MTN

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より危険な方向への安定したあゆみ - 南アフリカの通信

11月
15

外国に乗り出す携帯電話会社

ヨハネスブルグ証券取引所に上場するMTNが2001年にナイジェリアでの営業を立ち上げていると発表した時、南アフリカのアナリストの中には仰天するものもいた。

母国市場で強くて急成長する事業を持つ通信事業者が、多くの人によって世界で最もリスクの高い投資先の一つだと認められているところへ、なぜ乗り出すのだろう?

10年がたち、MTNはこれらの初期の懐疑がひどく間違っていることを証明している。

現在、MTNナイジェリアは、4,300万人以上の顧客を持ち、はるかにその携帯電話グループの最も利益の上がる営業子会社だ。それは、2012年6月終わりまでの利子・税・減価償却・資産償却を引く前の利益率が60.5%だ。

それは、その南アフリカでの利益率35.4%のほぼ倍だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

警告とともにみられたヨハネスブルグ証券取引所の計画 - 南アフリカの証券取引所

11月
15

果たされていないがくじけもしない野望

ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、その大陸ではるかに最も大きく、最も流動性があり、もっともよく規制された市場として目立っており、近年それは、国境を越えて到達するためにその地位を使おうとしている。

しかしその野心は、今のところ、ほかの南アフリカの組織のようにそれがその国の支配力、国益、そして仲間のアフリカ市場の低開発の性質についての恐れに直面しているので、かなりが満たされていない。

2009年に、JSEは、その大陸中から上場企業を呼び集め、国際的投資家のアフリカへの関心を生かすための試みとして、「アフリカ・ボード」を設立した。

しかし、それは、ナミビアのトラストコとボツワナのワイルダーネス・サファリスという、どちらもその後そのアフリカのボードからJSEの本体に変わった、たった二つの会社しか惹きつけなかった。

JSEの社長ニッキー・ニュートン=キングは、アフリカ・ボードが「調整しそこなって」いると語り、「我々は、その大陸でやろうとしていることに関して、我々が好んだだろう物ほど成功していない」と認める。

アフリカ・ボードは、その大陸からのほかの会社がJSE本体に直接上場することから効果的に締め出している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
MTN を購読