マサチューセッツ工科大学

致命的な沈黙 - アーロン・シュワーツとMIT

10月
07

学問開放の活動家は部分的な死後の弁明を得る

2011年1月、24歳の天才アーロン・シュワーツは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のネットワークを秘密に使って、学術記事の貯蔵庫JSTORから500万近いファイルをダウンロードしたとして逮捕された。ほとんど崩壊しかけたJSTORは、MITを数日遮断した。1986年のコンピューター詐欺と濫用防止法は、「承認されていない」ネットワークの使用を重罪にする。検察は、彼を35年間投獄しうる最も厳しい懲罰を押した。1月に彼は自殺した。

批判者は、MITがその手を血で汚しているという。シュワーツの弁護人は、彼がMITのネットワークにゲストアクセス権を持っていたと論ずる。そして、「犠牲者」と名付けられたMITは、JSTORがしたように罪を軽くするよう頼むことができた。しかし、「中立」であり続けようとして、誇り叩くハッカー文化を育て、開放性を擁護するその学校は、黙っていた。

7月30日に発表されたMITによる180ページの独立報告は、それがよりよくできたとほのめかす一方で、その学校を免責する。いま、それは、内部的にネットワーク違反に対処し、電子的記録を集めたり発表したりする条件を変えるといった、改革を考えている。しかし、才能のある理想主義的なシュワーツには遅すぎる。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失われた時を求めて - 真実はなんだ?

10月
05

人工的に作りだされた記憶は、本物と同じくらい強くなりうる

虚偽記憶症候群は、法制度の破滅だ。正しくない目撃報告から子ども時代の虐待の置き換えた記憶まで、それは司法の多くの誤りの結果になる。そして、どんな疑いもなければ、それ自身幻想でも何でもない。シアトルのワシントン大学のこの分野の開拓者エリザベス・ロフタスは、2万を超える人々に200以上の実験を行っている。これらは、(本物とほかのものからの示唆の組み合わせからなる)間違った記憶は、誰かの脳にかなり計画的にそして驚くほど簡単に移植できることを示す。その結果は、記憶者にとって本物と同じくらい正統的に感じる。

まだ知られていないことは、この過程が神経学的にいかに機能するかだ。しかし、マサチューセッツ工科大学の二人の神経科学者スティーヴ・ラミレスと劉胡(Xu Liu)は、それを理解しようとするために巧妙な遺伝子的技を使っている。今週のサイエンス誌に掲載された研究の中で、彼らは細胞レヴェルでマウスの記憶を操作するために、特別に作られたDNAのかけらを使った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あなたは湿るだろう - 沿岸の都市と気候変動

8月
21

アメリカ人は、海水面が上がっている時でさえも、海岸の家を建てている

ハリケーンサンデーがニューヨークとニュージャージーを通って引き裂く前に、それはフロリダで止まった。巨大な波がビーチを覆い、フォートローダーデールのコンクリートの堤防に押し寄せ、フロリダの沿岸の高速道路のA1Aにあふれた。ひと月後、別の一続きの暴力的な嵐が南部フロリダを襲い、フォートローダーデールのビーチとA1Aのかなりの部分をひどく侵食した。労働者は新しい堤防を建設し、高速道路を修理し、いくつかの歩道橋を付け加えている。ビーチの侵食はフォートローダーデールに中部フロリダの内陸の鉱山から砂を買うよう強いた。その鉱山の柔らかく白い砂は、もともとのより暗く粒の粗いものに対して目立つ。

ハリケーンと嵐は、フロリダにとって新しいものでも何でもない。しかし、海が温かくなるにつれ、ハリケーンはより強烈になっている。さらに事態を悪くしているのは、これが鋭く上がる海水面の背景に対して起こっており、かつては季節的な悩みだったものを実存する脅威に変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

