イェール大学

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生きることの費用 - インドのAIDS

8月
25

インドの全大人にHIVテストをすることは、生命と金のどちらも節約するだろう

命を持っているものにとって、それは値の付かないものだ。けれども、政策立案者はより現実的なやり方をしなければならない。それは特に、もし不公平だとしても、世界のより貧しい部分に当てはまる。当局が、公共の財布への他の要求とその価値が比較できるように、保健計画の費用効果を理解するのは重要だ。

これにいかに取り組むかは、公共科学図書館誌に掲載された、ブラウン大学のカーティク・ヴェンカテシュとイェールのジェシカ・ベッカーによる論文によって例証される。

ヴェンカテシュ博士とベッカー博士は、インド政府が、定期的にその国の人々にAIDSの原因となるウイルスのHIVの検査を、知らないうちにそれに感染した人を治療するために、することが良い考えかどうかを自身に尋ねた。短い答えは、できるのならばした方がよいだろう、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

作業場の英雄 - アメリカと第二次世界大戦

4月
01

書評 「勝利の技術者:第二次世界大戦の潮目を変えた問題解決者たち」 ポール・ケネディ

Engineers of Victory: The Problem Solvers who Turned the Tide in the Second World War  By Paul Kennedy

第二次世界大戦から70年近くが経過し、ほとんどの戦争参加者が今亡くなり、指導的な歴史家は今ドイツ国防軍を賞賛できる。もちろん、その悪い人種主義ではなく、その軍事的あっぱれさだ。戦場で、ドイツ軍の兵士たちは、「どの前線においても攻撃に迅速にそして厳しく反応する能力」について普遍的な尊敬を勝ち得た、とイェール大学のポール・ケネディは書く。彼の誇張表現は流れ続ける。ドイツ国防軍は回復し反撃する信じられないほどの能力を持っていた。ドイツの落下傘部隊は超有能だった。第3帝国は驚くべき粘り強さで戦った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学費用の惨禍 - 高等教育

8月
18

多くのアメリカの大学が財務的な困難にある

葉の茂った通りとゴシック調の建物で、シカゴ大学は落ち着きのあるきちっとした種類の場所のように見える。その建設費用を出したジョンD.ロックフェラーは、「私が行った中で最善の投資だ。」と語った。しかし、シカゴやほかの非営利のアメリカの大学は、まるでハイテク新興企業であるかのように、債務を積み上げている。

アメリカの非営利の大学の長期債務は、年間に12%伸びている、とコンサルタント会社のベイン&カンパニーとプライヴェートエクイティ会社のステアリング・パートナーズは推計する。1,692の総合、単科大学の2006-10年の間の貸借対照表とキャッシュフロー計算書を調べた新たな報告は、1/3が数年前よりもかなり悪くなっていることを見つけた。

高等教育の危機は、何年間も吹き荒れている。大学は、ロックフェラーが勘定を払うだろうと考えるバーにいる学生のように、支出してきた。過去2年間で、シカゴ大学は、(本がロボットにより賢く回収される)素晴らしい新たな図書館、新しいアートセンター、そして10階建ての病院の建物を建設した。それはまた、北京に新しいキャンパスを開いた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小口貸出はより大きく考えている

2月
21

この1千億ドル産業は重要な流れを開発したが、新しいやり方がそのビジネスモデルを作り直している

最近、ヤニック・メジーユは、ハイチの新しい女性相としてのきつい仕事と、6人の従業員が2年前の破壊的な地震によって荒廃した街に物を売っている彼女の卸売業との間に突進している。土曜日に、メジーユはポルトープランスのてんやわんやの市場で、荷物、学用品、そしてたくさんのほかの商品の活発な取引をして、仕事を監督する。「地震の後で事態は本当に悪い。」彼女は語る。「しかし、私はかつていたところに幾分戻ってきたと言おう。」

依然として復興に苦労している国で、メジーユは傑出した人物だ。しかし、それは簡単に別の方向に行ったかもしれない。約8.5万人の人々を殺し、百万人をホームレスにしたハイチの地震が2010年の1月に襲った時、メジーユがそのほとんどの商品をためていた倉庫は破壊された。彼女の家族を支える方法はほとんどなく、メジーユは政府高官と援助機関に彼女の事業を補充するために助けてくれるよう訴え、それには何か月もかかるといわれた。だから彼女は、たとえその融資が典型的には彼女が必要としているもののほんの一部である約100ドルだったとしても、ハイチ最大のマイクロファイナンス機関であるフォンコゼに向かった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学の挑戦

12月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
イェール大学 を購読