ペプシコ

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアの革新 - つましい考えが東から西に広がっている

4月
07
世界で最も安い車のタタナノは2009年に最初の1台が生産ラインから出てくる前に象徴になった。インドで最もあがめられているコングロマリットであるタタグループは、革命を具現化することによって強力に売り込んだ。つましい革新は、2,000ドルの車が単なる予兆でしかない消費財を、普通のインド人や中国人の手の届くものにするだろう。アジアの技術者たちは西洋の製品からすべての不必要な装飾をはがすことによって作り変えるだろう。その費用削減はとても大きいので、つましい考えは世界を征服するだろう。かつてトヨタが日本の時代を布告したように、タタはインドの到来を布告するだろう。
 
悲しいことに、その奇跡の車は最初から問題に付きまとわれた。抵抗する農民は、一つの州からタタ自動車の生産をほかに移すことを強いた。初期の売上は火をつけるのに失敗したが、いくつかの車は、文字通りそうなった。地元の顧客はトラックから乗用車に移るという欲望をほとんど示さなかった。ナノが誇大宣伝にこたえるのに失敗したことは、より大きな問題を提起する。つましい革新は売り込まれすぎたのか?西側の会社はリラックスできるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ペプシコ を購読