コートジボワール

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

粗い辺境の王 - アフリカの債券市場

3月
31

利回りの追求は投資家たちを異国的な領域に連れて行っている

合衆国財務省証券のつまらない利回り以上のものを求める投資家は、(アメリカ以外で発行されたドル債券が知られているときに)コートジボワールのユーロ債を考えるかもしれない。それは、コートジボワールが10年前にデフォルトしたときの債券への補償として2010年に発行された。これらの債券は、ひいては元アメリカ財務長官のニコラス・ブレイディの発明で、貧困国の債務負担を救うために設計されたブレイディ債券だった。

コートジボワールのユーロ債は、それ故に、2度嫌われている債務の残りなのだ。その債券は2032年まで満期が来ない。その発行国が内戦に巻き込まれたのはそんなに昔ではない。だが、それほどにも緊急なのは、2012年の初め以来その利回りが7%に半減した先進国政府国債の代替への欲求なのだ。退職者により多くの金利を支払う債券追求は、単にあらわれている過去の市場である先進諸国を越えて、報償そしてリスクがより大きな「辺境市場」まで、主流派年金基金でとられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少年から大人へ - サッカーアフリカ選手権

2月
26

最高に追いつくのは、経済よりもサッカーでは簡単だ

ルステンブルクのロイヤル・バフォケン競技場には4.4万人の観衆を収容できるが、キックオフ時にはやっと1/4が埋まっていただけだ。メインスタンドの最前列の角は、現在南アフリカで行われている第29回サッカーアフリカ選手権(Afcon)の優勝候補の一つ、コートジボワールのオレンジをまとったサポーターで満たされている。1月25日の彼らの対戦相手は、太鼓を打ち鳴らす騒がしいファンに応援されたチュニジアだった。グラウンドに散らばっていたのはホスト国南アフリカのチーム、バファナ・バファナ(少年たち)の黄色いシャツを着たサポーターだった。地元の人たちは3-0で勝ったゴールのうち2つが試合の終わりごろに入ったコートジボワールを応援した。それまでに、その競技場は半入りに近づいた。

南アフリカの商業首都ヨハネスブルクの北西にあるルステンブルクは、ゴールポストを融かすには十分なほど暑かった。1週間前にホスト国が小さなカーボ・ヴェルデにスコアレスドローを喫した時、その大会は雨降る夕べにずぶぬれになって始まった。バファナ・バファナの不発は、すでに注意を惹くのに苦労していたその大会の前兆を示した。しかし、アンゴラに勝ち、モロッコと引き分けて南アフリカが決勝トーナメントに進出すると、国の鼓動は少し速くなり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

2月
25

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自殺点 - サッカー

2月
24

二人の外国人スターが去り、中国サッカーを出発点に戻している

上海の新聞はそれをうまくまとめた。「我々は夢を見、それはかなった。今、我々は目覚めている。」問題の夢は地元のサッカーチームの上海申花にフランス人のニコラ・アネルカとコートジボワール人のディディエ・ドログバという二人の世界的サッカー選手の到着したことだった。今、ドログバ氏はたった6か月後に申花を去りトルコのガラタサライに向かい、アネルカ氏は1年を少し超えたところでイタリアのユヴェントスに加わっている。

多くの中国人にとって、彼らが短期間しか滞在しなかったことがその国のサッカーの問題のすべてを要約している。アネルカ氏は、ある中国の新聞が「414日間の茶番」と表現した期間中、しばしばそのあだ名「不機嫌」にふさわしい行動をした。彼がやって来て数か月以内に、上海申花は最初にそのコーチングスタッフを、それからマネージャーをくびにし、それからアネルカ氏に伺いを立てることなく新たな監督を連れてくるまで彼を選手兼監督に任命した。ドログバ氏がやって来てから状況は少し改善し、彼の11試合での8ゴールは申花の2部落ちを避ける役に立った。しかしそれからそのクラブの所有者でオンラインゲームの大物朱駿はほかの経営陣と仲たがいし、賃金未払いの報道と選手の練習ボイコットの中で、やめると脅した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

コートジボワール を購読