ジルマ・ルセフ

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロスタイムへ - ブラジルのサッカー

8月
11

来年のワールドカップへのための舞台稽古への悲惨な準備期間

ブラジルは、来年のサッカーワールドカップのための世界で「最高で最も現代的な競技場」のいくつかを建設している、とブラジルの大統領ジルマ・ルセフは5月27日の彼女の週1回のラジオ放送で自慢した。それは本当だ。しかし、ほとんど同じ瞬間に、北東部のサルヴァドールにあるそのうちの一つで屋根の一部が豪雨のために崩壊した。その災難は、建設作業の規模に比べれば小さかった。7つの競技場が一から作られており、さらに5つが改装されている。しかし、それは、いかに遅い始まりと遅れる締切が、その国のその大会への準備を時計に対して悲惨で高価なレースに変えているかを例証した。

ブラジルは2007年に開催国に選ばれた。しかし、それは、会場を選び、財源を準備し、建設を始めるのにとても長くかかったので、準備大会である今月のコンフェデレーションズ・カップのための6つの競技場のうちたった2つしか、予定されていた去年の12月に完成していなかった。開幕戦の会場であるブラジリアの新競技場は、5月18日に開いたばかりで、一方リオ・デ・ジャネイロの再建されたマラカナは、その大会が始まる前にたった1試合しかできなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

過去と未来 - ラテンアメリカの統合

2月
24

その地域の時代錯誤の新しい顔

ヨーロッパがひれふし、ラテンアメリカの多くが急成長する中で、かつて大西洋をまたいだ「戦略的連合」のジュニアパートナーだったものが命令をしていると期待するかもしれない。しかし、そうではない。1月26,27日のチリの首都サンティアゴでのEUとの2年に一度の首脳会談と、その次の日のラテンアメリカとカリブ海諸国の共同体であるCELACの懇親会で、ラテン諸国は内部分裂と過去の目立ちたがり屋政治へののめりこみの両方を示すと決めたようだ。

たぶんそれが、ドイツのアンゲラ・メルケルとスペインのマリアーノ・ラホイ以外のヨーロッパのより重要な指導者たちがわざわざ長旅をしようとしなかった理由だろう。仕事の主要な潜在的な点は、EUと、ブラジルとアルゼンチンに率いられた貿易ブロックのメルコスールとの間の、長く停滞した貿易交渉だった。これらは1990年代に始まった。「しかし、お互いの市場へのアクセスという中心問題において、我々は依然として仕事に取り掛かっていない。EUの貿易担当委員のカレル・ドゥ・グヒュトは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仮想関係 - デジタル外交

10月
15

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新中産階級が立ち上がる - 新興市場での政治

9月
12
マルクスの革命的なブルジョワジーはその声を再び見つける
 
過去4年間は、景気後退の打撃を受けた豊かな国々と元気な新興巨人との間で鋭い対照を見せた。今年、豊かな国々での経済的苦悩は、その政治にも溢れでた。ヨーロッパの政府はユーロ危機の泥沼にはまり、一方でアメリカはその国債の格下げを引き起こした。しかし、その苦悩は一面的なものではない。その経済的成果にも関わらず、中東は言うまでもなく、中国、インド、インドネシア、そしてブラジルのような国々は、西側の不安感とほとんど同じくらい深く、不満に悩んでいる。
 
インドでは、議会主導のマンモハン・シンの政府は、デリーでハンガーストライキを続けていた反不正のヴェテラン運動家アンナ・ハザレの支持者による大衆デモという、今までのところ最大の挑戦に直面している。今週、ハザレ氏は、政府が汚職に対する厳しい法律を通すことに合意したあとで、甘いココナッツ水を一杯飲んでストライキをやめた。その抵抗は、去年のデリーでのコモンウェルスゲームから、2Gの携帯電話の周波数免許の分配に至るまで、一連の大きな不正スキャンダルの帰結だった。「路上で見かけるのは、中産階級の変化だ。」金融省元高官のマハン・グルスワミーは語る。
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジルマ・ルセフ を購読