スタンダード・チャータード

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安い中国の終わり - 製造業

3月
18

世界の製造業にとって中国の賃金上昇は何を意味するのだろう?

香港から中国を世界の工場にした地域である深圳へフェリーで渡ると、巨大な看板が挨拶する。「時は金なり、効率は人生なり。」

中国は世界最大の工場だ。そのテレビ、スマートフォン、鉄鋼管などの産出は、2010年にアメリカのものをしのいでいる。中国は今、世界の製造業の1/5を占めている。その工場は、とても多く、とても安く作っているので、その貿易相手の多くでインフレを抑制している。しかし、安い中国の時代は終わりに引き寄せられているかもしれない。

歴史的に工場が群がってきた沿岸の省から始まった費用の上昇は続いている。土地価格の上昇、環境安全規制の増加、そして税がすべて役割を果たしている。しかしながら、最大の要素は、労働力だ。3月5日に、投資銀行のスタンダード・チャータードは、珠江デルタで操業している200を超える香港に本社を置く製造業者への調査を発表した。それは、今年になってすでに賃金が10%上がっていることを見つけた。深?でアップルのiPad(や他の多く)を生産する台湾の請負製造業者のフォックスコンは、先月給料を16-25%上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あなたの鉱山は私のものだ - ジンバブエでの没収

9月
12
アフリカのもっとも不幸な国の一つをダメにする新しい計画
 
10年前、ロバート・ムガベの政権は、ジンバブエのほとんどの白人所有の商業農場を押収した。大統領は、多くの土地を持たない人たちにそれを与えると約束したが、かわりにその多くを彼の裕福な取り巻きに与えた。その国最大の産業はダメになり、極度の食料不足をもたらした。
 
今、それが再現しようとしている。2007年に、全ての白人・外国人所有の会社にその51%の株をジンバブエの黒人に「割譲」するよう義務付ける法律が通過した。ムガベ氏の前科にも関わらず、多くの企業はその脅しを無視した。それは間違いだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
スタンダード・チャータード を購読