シエラレオネ

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗闇の芸術 - コンゴの国連

8月
21

ほとんど顧みられないが、国連はその最初の戦争を戦おうとしている。それはやる価値のある賭けだ

アフリカの経済は徐々に上昇しているが、コンゴ民主共和国では、多くにとっての生活はこれまでと同じくらい悪い。武装した男たちが罰を受けずに強姦略奪をする。反乱集団は、鉱物資源と農業潜在力の豊かな広大な土地を恐怖で満たしている。結果として何百万人もが亡くなっている。そして、何年にもわたって、外部世界は肩をすくめる以上のことはほとんどしていない。その主要な努力である14年目になる国連の平和維持活動は、遠く離れたところで殺人的な無秩序にもぐりこむ前に、隣のルワンダでのジェノサイドによって発火した民族紛争として始まった「アフリカの世界戦争」を終わらせるのに失敗している。

今、事態は変わっている。ルワンダ政府は最近までコンゴの反乱軍を支援していたが、その残酷さと国際的な怒りに辱められて、その支援をやめた。それは、無駄にするには惜しい機会を贈るので、国連の安全保障理事会は、少なくとも反乱軍のいくらかと戦うために3,000の軍隊を展開して、新たな政策を試している。国連の記章をつけた南アフリカ、タンザニア、そしてマラウィからの兵士たちは、コンゴ東部で大混乱をまき散らしている非正規軍を引き受けるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

難しい場所を好む起業家 - ベニー・シュタインメッツ

11月
04

ベニー・シュタインメッツは、天然資源の豊富な見通しのある辺境市場へ踏み込むという評判を持つ数少ない鉱業起業家の一人だ

今年の初め、シュタインメッツ氏は、ナイジェリアの陸上石油と発電部門が新たな投資に開放されるので、そのグループは何十億ドルもそこに投資する計画をしている、と本誌に語った。

「誰もが今電力部門に投資するためにナイジェリアに行くことができるが、知っているかい、彼らは終わっているのだ。そこにはストライキがあり、内戦の話、そして汚職がある。しかし、我々は難しい場所に投資する。(ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーシズは)積極的なやり方でこれらの機会を追い求める。それを実地でやらなければならないのだ。」

天然資源子会社を含むベニー・シュタインメッツ・グループ〈BSG〉は、その会社によれば、過去3年間のそれぞれで35億ドル以上の収入を持つ民間所有のコングロマリットだ。だが、シュタインメッツ氏は低い地位を保っている。彼は、その受益者がシュタインメッツ家である財団を構成するそのグループの子会社の非役員の顧問として働いている、と本誌に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの燃え上がる鞍 - アフリカの薬物取引

10月
15

北西アフリカの過激派は、コカイン交易で資金を得ている

ひとつの単純な事実の美徳で、シエラレオネの首都フリータウンの国際空港は最近まで、密輸業者の楽園だった。そこにはスキャナーも金属探知機もなかったのだ。しかし、その遅ればせながらの到着は、ラテンアメリカから西アフリカを経由してヨーロッパに入る薬物の流れをかなり弱めている。たくさんのほかの積み替え点がある。

国連の薬物事務所は、その取引が年に60トンものコカインを運んだと2010年に推計した。それはそれ以来急速に成長している。いくつかの推計によれば、ヨーロッパの薬物全体の1/4がアフリカ経由で到着しているという。もっとも一般的な経路は、ギニア=ビサウからマリやニジェールへ、そしてそこからリビアやエジプトに向かうものだ。その領域の大部分がイスラム過激派に支配されている。彼らは、立ち上げたいと思っているタリバン型の政府のための戦闘資金を得るために密輸業者とともに働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

レディオ・ガ・ガ - アフリカの国連

9月
19

シエラレオネの小さなラジオ局が、国連への大きな教訓を提供する

20年の間、国連の平和維持活動は、ラジオ局を運営している。1992年にカンボジアで始まったこの考えは、選挙の前の信用できる情報を広めるためだった。その実践はとても成功したと証明されたので、2010年までに国連ラジオは、コンゴ、コートジボワール、そしてリベリアを含んだ、ほとんどがアフリカの13の国々に広がった。しかし、平和維持部隊が去った時、何が起こるのか?

しばしば、国連は、地元当局にその設備を明け渡す。そのやり方はしばしば失敗している。東ティモールでは、国連のキットRTTLの相続者は、独立系の報告によれば、「自治的な公共放送というよりも、ますます国の情報サーヴィスに似ている。」という。

かつて1.7万人の国連平和維持部隊を迎えていたシエラレオネでは、国連は勇敢な新たなやり方を試した。その国で最も人気のあるそのラジオ局を国の管理下にあるシエラレオネ放送サーヴィスとくっつけることによって、それは、アフリカでは珍しいものである真に公平な公共サーヴィス放送を作ることを望んだ。国連はいくらかの現金を提供し、ラジオ局は広告を通して自分のやり方でそれを支払うことを意味した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

シエラレオネ を購読