ピーターソン国際経済研究所

ドーハよさようなら、こんにちはバリ - 貿易

9月
26

ドーハでの貿易交渉は終わった。それらを「世界的回復ラウンド」と呼ばれる素早い新たな取引に置き換えろ

貿易と成長は手を取り合って進む。2008年に経済危機が最初に襲った時、世界の貿易と成長は一緒に崩壊した。2009年にどちらも回復し、再びどちらもが滑った今年までかなり良くやった。関税と官僚主義を削減することは、貿易を押し上げ、弱まる回復を支えただろう。これは、失敗したドーハ貿易交渉を、多国間交渉をする新たな努力に置き換えようとする努力に拍車をかけて当然だ。

2001年に世界貿易機関(WTO)によってはじめられたドーハ・ラウンドの狙いは、あっぱれだった。それは、貧しい国の農民たちの豊かな国の市場への接続を改善することに特別な優先順位を置くことによって、慎重に貧しい国々を最初に置いた。それは、製造物、農業、サーヴィスの貿易だけではなく、より貿易に間接的にかかわったもの(例えば、反トラスト、知的財産権、そして海外投資ルール)をも取り上げることによって、野心的だった。シンクタンクのピーターソン研究所によれば、潜在的な利益は、年に約2,800億ドルだったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワシントンの制約

1月
24
経済学者はたくさんの考えを持っている。変化を生むためには、彼らは政治的に実現可能になるべきだ
 
米国経済学会(AEA)の年次総会は、大きな騒々しい分析会議のように機能している。世界経済は担架の上に載せられ、突き刺され、たくさんの条件に傷ついていると宣言された。しかし、経済学者は医者ではないという自覚は、その職業に入り込むことをゆっくりにさせている。医者は(間違ったものだとしても)治療法を提案し、それが行われることにかなり自信を持っているかもしれない。経済学者はそうではない。ユーロ圏の危機はひどい事例だ。問題を解決する考えはたくさんある。しかし、最善の政策は、不安定で不可解なヨーロッパ政治のために、決して日の目を見ることがないかもしれない。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

天朝経済

9月
18

2030年までに、中国経済は英国の1870年代やアメリカの1970年代と同じくらいに大きく現れるだろう

それは恐らく、その終結がしばしば予言されてきたアメリカの経済大国としての弾力性を測るものとなる。1956年に、ロシア人たちは礼儀正しく西側に「歴史は我々の側にある。我々はあなた方を葬り去るだろう。」と通知した。1980年代には、かわりに歴史は日本と共にあるように見えた。今では、それは中国にあるようだ。

これらの予言は、バラク・オバマ大統領の元経済顧問のラリー・サマーズによれば、「自己否定」だ。幾らかはアメリカが彼らを受け入れたためにそれは実現せず、そして彼らに挑むよう駆り立てたためだ。「我々が未来について心配する限り、未来はより良くなる。」彼はホワイトハウスを去る直前に述べた。彼の演説はピーターソン国際経済研究所のアーヴィンド・サブラマニアンにより、新著「エクリプス」で引用された。サブラマニアン氏は、中国の経済的強さは、人々が考えるよりも早くアメリカのそれを陰らせると論ずる。彼は、彼の予言が自己否定的であることを否定する。アメリカがその警告に注意を払っても、それについてできることはほとんど全くない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな抑圧

6月
25

戦後の政府は預金者の選択肢を制限することによって債務を減らした。それは今では難しい

経済危機によって残された多くの喜ばしくない遺産のうちで政府債務の山は減らすのが難しいと証明されたかもしれない。豊かな世界の至る所で、債務レヴェルがGDPの90%に達することは今では普通だ。債務超過の国々は羨ましくないメニューの選択肢に直面している。困難からの脱出は、経済が縮小するときには難しいと証明される。緊縮は、2番目で望ましくない選択だが、簡単に回復を抑える。債務不履行は最後の手段のように見える。政治家たちはより簡単な方法を探している。

別のモデルもある。第2次世界大戦後に多くの国々は厄介な債務不履行や痛みを伴う緊縮なしに債務を素早く減らした。例えば、英国は1945年にGDPの216%あった債務を10年後に136%に減らした。対照的に、5年後の2016年までに、その厳しい緊縮政策にもかかわらず、英国の債務はそのGDP比でたった3ポイントしか下がらないと予測されている。なぜ戦争直後にはそんなに簡単に債務を減らすことができたのだろう?

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ピーターソン国際経済研究所 を購読