モルガン・スタンレー

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

避けられない中間業者 - 旅行事業

9月
16

旅行事業のほかのだれもが飛行機から離れて金を稼いでいる。飛行機会社は反撃しようとしている

飛行機は利益の素晴らしい生成者だ―彼ら自身を除いては。よい時ですらも、彼らの利益は搭乗券のように薄く、近年、彼らはよりしばしばお金を失っている。過去40年間にわたって平均すると、世界の飛行機会社の利益率を一緒にすると、わずか0.1%だ。対照的に、飛行機製造業者、旅行代理店、空港、仕出し屋、そして維持管理会社といった、飛行機会社に依存しているほかの部分の旅行事業はとてもよくやっている。

旅行事業の中で最もおいしい利益率の中には、コンピューター予約サーヴィスを飾りたてた名前である「世界的流通制度(GDSs)」によって享受されているものもある。これらはもともと大きな飛行機会社のいくつかがその便を旅行代理店を通して流通するために作りだしたが、以来独立会社になっている。物理的もしくはオンラインの旅行代理人を通して予約されたほとんどの便は、GDSをとおし、それは旅行会社に往復で約12ドルの料金を課し、そのうちの数ドルを旅行代理人に渡す。飛行機会社の圧力団体であるテイク・トラヴェル・フォワードによれば、世界の飛行機会社は、今年30億ドルと予想される彼らの純利益の倍以上の年に70億ドルをGDS料金として払っているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富をセメントで固める - アフリカでもっとも豊かな男

7月
08
コンクリートの王がナイジェリアを超えた野望を持っている
 
ナイジェリアの商業首都ラゴスの混雑したラウンドアバウトにある灰色の建物の中で、アリコ・ダンゴートは、セメントや砂糖からパスタや祈りのマットまで、すべてのものの取引をしている。彼の昇進は、石油の樋から富をなすナイジェリアの大金持ちの普通の道は通らなかった。10年前、彼は幾つかの破たんした国有事業を買収し、それらを利益が出るようにした。彼の批判者は、彼が政治家とあまりに打ち解けており、彼のある部門での支配は経済に害を与えているという。しかし、彼の工場建設とアフリカの輸入依存を減らした実績は否定できない。「私は世界で最も成功したビジネスマンになりたい。」彼は語る。
 
55歳の彼は、アフリカでもっとも豊かな男として、フォーブス誌の最新の億万長者一覧の76位につけている。彼は、北の町カノの裕福なムスリム家庭に生まれた。先祖はコーラナッツを取引し、若いアリコがカイロで勉強する金を出し、そして1977年に彼の最初の会社で大陸的な複合企業になった商品貿易会社に資金を出した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

塊からラガーへ - アフリカのビール

4月
07

大陸の渇きをいやす競争

統計はめったにアフリカには当てはまらない。ビール消費を見てみる。平均的なアフリカ人は商業的に生産されたビールを年にたった8リットルしか飲ん でいない。平均的なアメリカ人にがぶ飲みされる70リットルかそこらに比べれば、アフリカ人は白けたやつらの群れのように聞こえるかもしれない。しかしそ うではない。

アフリカ人は、ソルガム、キビ、そして多かれ少なかれ何かしら発酵性のものから作った自家製の酒をかなりの量ごくごく飲んでいる。ロンドンに上場しているビールメーカーのSABミラーによる調査では、量で測ると、アフリカの自家醸造市場は公式の市場の4倍の規模だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

相変わらずなのか? - 量的緩和

2月
17
イングランド銀行の金融緩和はより広くできたかも知れず、それはかなり必要とされるかも知れない
 
3年前、歴史上最も低い水準に金利を下げていたイングランド銀行は、経済を刺激するための新しい非伝統的なツールを動かした。それは、量的緩和、もしくはQEとして知られる政策で、新しく作り出した現金で政府債務を買うというものだ。9,400億ポンド(1.5兆ドル)の政府債務残高の30%を超える所有者で、その銀行は今では大口の市場参加者になっている。それはさらに大きくなろうとしている。2月9日にその銀行の金融政策委員会は、今後3ヶ月間にわたって500億ドルの新規購入を承認した。しかし、この戦略は機能しているのか?
 
新たな買い手による需要の上昇は、どの市場においても価格を押し上げる。実は、これがその銀行の狙いだ。その現在の国債購入は、毎月50億ポンドの新発国債の供給を超えている。これは国債価格を上昇させ、利回りを下げ、その投資としての魅力を減退させる。それは、投資家が銀行から受け取る現金と結びついて、社債や株式のようなよりよい利回りを提供する資産に投資家を後押しする。それは、ひいては、事業の金融費用を下げ、投資を押し上げて当然だ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

静かにそれをする - 日本の銀行

2月
13

日本のアメリカ投資の次の波は前とは違う

1980年代と90年代の間の日本のアメリカへの投資の第1ラウンドは、とても感情的になったことで有名だ。ゴルフコース、投資会社、そしてニューヨークのロックフェラーセンターの大部分を含む、一流とみなされた資産を買うのに異常な価格が支払われた。売り手は喜び、大衆は嫌悪感を抱いた。本当の犠牲者は巨額の損失を抱えた日本の買い手自身だった。

すべての取引が失敗に終わったわけではなかった。特に、住友銀行がゴールドマンサックスの少数株主になったことは、最初は日本において困惑を持って受け止められたが(住友はその株を金の蛇口というよりもむしろ提携関係だと考えていた)、よい収益をもたらすものだと判明した。控えめな態度、少数株主、金融への焦点といったそのやり方の教訓は、日本の投資の次の波を特徴づけるかもしれない。

西側の銀行は、新しい規制に合わせるために自己資本の調達に迫られている。ほかの金融資産は危機後の再構築の一部として売られている。日本の銀行は比較的健全で、高い自己資本比率を持ち、日本で成長する能力について深く懐疑的だ。それは再び彼らを外に向けさせ、しかもアジアの裏庭だけにとどまらない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らの装置を残した - 医療技術

9月
15

メドトロニックとアメリカの医療技術産業の苦悩

スキャンダル、リコール、けちな顧客、不安にさせる規制者たち。このうちのどれひとつとっても執行責任者に傷を与える。アメリカの医療産業はこの全てに悩まされている。世界最大の医療技術会社のメドトロニックの新しい社長のオマール・イシュラックは、最近、問題を簡潔にアナリストに評した。「我々の前にはたくさんの仕事がある。」

これはその産業にとって比較的新しい病気だ。1998年から2005年の間に、除細動器や薬剤溶出ステントといった装置の利用は、急速に拡大した。「この国では、埋め込みの時代だった。」モルガン・スタンレーのデヴィッド・ルイスは「みんなに物を突っ込む」会社について説明した。多くが変わった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モルガン・スタンレー を購読