モザンビーク

自給しろ - ナイジェリアの農業

6月
25

ナイジェリアがその農地を改良できさえすれば

「ほしいモノリストがあるならば、」東部ナイジェリアタラバ州の農民ルカ・アブグは語る。「私はトラクターがほしい。」「農業はゆっくりとした骨の折れる仕事で、私はしばしば労働者を雇わなければならない。自分が60歳くらいだと考えているアブグ氏は語る。農業は依然としてナイジェリアの最大の雇用主だが、そのほとんどは、単なる自給農家だ。農民は、古来の初歩的な方法と基本的な道具を使う。タラバのいくつかの場所で事態は変わっているが、あまりにゆっくりだ。その国の、最新で、ここ最近では最も精力的な農業・自然資源相アキンウンミ・アデシナは、速度を上げる決心をする。

ナイジェリアの政府は、大規模農業の潜在性について皆大きく話すが、その国は依然としてその緑の革命を待っている。国家統計局によれば、ナイジェリアの1.67億の人々のうち60%程度は農民だ。中央銀行は、今年の後半にすべての数字が「再計算」されれば下がりそうだが、農業はGDPの41%を占めているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ムトワラのロックフェラーたち - タンザニアのガスブーム

6月
02

ガスの富鉱帯は富の望みをもたらす

何千トンものドリルパイプが、南部タンザニアのムトワラ港のヤードにきちんと積み上げら、100キロ沖合にガスリグを供給する船に積まれるのを待っている。そこでは、センチメートル単位の正確さで導かれたドリルの小片が2キロ水中の海底に食い込み、それから、地元民がその眠たい国の長く待たれた大躍進を加速するだろうと望むガスの埋蔵へと突き進む。

タンザニアは多くの間違った出発を経験している。部分的には南アフリカのサイモンストウンの港にとってかわるために、1954年に英国の植民地当局がムトワラの深水港を開いた時、それは東アフリカ貿易の転換点として売り出された。しかし、その港は朽ち、ムトワラとそのカシュー栽培の後背地は、1963年の独立後タンザニアの支配者によって無視された。ムトワラと商業首都のダルエスサラームをつなぐ道路建設は半世紀後に始まり、それはまだ完成していない。

最も効果的な方法で、タンザニアの教育制度は現地のマコンデ族に技能を備えるのに失敗している。多くが読み書きできず、雇用主の中で最も寛容なものを満足させる労働倫理でさえも欠いている。マコンデ族はタンザニアの他の所で、好色で木彫の才能を持ちブッシュミートを好むダンサーや警備員としてしばしばステレオタイプ化される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い警察、お決まりの悪い警察 - 南アフリカの警察

4月
10

そのタクシー運転手の死は警察いたるところの失敗を強調する

ヨハネスブルグの東の荒っぽい町のダヴェイトンのエンピルウェニ通りで、集まった群衆に監視され、二人の警察官がTシャツとジーンズを着た男と議論する。その警察官たちが彼を逮捕しようとすると、その男は抵抗し、3人の同僚が参加し彼を地面で組み合う。彼らは警察車両の後ろに彼の手を縛りつけ、走り去ろうとするが、路上のその男の足と背中が彼らを邪魔する。二人の警察官が車のスピードを上げるために彼の体を持ち上げ、叫ぶ男をその後ろで引きずった。その苦難が始まって2時間後、モザンビークから来た27歳のタクシー運転手ミド・マシアは警察の留置房で死んで横たわる。彼の扱いの携帯電話による映像は、南アフリカ警察(SAPS)のひどい規律と野蛮さへの注意を惹いている。大騒ぎが報道された結果として、8人の警察官が告発される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

万能にんじん - 条件付き援助

3月
31

貧しい国々を助ける議論を呼ぶやり方は、結局うまくいきそうだ

条件を満たしたら貧しい国々へ資金を与える条件付き援助の支持者に、カシューナッツが依然として出没している。1995年に、世界銀行は、モザンビークにその経済を開くための努力として生のナッツへの高い輸出関税を削減するならば融資を行うと約束した。間もなく、その国のかつて栄えたナッツ加工産業は停滞した。1万人以上の労働者が失業した。

そのような躓きが条件付き援助に悪い評判を与えている。しかし、ヴァージニアにある大学のウィリアム&メリーによる最近の報告は、ひとつの考えがうまくいっていることを示唆する。ミレニアム・チャレンジ会社(MCC)の「コンパクツ」だ。2004年にアメリカ政府によって立ち上げられたMCCは、実力に応じて援助を分配する。贈与の資格を得るためには、国々は、貧しく、それほど腐敗しておらず、そしてより良い免疫と土地の権利といった20の分野で要件を満たさなければならない。今のところ、25の国々が総額90億ドル以上を受け取っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

11月
12

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

11月
07

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東のエル・ドラド? - アフリカのエネルギー

4月
16

やっとのことで、東アフリカはそのエネルギーの潜在力を認識し始めている

エネルギーの点では、東アフリカは長い間その大陸の貧しい仲間だった。西アフリカでの600億バレル、そして北でのそれ以上と比較して、去年まで、そこではせいぜい60億バレルの石油の埋蔵量が確認されると思われていた。その地域の輸入の1/3が石油関係なので、それは特に石油ショックに対して脆弱だった。世界銀行は、貧弱な統治の後で、高いエネルギー費用が東アフリカ経済の最大の足かせだと語る。

そのすべては変わろうとしているかもしれない。その地域最大の経済であるケニアは、その未開の北部での大油田発見の発表によって、3月26日に興奮状態に入った。英国の石油会社トゥロー(Tullow)は今、トゥルカナ地域と国境をまたいだエチオピア側の産出見込みを英国の北海の富鉱帯と比較する。水上の探査地区の望みもある、より多くの油井が今ケニア中で掘られるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

塊からラガーへ - アフリカのビール

4月
07

大陸の渇きをいやす競争

統計はめったにアフリカには当てはまらない。ビール消費を見てみる。平均的なアフリカ人は商業的に生産されたビールを年にたった8リットルしか飲ん でいない。平均的なアメリカ人にがぶ飲みされる70リットルかそこらに比べれば、アフリカ人は白けたやつらの群れのように聞こえるかもしれない。しかしそ うではない。

アフリカ人は、ソルガム、キビ、そして多かれ少なかれ何かしら発酵性のものから作った自家製の酒をかなりの量ごくごく飲んでいる。ロンドンに上場しているビールメーカーのSABミラーによる調査では、量で測ると、アフリカの自家醸造市場は公式の市場の4倍の規模だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

モザンビーク を購読