ネスレ

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社生活にさよなら - 日本の若者

11月
24

若い日本人のますます多くが、大企業の安全から去り、自分の事業を始めている

岩佐琢磨は、たとえその部門でかつて支配的だった日本の製造業者が苦労し始めていたとしても、パナソニックでの彼の職を去り、自分の家電会社を立ち上げるのに何の不安も感じなかった。

「私は何も心配しなかった。」2007年に日本最大の家電メーカーを去り、東京で家電革命のために戦うセレヴォを立ち上げた34歳の岩佐氏は語る。

「私は、何もないところから何かを作り出す、楽しくて挑戦に値することをする必要がある種類の人間だ。」彼は語る。モップに似た長めの髪をし流行の眼鏡をかけて、もつれたケーブルと電気製品の箱に彼の事務所の角で囲まれて、彼はとても起業家の風情をしている。

岩佐氏は、本当にやりたいことをする興奮と満足の代わりに、一流の雇用主から月給と社会的地位の約束を贈られるのを差し控える、少ないが増えている若い日本人起業家の塊の代表的人物だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あわてるな - 遅れの利益

7月
20

延期をほめたたえて

心に焦点を当てるのに締め切りのようなものはない。このコラムの筆者は、いつその編集者ががみがみ言っても、その心は次の主題に焦点を当てていることを見つけた。(1)彼の足の爪。確かにそれらは切られる必要があるのか?(2)ウォルター・ラッセル・ミード。そのひげ面の賢人がブログの中で東ティモールについてなんといっているか?(3)彼の犬。彼らは散歩を熱望しているようだ。(4)彼の受信箱。トムスク大学の卒業生に返事をしないことは失礼だろう。

時間を浪費する人にとって、人生は扱いづらくなっている。ジャスト・イン・タイム配達に頼る事業は遅れに寛容ではない。株式市場取引は、毎秒何百万もの株式を取引する。24時間のニュースチャンネルは我々に情報爆撃を加える。ブログとツイートは瞬間コメントの嵐を提供する。その状況はとてもものすごいので、アメリカ人の1/4は毎日ファスト・フードを食べている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの入り口? - 南アフリカ

6月
17

南アフリカの事業の卓越は変わっている

南アフリカは去年、ブラジル、ロシア、インド、中国からなる堂々たるBRICSクラブにSの字を足すことになる誘導を行った。しかし、それはその国を含むことを正当化するのに苦労している。加盟国中最小の経済(インド)の1/4と最小の人口(ロシア)の1/3以下しか持たないその国がそれを主張する主要な資格は「アフリカへの入り口」だ。その大陸の経済は世界で2番目に早く成長しており、人口は10億人強(中国やインドからそれほど離れていない)で、その全体としてのGDPはほぼ2兆ドルでロシアやインドのものよりも大きい。それでも、南アフリカはまさにそれが主張するような疑いなくアフリカで最も強力で洗練された経済なのだろうか?

それは、本当にかつてはより不安定なアフリカ諸国を北に切り開くのに慎重な投資家にとって、出発地としての役割を果たした。しかし、過去数十年の間に、その大陸は全体としてより平和的に、民主的に、そして安定的になっている。結果として投資は流れ込み、そしてしばしば南アフリカを迂回している。2倍の速さで経済成長しているアフリカ諸国の中には、投資家にとってのその大陸の明らかな第一歩というその主張に挑戦しているものもある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビジネス、よいビーチ - CSR

6月
02

企業の社会的責任は進化しており、少し風変りではなくなってきている

6月17日に、活動家のどよめきが、倫理的ファッション・イニシアティヴと呼ばれるものによって資金援助を受けた「持続可能な未来のための良い事 業」についての会議で、リオ・デ・ジャネイロに集まる。彼らは、綿の社会的帰結について語る農民や「価値」という言葉の意味を議論する神学者の話を聞く。 彼らがまたリオの美しいビーチやかつてP.J.ルーケが表現した「衣料という地球の貴重な資源をほとんど」無駄にしないビーチの常連を賞賛するのは疑いが ない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かなり利益の上がるオウム

5月
25
ビジネスにとって、模倣に長けることは、少なくとも革新的になることと同じくらい重要だ
 
下着小売りのヴィクトリアズ・シークレットの所有者レス・ウェックスナーは、毎年、採用すべきほかの会社の考えを探して、世界中を旅するために1か月の休暇を取る。彼の衣料グループのリミテッド・ブランズは航空会社から消費財製造業者まで、合法の霊感を求める。ウェックスナー氏の哲学は、ビジネスは模倣を賛美すべきだ、というものだ。
 
それはほとんど異端だ。政治家や数えきれない授賞式が、経済成長における革新の役割を激賞する。ビジネスは革新するか死ぬかのどちらかだといわれる。模倣者は悪い奴の役割を与えられる。「最初の会社は、最も高い頻度でそして最も望ましい市場で生産する機会を持つ。」2009年のジュリア・ロバーツ主演の企業ホラーの「デュプリシティ」でバーケット&ランドルの社長が宣言する。その会社は仮定の発毛剤をまねしようとする悪のライヴァルに対して正当に勝利を得る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

あなたの鉱山は私のものだ - ジンバブエでの没収

9月
12
アフリカのもっとも不幸な国の一つをダメにする新しい計画
 
10年前、ロバート・ムガベの政権は、ジンバブエのほとんどの白人所有の商業農場を押収した。大統領は、多くの土地を持たない人たちにそれを与えると約束したが、かわりにその多くを彼の裕福な取り巻きに与えた。その国最大の産業はダメになり、極度の食料不足をもたらした。
 
今、それが再現しようとしている。2007年に、全ての白人・外国人所有の会社にその51%の株をジンバブエの黒人に「割譲」するよう義務付ける法律が通過した。ムガベ氏の前科にも関わらず、多くの企業はその脅しを無視した。それは間違いだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ネスレ を購読