愛国戦線

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
愛国戦線 を購読