エクイティ・バンク

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地位が上昇しそうだ - アフリカの革新

9月
16

ケニアの技術新興市場シーンは離陸するところだ

ケニアの首都への訪問者は、マタトゥと呼ばれる殺人ミニバスにより、しばしば怖がらされる。彼らはくぼみの周りをそれ、滅多に方向指示灯を出さず、土壇場になったときしか不確かなブレーキを使わない。彼らはそれ故に、ヴィデオゲームの理想的な主題で、それがナイロビの新興企業のプラネット・ラックスが去年「Ma3Racer」を発表した理由だ。それぞれのプレーヤーは携帯電話を使って道を走るマタトゥを操縦する。その(現実的でない)目標は、歩行者を避けることだ。1ヶ月以内に、169の国々の25万人の人々がそのゲームをダウンロードした。

プラネット・ラックスは、過去数年間にナイロビで立ち上がった多数の新興企業の一つだ。彼らは、コーヒーとサファリでよく知られた国であるケニアの静かなるテクブームの一部だ。2002年にケニアの技術関連サーヴィスの輸出は取るに足らない1,600万ドルだった。2010年には、それは3.6億ドルに爆発した。その推進者にとって、ナイロビは「シリコン・サヴァンナ」だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境での成長

9月
21
いくつかの新興世界の会社は成長を環境に結びつけている
 
かつて貧しかった国々が豊かになることは、現代においてもっとも感激させるような発展だ。環境はすでに緊迫している。人口学者が予想するように、2050年に現在70億人の世界人口が93億人に増えて、かつてはエリートのためにとって置かれたものを買うことができる人々の割合が増えた時、何が起こるのだろう?この惑星はそれほどの経済活動を支えることができるのだろうか?
 
多くの政策決定者は、そのような地球的な問題に対して、トップダウンの西洋中心的な方法を採用する。彼らは世界的なフォーラムで野心的な規制を議論したり、例を設定するために巨大多国籍企業や裕福なNGOに頼る。しかし、ほとんどの人々が新興世界に住んでいるので、そこで成功した会社がより持続的に成長するために何をしているかを見ることは意味がある。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
エクイティ・バンク を購読