チャールズ・ダーウィン

根を置いている - ロボット植物

10月
05

どの植物が地下に到達するかのロボットモデル

庭、牧草地、または森林を見るとき、ほとんどどの植物も半分が地下にあるということを人々はしばしば忘れる。茎、葉、そして花はかわいらしい。しかし、植物の根は、醜く目には見えないけれども、たぶん彼らのもっとも巧妙な部分だ。それらは、育っている土壌の物理的特性と化学的構成についての情報を集め、それをどちらの方向に育ち続けるのかを決めるために使う。それらは、ミミズ、モグラ、そして人造のドリルが費やすエネルギーのほんの一部を使って、地面を貫通することができる。植物の根は、それ故に、地下探検のために知られるもっとも効率的な仕組みだ。

しかし、たぶん、もうそれほど長いことではない。ポンテデーラのイタリア技術研究所のバーバラ・マッツォライに率いられた、プラントイド計画について働く研究者たちは、よりよくはないとしても、本物と同じくらい良いロボットの植物の根を開発したいと思っている。そうする中で、彼らはいかに実際の根が機能するか理解し、土壌汚染を監視し鉱物を捜し水を探すかもしれない機会を案出しようとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い(蜂の)行動 - 昆虫学

6月
16

無法者クマバチの奇妙な事例

ほとんどの人々にとって、クマバチはミツバチの厳格な決断力もスズメバチの悪意ある意図も持たずに庭や草地を飛び回る、魅力的で少し馬鹿げた生き物だ。けれども、もし植物だったなら、物事は少し異なって見える。花を咲かせる植物の見方では、多くのクマバチは泥棒以外の何物でもないからだ。彼らは蜜を奪い、替わりに何も与えないのだ。

銀行強盗が金庫への道を切り開くかもしれないように、クマバチが花の横に穴をあける蜜強盗は、チャールズ・ダーウィンによって発見された。この技術は、蜂に、その形が狭い管を通り抜けることができる長い舌を持った昆虫によって授粉されやすくなるよう進化した花の蜜に到達させる。

クマバチの中には、そのような舌を持っているものがいる。しかし、持っていないものもいる。しかしながら、短い舌の蜂は、これらの花の内部の蜜のたまものを拒否しようとしない。だから穴をあけるのだ。けれども、このように押し入ることによって、クマバチは花を咲かせる植物と昆虫との間の1億年の協定を破棄する。植物が昆虫にえさを与える替わりに、昆虫が植物に授粉するというものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
チャールズ・ダーウィン を購読