シンガポール

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

噴出油井 - インドネシアの石油とガス

12月
15

規制者の醜聞は重要な部門に何の尽力もしない

ムスリムの聖なる月であるラマダンの終わりに、インドネシア人がお互いに許しを求めるのは伝統だ。先週までその国の石油とガスの規制者の議長だったルディ・ルビアンディニは、時節の慈悲を望んでいたに違いない。8月13日に、反不正委員会のKPKは、ルビアンディニ氏がシンガポールのエネルギー会社カーネル石油から40万ドルを着服するのをくいとめた後に彼を逮捕した。そのカネは70万ドル相当のわいろの2回目の支払いだといわれている。ルビアンディニ氏は贈り物を受け取ったことを認めているが、不正は否定しており、カーネル石油もそうだ。

別の醜聞は、その国の悩めるエネルギー産業が最も必要としないものだ。去年の11月、憲法裁判所は前の規制者を解散した。多くがこれをインドネシアでの経済国有化が徐々に進む証拠だとして解釈した。その裁判所は、その規制者を設立した2001年の石油ガス法が憲法に違反していると主張する嘆願者集団を支持した。これは、天然資源は「国家権力」のもとに残ると主張する。数日以内に、その規制者は、いまSKKミガスと呼ばれる新たな規制者を打ち立てた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空間を熱望して - 台湾の経済的孤立

9月
16

ある自由貿易協定が、驚くほど混乱がなく中国によって歓迎される

5年前の再選以来、台湾の総裁馬英九は、台湾海峡をまたいだ密接な事業のつながりと言う彼の政策は、中国の影響力下での民主的な島をもたらさないと、疑う大衆に論じている。代わりに、それらは自由貿易協定の急成長する地球規模のネットワークからの台湾の排除を終わらせる役に立つだろう、と彼は語る。

中国は、彼らが1949年に袂を分かって以来主張し続けている台湾との公式な関係を、他のいかなる国もが作ることに圧力をかける。自由貿易協定はアジア中に浸透しているが、目障りな中国を恐れる国々は、その経済が輸出に基づいて打ち立てられているが、台湾を遠ざけ続けている。たった一つの解決は、台湾が2010年にした中国との自由貿易協定の調印だった、と馬氏は主張した。これは、他の国が中国の例に従うのを奨励するだろう、と彼は望んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

製図版に戻れ

9月
15

デザイン会社は彼らの技能をヴォランティアや公共部門のために応用している

その事務所はスターバックスとユースクラブとの間の十字路のように見える。自転車は棚に高く積み上げられている。角には卓球台がある。若者たちが長い松のベンチに座り、コーヒーをすすり、ラップトップを読みふけっており、男たちはひげ伸ばし競争に参加しているように見える。しかし、くつろいだ雰囲気に騙されてはいけない。これは、世界で最も成功したデザインコンサルタント会社の一つIDEOのロンドン支社なのだ。それがシリコンヴァレーで1991年に創業された時、その創業者の一人デヴィッド・ケリーは、学校のバスに入ることのできる人より多くを雇いたいとは思わなかった。いま、IDEOは600人以上の従業員を持ち、8つの国に事務所を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自発的ではない燃焼 - 東南アジアのスモッグ

9月
09

森林火災が記録的な水準の大気汚染をもたらし、その終わりは視界に入っていない

儲かるパーム油のプランテーションのためにインドネシアが産業規模にその豊富な森林を最初に伐採し始めた1980年代中ごろ以降、「もや」は東南アジアでほとんど年中行事になっている。伐採された森林地帯をきれいにする最も安い方法は、燃やすことであり、それは風に運ばれて数百、いや数千平方マイルを覆うかもしれない汚い白い煙の酸性の雲を生み出す。

その間の何十年間かは、火災を止めるためのおびただしい全国そして国際的な規制の可決を経験しているが、すべてが役に立っていないようだ。過去2週間に、これまでで最悪のスモッグのいくつかを経験しており、人々の肺、喉、そして気分だけではなく、外交関係とインドネシアの環境のイメージを改善するための試みにも、深刻な損害を与えている。さらに悪いのは、抗議にもかかわらず、今後数年間でいかに問題が改善するのかを見るのは難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインの中の虫 - 東ティモールとオーストラリア

8月
13

ティモールの指導者たちは、その海底油田からのより良い取引を要求する

若く貧しい国である東ティモールの未来の財政は、10年近く前にオーストラリアによる卑劣な申し立てに巻き込まれている。東ティモールは、彼らの間に横たわる海での石油とガスの探査についての2006年の合意について、その大きく豊かな隣国を裁定に持ち込んでいる。今週シンガポール訪問中に話した東ティモールの石油大臣アルフレッド・ピレスは、2004年の交渉中にオーストラリアの諜報機関が違法に情報を入手したという「反駁できない証拠」を持っていると主張した。彼の弁護士は、ティモールの首相官邸が盗聴されたと主張する。

真実が何であれ、東ティモールの指導者たちはオーストラリアがだましたと感じている。2004年にその小さな国は、1999年の国連に組織された国民投票でインドネシアからの独立を問うた後の破壊から回復中だった。インドネシア軍とそれを支持する民兵たちは、怒り狂った殺人と破壊で復讐しようとしていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より温かい歓迎 - 北極外交

7月
14

北極評議会はその初の常任アジア立会国を認める

1996年にそれが作られて以来、北極評議会の8加盟国は居心地の良いクラブを形成している。彼らの調査と保護への熟慮は、凍った北以外ではほとんど関心を惹かなかった。関係はとても暖かいので、外交官たちは4月に北極点への合同旅行で自発的な集団ハグにふけった。

北極に領域を持つ国々だけが完全な加盟国になれる。しかし、融ける極地の氷がその地域を海運、漁業、石油ガス鉱物採掘そして観光にすらも開くにつれ、シンガポールほど遠く離れた国もその氷帽に利害関係を主張する。北極は「最後のフロンティアだったものだ。」シンクタンクのブルッキングス研究所によって開催された最近の会議で、グリーンランドの元首相クーピク・クライストは語った。「いま、我々が世界の中心のようだ。」

スウェーデンの町キルナで5月15日に開かれた2年に一度の会議で、その外務大臣たちは、現在の26か国に加えて中国、インド、イタリア、日本、韓国、そしてシンガポールが常任立会国になれることに合意した。しかし、彼らは、グリーンピースのようなNGOを含んだ、応募したすべての国際的グループの地位を否定した。EUへの許可は延期され、カナダとの交渉を保留している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

シンガポール を購読