ソマリア

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

道は長い - 英国のソマリ人たち

12月
09

ソマリ人たちはほかの移民よりも悪い生活を送っている。何が彼らを抑止しているのか?

理髪店はゴシップのための素晴らしい場所だ。ケンティッシュ・タウンのハッサン・アリの店も変わらない。その北ロンドン人は、機械技師になる夢を持ってソマリアから英国に到着した。しかし、彼は理髪がうまかった。できる仕事は何でもするのだ、と彼は語る。英国で最大の難民人口であるソマリ人のほとんどは、働いていない。彼らは英国で最も貧しく、最も教育を受けておらず、最も雇用されていない部類に入る。他の難民たちが栄えている国で、なぜソマリ人たちはそれほどにひどいのか?

1世紀以上前に最初に英国に到着したソマリ人は、経済的移民だった。商船の船員は、カーディフ、リヴァプール、そしてロンドンといったドックのある町に住んだ。1990年代に内戦がソマリアを破壊した時、難民が英国に群れを成してやってきた。1999年に最高潮を記録し、(その年に英国に到着した難民の11%に当たる)7,495人のソマリ人が到着した。それ以来、流入は減速している。それは依然として大きな共同体を残す。2011年の国勢調査は、イングランドと英国に101,370人のソマリア生まれの人々がいるのを見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

覆い隠された声 - ソマリアとソマリランド

10月
07

より良い政治環境にもかかわらず、メディアの自由は滑っている

リバン・アブドゥライ・ファラーが7月にプントランドの中央部の州の町ガルカイヨで射殺された時、彼は今年ソマリアで暴力的に亡くなった6番目の記者になった。これは、首都のモガディシュで導入されたばかりのメディア法が記者にその情報源を明らかにするよう強いて、以前に存在していた報道の自由が何であれ縮小されるにつれて、やってくる。

その国の北部の自治地区ソマリランドでは、独立心を持った指導者たちが、報道の自由がいくつかの民主的成果の一つだと褒めちぎる。しかし、彼らはその大きな兄弟たちの醜い特徴のいくつかを示し始めている。4月には、勤務外の警察官とそのグルが、首都ハルゲイサの新聞フバールの事務所を攻撃した。その経営者モハメド・アハメド・ジャマ・アロレイは、殴られ撃たれた。彼は、仲間が攻撃者を地面に組み伏せることができるまでに、腕を骨折した。

その新聞の悩みは終わったどころではない。6月に、それはその地域の大統領アフメッド・モハメド・シランヨを非難する一連の記事を掲載した後で営業停止にされた。編集長のハッサン・フセイン・ケフケフは中傷と虚偽報道の罪で2年間の有罪を宣告された。保釈中に控訴を保留して、彼は「影の中の」政府に不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らに送金させろ - アフリカの資金移転

9月
22

資金洗浄についての西側の心配は、何百万ものアフリカ人の経済的生命線を脅かしている

モハメド・アブドゥルにとって、ソマリアの家族に金を送ることは、大きな国外居住者共同体がある東ロンドンスタンフォードの大通りへの旅を意味する。そこに着くと、彼は、現金、電話番号そして普通はソマリアの首都モガディシュに住む彼の祖母の名前を代理人に手渡す。数分後、店の助手として働くアブドゥル氏は、その現金が向こう側についたということを知らせるテキストメッセージを受け取る。ソマリアでの何十年もの戦争の間に開発されたこの早くて信頼できる制度は、いくつかの国連事務所や援助機関が職員に支払うのと同様に、多数の世界的なディアスポラによって使われる。

多分、長続きはしない。大きなリテール銀行のバークレイズは250程度の送金事業の口座を閉鎖するとの知らせを送達した。その銀行は、その決定がルーチンの法的見直しに従ったと語った。資金送金者の中には、「犯罪的行動を正しく見つける適切なチェックを持っていない」ものや、「知らずに」テロリストに資金を渡しうる、とその銀行は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のソマリア? - ギニア湾

7月
30

西アフリカでの海賊行為が盛り上がっている

アンティグア・バーブーダ船籍のコンテナ船MVアモイ市は、完全武装の14人の海賊がその船に乗り込みその隠し部屋に押し入った4月25日の夕方に、ナイジェリア沿岸から約160キロ離れたところにいた。彼らは、発表されていない額の現金と、たぶん身代金が支払われた後の5月13日に解放された5人の船員を連れて逃げ去った。

その事件は西アフリカのギニア湾での典型的な海賊行為だ。それは暴力的で、素早く、そしてほぼ全員がナイジェリア人だった。1990年代に、ニジェールデルタでの政府の不正に対する平和的な抗議運動は、暴力的で犯罪的な反乱に堕落した。武装したギャングが漁船を捕らえ、石油をパイプラインから盗んだ。石油会社はより多くの操業を海上に移すことによって反応した。ギャングは後を追った。2006-09年の反乱の高みの間に、彼らはその広がりをナイジェリア海域を超えて拡大した。それ以来、南はガボンから西はリベリアに至るまでの間で、船が目をつけられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ソマリア を購読