エチオピア

頑張れ、わが勇者 - ニジェール、アルジェリア、リビア、エジプト、スーダン

4月
05

アフリカの中央は貧しくて紛争がはびこったままだが、行動主義が起こっている

その大陸の乱雑な中央部は、ナイジェリアの首都の1時間北から始まる。運転手は数マイルごとの関門で止まらなければならず、夜間外出禁止を遵守しなければならない。主要な北部の都市カノの郊外では、武装した兵士が銃身に固定された銃剣を持って道を警護している。その知事の事務所は要塞で、その周囲の道路はすべて人の高さのコンクリート障壁で封鎖されている。自身をボコ・ハラム(西洋の教育は罪)と呼ぶイスラム過激派集団は、自動車爆弾や奇襲隊襲撃で、年に何百人もの人を殺す。治安維持軍の高圧的な反応は、さらに多くを殺す。その知事は彼の設置した新しい街灯を自慢するが、住民たちはナイジェリアの石油の富をほとんど何も見ていないので、怒り狂っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らは誰だ? - ルネサンス期のアフリカ人

3月
26

なぜ16世紀のヨーロッパ人アーティストがアフリカ人に魅了されたのかを問う新たな展示

ルネサンスの良く知られたアーティストの多く(ピーテル・パウル・ルーベンス、アルブレヒト・デューラー、そしてヤコポ・ダ・ポントルモなど)は、アフリカ人の肖像を描いている。しかし、彼らが描いた男たち、女たち、子供たちは誰なのだろう?何世紀にもわたって、これらのモデルはほとんど知られていなかった。ボルティモアのウォルタース美術館のキュレーター、ジョアニース・スピーサーが更なる発見をしようと決めた時までは。たとえ彼女がそれぞれの個人の名前を当てはめることができなくても、彼女は彼らの人生についてそして彼らがどこから来たのかについてより多く知りたいと思った。彼女の忍耐力は報われた。ウォルタースで始まり、今は6月9日までプリンストン大学美術館で開かれている「ルネサンス期ヨーロッパのアフリカ人の存在を明らかにする」は、啓蒙的で興奮させる展示だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

部族がソマリアの脆弱な勝利を脅かす - ソマリアの安全保障

11月
29

その国は内紛と平和維持部隊の引き揚げという双子の挑戦に直面している

ファラー・アブドゥルサメドは、ソマリアの混沌とした現在のより抑圧的な象徴が彼の昼食を突然止めた時、ソマリアの遊牧民と植民地的な遺産の二つの象徴である、ラクダのステーキとスパゲッティを腹に詰め込んでいた。

二人の自爆テロリストが素早く成功したのだ。「私が一番近くにいたんだ。何とか逃げ出したよ。」血と肉片が飛んできたとき急いで壁を登ったアブドゥルサメド氏は語る。今月の首都のモガディシュの攻撃で、一人の警備員が殺された。

これらのような凶行は、ほとんどすべてシャバブ民兵がソマリアに残したものだ。そこは、1991年の崩壊以来地球規模のテロリズムと海賊行為の同義語になっている。過去20年にわたって何十億もがその地域を安定化させるための努力として治安と援助に費やされてきた。

今、アル=カーイダにつながったジハーディストたちは領地と資金の両方を失っている。去年モガディシュを放棄し、2か月前には彼らの金融の中心キズマヨの港を放棄したのだ。「シャバブは本当に困難にあり、衰退している。彼らは主要な収入源を失っており、彼らの軍隊は北に移っている。」元国連専門家でサハン調査シンクタンクの部長であるマット・ブライデンは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それはまだ終わっていない - ソマリアとシャバブ

10月
26

解放されたキスマヨを経営することは、ソマリアの新しい政府にとって厄介だ

ソマリアの港町キスマヨからの最後の放送で、シャバブとして知られる聖戦士集団の代弁者ラジオ・アンダルスは、その聴者にその戦士たちがゲリラ戦を始めるためにその町から引き揚げていると話した。その町はすでにケニア軍やほかのソマリア政府を支えている民兵たちに囲まれており、水陸両面からの攻撃はシャバブにその最後の都市の要塞から去るよう説得した。

1年に及ぶ後退の後で、シャバブは今、かつて保持していたほとんどすべての町を放棄している。キスマヨの喪失は、シャバブの最後の大きな収入源の多くと供給品の主要港を彼らに与えない。その戦士たちは、今、アフリカ連合(AU)軍に支配された町に隠れるか、田舎に散らばるかのどちらかだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ないよりまし - スーダンの協定

10月
25

二つのスーダンの間の取引は第一段階だが、多くがまだ間違いうる

今後数日で、内陸の独立した南スーダンから平原スーダンとの抗争中の国境(それは1年前まで両国を取り囲んでいた)を渡って、紅海のスーダン港まで走る2本の石油パイプラインに沿って、高圧で化学品が押し込まれる。「パイプの暖め」として知られるこの段階は、二つのスーダンの詰まった経済的動脈の命を回復し始めて当然だ。それが本当の平和と調和につながるかは別の問題だ。

9か月前、南スーダンは、北が南に石油輸出経路として使うのに課す料金についての議論で、石油生産をやめた。二つの国はほとんど戦争をはじめそうだった。その恐れは、二人の大統領が石油が再び流れるように9月27日に隣のエチオピアで協定に調印して以来、薄らいでいる。しかし、特に二国間の国境をどこに引くかについてなどの、さまざまなほかの違いが依然として関係に付きまとっている。その指導者たちは、国連安全保障理事会がその足を引っ張ろうとしていると考えられた側にはどちらでも課すと脅している国際的な制裁の見通しを避けるのには十分な程度に合意している。外交官たちは、それを「最小主義者の取引」と呼ぶ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼は本当にその場所を救うことができるのか? - ソマリアの新大統領

10月
02

ソマリアが本当に回復し始めているということにどれだけ望みは耐えることができるだろう?

ある市民権運動家をソマリアの新たな大統領に選んだ選挙は、その軍事的独裁者シアド・バーレがクーデターによって転覆させられた1991年以来正しい政府を持っていない国で、珍しい望みの波を生み出している。「それは、その国にとって世代で最大の機会だ。」その過程に関与したある西側の外交官は語る。新しい国家元首ハッサン・シェイク・モハムドは、平和と実用主義の誠実な男だとしてほめたたえられている。

しかし、彼の仕事の危険と不確実性は、首都のモガディシュでケニアの外務大臣と彼が会ったホテルでの暗殺未遂を生き延びた、選挙からたった二日後に厳然と例証された。シャバブとして知られるソマリアのアル=カーイダとつながったイスラム民兵に所属する自爆テロリストが、シャバブを劣勢に追い込んでいるアフリカ連合(AU)によって運営される軍の兵士を含んだ数人を殺して、そのホテルの外で自爆したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

エチオピア を購読