リオ・ティント

ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

5月
29

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴールドラッシュの前に - モンゴルの天然資源

3月
11

モンゴルが豊かになる道は、利害関係者のいさかいで舗装されている

世界で最も早く成長する経済の一つ、モンゴルは、その新たに見つかった資源の素と自分自身が争っているとわかる。外国採掘会社と投資家は、その広大な地域の下の底の知れないたまものに目がくらんでいる。その国がその生得権をあまりに安く売っているという信念に迎合するポピュリスト政治家が、金の卵を産む前にそのめんどりを殺すかもしれないと恐れる外国人もいる。ほぼ間違いなくそうではない。しかし、「資源国家主義」は確かにめんどりにとって生活を不快なものにしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裏に何があるのか - ギニアの鉱業

11月
19

ギニアは、世界最大の鉄鉱床の一つへの権利が、いかにしてアフリカ中での反不正努力へのテストケースだと証明しうるものだと認められたかを調査している

マハムド・ティアムは、誰かが彼のゴミ箱をあさっていると理解する。

彼のマンハッタンの住居は、2010年12月まで支配していた軍事政権の下で鉱業大臣を務めていた故郷のギニアから4,000マイルの所にある。ギニアの、選挙で選ばれた政府による、過去の独裁者たちによって取り決められた鉱業取引への厳密な調査は、その惑星のもっとも切望される鉱物の貯蔵のいくらかを巡るけんかを再開させている。ティアム氏は、政治、事業、そして流血の15年の物語の最新の縺れである、どんないかがわしい取引を探すことも、はるばる彼の玄関口につながっていると信じている。

6大陸からのライヴァルたちがギニアの富を求めて争うにつれて、1,000万人の人口を抱えた憂いに満ちた西アフリカの国の未来と同様に、何百億ドルもの金が一進一退の攻防を繰り広げる。その国の鉱物についての土壇場の対決は、天然資源が輸出の2/3を占めるが、繁栄よりもむしろ闘争を生み出す傾向にある、その大陸でのテストケースを証明しうる。一つの賞がほかのものの上で輝く。おそらく世界で最高の未開発の鉄鉱床の上にそびえる山のシマンドゥだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギニアの金持ちたちが25億ドルの取引を危険にさらす乱闘 - ギニアの鉱業

11月
04

アフリカの鉱業のヴェテランの言葉を借りれば、それは「大当たり」だった。2010年4月に、アフリカなどでのダイヤモンド取引で富をなした勇敢なイスラエル人億万長者のコングロマリットが、そのギニアでの鉱業利益の51%を25億ドルで売るという取引をした。

ベニー・シュタインメッツの標準でさえも、ブラジルの鉱業大手のヴァーレへのその売却は、かなりの収益のように見えた。彼の会社は、熱い緑に覆われ鉄鉱石でいっぱいの山であるシマンドゥの半分を採掘する権利にたった1.6億ドル費やしただけだった。

今では、しかしながら、いくつかの世界で最も切望される鉱床の故郷であるその熱帯の西アフリカの国でのそのグループの見通しは、脅かされている。ギニアは、その国の宝物を、当局が厳しく見るかつての独裁制のもとで行われた鉱業取引として、数十億ドルの乱闘を再燃させている。

本誌は、ある政府委員会が不正の調査を始めており、どのようにしてベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ(BSGR)が、2年前に英豪系の鉱業会社リオ・ティントから取り上げられたシマンドゥの半分の権利を2008年に保全したのかの答えを要求していることを聞いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すべてが燃え上がった - モザンビークの富

10月
21

石炭のコーキングとガスはモザンビークの経済を大きく押し上げてしかるべきだ

重掘削機が、北モザンビークのテテ州のうだるような暑さの中の地中で歯ぎしみしている。もろい大地の下には巨大な石炭鉱があり、そこではタンクローリーが埃を抑えるために水を撒く間にブラジルの鉱業大手ヴァーレが忙しく掘っている。その鉱山は460トンかそこらの石炭を今年生産する、と管理者は説明する。ここ数年で、それはその量を2,200万トンまで増やしたいと思っている。

100兆平方フィートにもなる海底ガス田もまた、近くで見つかっている。この富鉱帯はその国を変えうる。その政府は、そのGDPの4倍の500億ドルの投資を今後10年間で惹きつけたいと思っている。鉱山大臣は、2026年までにモザンビークは年に52億ドルを天然ガスから稼ぐことができるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あなたの鉱山は私のものだ - ジンバブエでの没収

9月
12
アフリカのもっとも不幸な国の一つをダメにする新しい計画
 
10年前、ロバート・ムガベの政権は、ジンバブエのほとんどの白人所有の商業農場を押収した。大統領は、多くの土地を持たない人たちにそれを与えると約束したが、かわりにその多くを彼の裕福な取り巻きに与えた。その国最大の産業はダメになり、極度の食料不足をもたらした。
 
今、それが再現しようとしている。2007年に、全ての白人・外国人所有の会社にその51%の株をジンバブエの黒人に「割譲」するよう義務付ける法律が通過した。ムガベ氏の前科にも関わらず、多くの企業はその脅しを無視した。それは間違いだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
リオ・ティント を購読