エンブラエル

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東に目を向けて - アフリカの飛行機会社

6月
22
アフリカを飛ぶのは簡単になっている
 
エアジンバブエを経営するのは簡単ではない。ロバート・ムガベ大統領がどこかに行きたいと思った時、彼は単にそのジェット機の一つから乗客を蹴り落とし、そして乗り込む。これは顧客関係や利益のためにはならない。先月、その飛行機会社は国際航空運送協会(IATA)の予約システムへの接続を、債務不払いによって一時停止された。しかし他のアフリカ地域では、空はかつてないほど混雑しており、飛行機会社はより効率的になっている。良いアフリカの飛行機会社は旧宗主国の巨人、ブリティッシュ・エアウェイズやエール・フランスと競争できる。新航路が毎月開かれている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
エンブラエル を購読