タタ

パンをスライスすること以来の最高のこと - 新興市場企業

2月
06

巨大な新興市場企業があちこちで前進し続けている

グルーポ・ビンボーが「北」で再びうろついている。2009年に、そのメキシコの大手製パンはウエストン・フードの一部を23億ドルで買い、合衆国最大の製パン業者になった。2年後、それはサラ・リーのアメリカの製パン業を9.6億ドルで買った。先月、それは、かつて偶像的で今では破産した会社のホステス・ブレッドのパン事業がその営業を終えたので、そのもっともおいしい部分についての戦いに参入していた。

ビンボーはその拡大に買い物客の目以上のものをもたらした。それはパン関連の突破の名人だ。それはスペイン人にスライスパンを紹介するのを助け、透明セロファンでのパン包装を開拓した。それはまた効率性と兵站の名人でもある。テディ・ベアのロゴをつけたビンボーのローリーは、メキシコと中央アメリカで見慣れた光景だ。精通した取引締結と容赦ない費用圧縮は、ビンボーを焼いたものの巨人にし、2011年には108億ドルの売上を上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

グーグルを探して - 貧しい国々の小さな会社

11月
06

事業の精神は教わることができるのか?

アマゾン、アップル、グーグルといった会社を思い起こす、ガレージから生まれた世界トップクラスの会社は、西洋で尊敬される。発展途上国は彼ら自身の一つか二つの例を自慢できる。インドのタタや韓国のサムスンは小さな商社から始まった。タイの農業事業会社チャルーン・ポーカパン・グループは種屋から始まった。しかし、これらは例外だ。貧しい国々の小さな事業の大多数はほとんど大きく強くなれない。世界銀行の新しい世界開発報告は、貧しい国々の新興企業が次のグーグルになるのを助けるために何ができるかを見つめている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

追い上げている - アフリカのインド人

5月
30

長い間国際問題に及び腰だったインドが、波を起こしはじめている。

その象のような重さにもかかわらず、インドは長い間鼠のような外交的な影響しか示してこなかった。歴史的に、その外交は国内の貧困、特にパキスタンや中国と言った隣人との緊張関係、冷戦下でどちらかに肩入れするこのへの恐れといったことに制限されていた。今日でも、その外交力は非常に人員不足で、ニュージーランドやシンガポールの方がより多くの外交官をもっている。今、インドは注目を集めるよう努力している。

時は来た。インドの成長する経済と人口は自国で簡単に生産できるよりはるかに多くのエネルギーを必要とし、そのためには目を遠く離れた地平に向けなければならない。すでに世界で4番目の石油消費国だが、15年以内にほとんどすべての石油を輸入するようになる。インドは供給先を中東以外に多様化し始めている。ますますインドは供給を中央アジアやアフリカから期待している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
タタ を購読