しかし、通常時でないので、夢中になった群衆は支持の大声を上げる。参加者は偉大な男が歴史上で彼の時代に出くわしたという確信を分かち合う。「我々の時代が来た」ポールは宣言し、今回はそれは希望的観測以上のものかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
デューク大学 を購読