セネガル

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ビーチラッシュ - サーフ経済

3月
22

サーファーたちは人混みを嫌い、より多くの波を必要とする。アフリカにはよいニュースだ

ウェールズのガウワー半島近くの海水温は3月10-11日には6度まで下がるが、Llangennithで3マイルに渡って広がっているところでは、週末サーファーが次の波を待っているので、ネオプレンのバラクラヴァ帽が点在している。真剣なサーファーにとって、寒さは恩恵だ。それは、夏ならば人気のあるビーチを騒がしくする人混みを追い払うからだ。

サーファーの数は世界で2001-2011の間に2,600万から3,500万に増え、急速に成長している。波への需要の増加は、より多くの波が見つからなければ、混雑はますますひどくなるということだ。「サーフィンはゴルフのようなものではない。」Llangennithのサーフィンの大物で元ヨーロッパチャンピオンのピート・ジョーンズは説明する。「ゴルフコースはもっと作ることができるが、より多くの波を作ることはできない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2期務めた後に、おそらくあなたはやめるだろう - セネガルの選挙

2月
09
西アフリカの民主主義の指針はその名声を失う
 
2月26日の大統領選挙の準備のためにセネガルの公共広場に有権者が集まったが、彼らは候補者たちの選挙演説を聞いていなかった。代わりに怒れる若者たちが機動警察の前でタイヤを燃やしている。彼らは、どのように催涙ガスに対処するか説明するフェイスブックのメッセージや、少なくとも5人の以前の抵抗で殺された人々の写真に勇気づけられてやってきた。
 
その暴動は、憲法裁判所が、12年間支配してきた現職大統領のアブドゥライェ・ワデが次の選挙に立候補できると宣言した1月27日に始まった。彼は2期目を終えようとしているが、裁判所は3選禁止を決めた憲法の条項が2000年に彼が最初の選挙に勝った後に施行されたので、彼には適用されないと裁定した。その規定の変更はワデ氏自身によって憲法に書き込まれた。彼の前任者のアブドゥ・ディオフはほぼ20年権力の座にあった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

帰国世代 - アフリカ経済

8月
16
フロンティア経済の急成長にひかれて、アフリカの俊英たちが西洋を去り、ビジネスが沸き立つ本国に帰っている
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

暴動へのレシピ - アフリカでの食料

5月
30

物価の上昇は大混乱の原因になりうる

サブサハラアフリカの町に住む人々は、世界のほぼどんな所に住む人よりもその収入の大きな部分を食料に費やす。労働者はしばしば賃金の半分以上をただ食べるために使いきってしまう。そして、アフリカ人はほんのわずかな主要産品に頼る傾向にあるので、穀物価格の上昇は人を参らせてしまう。食料に多くの金を費やすということは、学校や衛生や健康に少ししか使えないことを意味する。それはまた、より多くの少女が売春を強要され、より多くの暴力的な犯罪を意味するかもしれない。

いくつかのアフリカの市場では、今年、メイズと小麦の価格は30%上がった。政治的緊張も例外なく高まった。ブルキナファソ、モザンビーク、セネガル、そしてルワンダでは、食料がらみのデモと暴動が起こった。物価の上昇はシエラレオネを混沌状態に戻し、コートジボワールを瀬戸際に追い込み続けると心配する人々もいる。それはまた、国連の世界食料計画のような飢餓者の為の食料供給者をひどい資金不足に追い込む。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

セネガル を購読