ヨーゼフ・シュンペーター

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スティーヴン・コヴィー、安らかに眠れ

8月
01

「7つの習慣」の著者の遺産

数年前、本コラムの著者が、スティーヴン・コヴィーが野心的な幹部や公務員にいかにしてより効率的になるかを教えていたユタ州のコヴィー・リーダーシップ・センターを訪問した。

彼らはベルリンの壁崩壊の映像を見る。彼らは、プラトン、孔子、そしてベン・フランクリンといったたぐいの本である「知恵の文学」を読む。彼らは、彼らの会社がピーク業績を得ることから、そして彼らの個人的関係が滑らかに行くことから妨げている問題を議論する。彼らはいかにしてその時間を節約するかを学び、コヴィーのパテントの個人的電子機器を使って優先順位を並べる。彼らは(近くの)山を登り、様々なたくらまれた災難からお互い助け合う。とりわけ、これはアメリカでこれらは「高い潜在力を持った個人」だから、彼らはたたき壊し、泣くのだ。

7月16日に亡くなったスティーヴン・コヴィーは、これまで最も成功した経営学者の一人だった。「7つの習慣」は、2,000万部以上を売っている。3つの彼のほかの本は、少なくともそれぞれ100万部売っている。彼の(今ではフランクリンコヴィーと呼ばれる会社の一部である)コヴィー・リーダーシップ・センターは、フォーチュン500の会社の3/4を顧客として持っていると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かなり利益の上がるオウム

5月
25
ビジネスにとって、模倣に長けることは、少なくとも革新的になることと同じくらい重要だ
 
下着小売りのヴィクトリアズ・シークレットの所有者レス・ウェックスナーは、毎年、採用すべきほかの会社の考えを探して、世界中を旅するために1か月の休暇を取る。彼の衣料グループのリミテッド・ブランズは航空会社から消費財製造業者まで、合法の霊感を求める。ウェックスナー氏の哲学は、ビジネスは模倣を賛美すべきだ、というものだ。
 
それはほとんど異端だ。政治家や数えきれない授賞式が、経済成長における革新の役割を激賞する。ビジネスは革新するか死ぬかのどちらかだといわれる。模倣者は悪い奴の役割を与えられる。「最初の会社は、最も高い頻度でそして最も望ましい市場で生産する機会を持つ。」2009年のジュリア・ロバーツ主演の企業ホラーの「デュプリシティ」でバーケット&ランドルの社長が宣言する。その会社は仮定の発毛剤をまねしようとする悪のライヴァルに対して正当に勝利を得る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈滞期、新興企業

1月
11
起業家や経営者への景気後退の影響はとても大きい
 
経済沈滞期に設立された有名企業の一覧は長く多様だ。その中には、GM、AT&T、ディズニー、MTVなど、すべて景気後退期に設立された企業が含まれる。2009年のある研究によると、フォーチュン500の会社の半分以上は下降期か弱気の市場の時期に始まったという。景気後退は、会社を始めるのに、全体として悪いときではないのかも知れないようだ。実は、不景気(と好況)は、普通認識されているよりも、事業の展望に長い陰をもたらす。それはビジネス形成率といかに既存の会社が経営されるかの両方に影響するからだ。
 
景気後退は、ヨーゼフ・シュンペーターが呼ぶところの「創造的破壊」である生産的な経済撹拌の過程を加速すると論ずる者もいる。破壊の部分は簡単に見ることが出来る。下降は、墓標として大通りの窓を板張りにして、事業を殺す。しかし、景気後退はまた、新事業の創造をせき立てる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きくて賢い

12月
31

なぜ大企業はしばしば小さな企業よりも革新的なのか

酒飲みは大きくも賢くもない、という人がいる。英国のコミックのVizは、ある読者からの手紙でその討論を解決した。彼は、「私は毎日15パインツを飲み、6フィート3インチの身長で、理論物理学の教授だ。」と言ったのだ。しかしながら、大きさと賢さについての別の問題はまだ解決されていない。大企業が革新の最もよい触媒なのか、それとも小さな会社の方がよいのか?

このコラムがその名にちなんでいるヨーゼフ・シュンペーターはその両面について論じた。1909年に彼は小さな会社の方が革新的だと語った。1942年には彼は考えを変えた。大企業の方が新製品に投資するインセンティヴをより多く持っていると決めたのだ。なぜなら大企業はより多くの人々に新製品を売ることができ、より多くの報酬をより早く手に入れることができるからだ。競争的な市場では、発明はすぐにまねされるので、小さな発明家の投資はしばしば元を取れない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ヨーゼフ・シュンペーター を購読