ショップライト

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

11月
12

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ショップライト を購読