量子の慰め - 暗号法

7月
31

秘密通信の盗聴は、まさに難しくなろうとしている。

暗号法はアリスとボブそしてイヴの間の軍拡競争だ。これらは暗号作成者が、内密に通信しようとする二人の人々と、三つ目は彼らの会話を傍受し解読しようとする人に与える名前だ。現在、アリスとボブが少しだけ前を行っている。しかし、イヴも追いついている。アリスとボブは、それ故に、秘密を守るためのまったく新しい方法を探している。そして彼らは間もなく、量子機構のおかげで、それを手に入れるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマート機械の時代

7月
31

知的作業は、手作業の行く末に進むかもしれない

その最初の小説『プレイヤー・ピアノ』の中で、カート・ヴォネガットは、産業がいつか「巨大なルーブ・ゴールドバーグ・マシン」(または英国人ならば「ヒース・ロビンソンの仕掛け」と言うだろう)のようになるかもしれないと予見した。彼の物語は、機会が手作業と同様に知的労働も乗っ取り、巨大なコンピューターEPICAC XIVがすべての決定をする暗黒郷を描く。わずかな経営者と技術者がその新しい主人の世話をするために依然として雇われる。しかし、ほとんどの人々は家屋敷に住み、そこで不要不急の仕事をし、テレビを見、そして「ウサギのように子供を産んで」時を過ごす。

こんにち、我々の目の前でヴォネガットの巨大な機械が組み立てられているかどうか不思議に思うことなく『プレイヤー・ピアノ』を読むのは不可能だ。グーグルは自動運転車を設計している。アメリカの軍事治安複合体は自動飛行殺人機を開拓している。教育事業家は啓蒙をオンラインで行っている。我々はますますヴォネガットの暗黒郷に住んでいるのだろうか?それとも、技術熱狂者は、人生がさらによくなりそうだと論ずるのが正しいのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

純利益 - インターネットの利益計量化

4月
11

インターネットが消費者にもたらしている利益をいかに計量化するか

彼女の2歳の娘が1992年にがんだと診断された時、ジュディ・モリカは近くの南フロリダの医療図書館で何時間も過ごし、その子の状態についての情報を得るために雑誌を念入りに調べた。よく知らない言葉を見るたびに、彼女は止まって図書館のほかの場所でその意味を追い詰めただろう。それは「暗闇の中を歩く」ようなものだった、と彼女は語る。彼女の娘は回復したが、2005年に違った型のがんを診断された。今回、モリカ女史は彼女のそばにとどまることができた。彼女は記事をオンラインで読み、医学と科学的用語を直ちにウィキペディアで調べ、脚注を追って新しい資料をたどることができた。彼女は、娘の専門医に仲間の医者のように話しかけることができた。ウィキペディアは時間を節約させただけでなく、より大きなコントロール感も与えたと彼女は言う。「それに価格をつけることなどできない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロボ同僚

3月
31

ロボットはさらに強力になっているが、それらは労働者にとって必ずしも悪いニュースではない

IBMのスーパーコンピューター、ワトソンは、アメリカのクイズショー「ジェオパディ」の2011年版でその人間のライヴァルを華麗に打ち負かした。それはそれ以来より賢くなっている。その部品は部屋の大きさからカバンの大きさに縮んでいる。その計算速度は3倍以上になっている。よりスマートでより早いワトソンは、今商業利用に使われている。その最初の応用は癌診療所での治療を提案している。多くの人々は、ワトソンが人間労働者を機械に置き換える傾向に向かっていることを例示していると恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バッテリーは含まれていますか? - エネルギーの未来

3月
04

電気をためるより良い方法の追求が激しくなっている

シカゴのそばのレモントにあるアルゴンヌ国立研究所の産業化学者クリス・プペックは、空気中で力強く白い粉のチューブをふる。電池の調査で次の印象的な素材になる潜在性を彼の分析の仲間が調べるのには、ほんの一つまみあれば十分だ。しかし、プペック博士は一つまみを扱わない。彼の仕事は、潜在性が実用にかえられるかどうか、つまり光の性質をもった何かが安く大量にできるかどうかを見つけることだ。もしできるのならば、それは試験のために産業に渡される。望みは、少なくとも一つのチューブが革命を始めることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

マサチューセッツ工科大学 を購読