ドイツ

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキ中の超大国

2月
21

アメリカ人は本当に孤立主義者にはなっていない

1940年の長い暑いワシントンの夏のある夜、アメリカ人たちがいかにヨーロッパでの戦争を取り扱うかを議論するとき、フロリダ州選出上院議員クラウド・ペッパーは、警察から電話を受け、彼の偶像をどうするかを尋ねられた。しばしの困惑の後で、ペッパー氏は彼の名前を掲げた等身大の人形が、車の後ろのキャピトルヒルの周りで引きずられる前に、上院の前の樫の木につるされていたことを知った。その私刑は、帽子をかぶった怒れる女性たちによって行われた。彼が若者に強制軍事訓練を受けさせるよう要求したことに激怒した孤立主義者の母親たちの運動のメンバーたちだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

噛みつかれた - ビットコイン

2月
14

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

魚にやさしい? - メコンをせき止める

1月
18

ダムが具体化するが、厳しい反対は続く

ラオスのメコン川の岸に沿って、森林が裸になり山麓は削られている。メコン下流で最初のものとなるサヤブリダムの建設は、真っ盛りだ。35億ドルかかるそのダムは、タイの建設会社チョー・カンチャーンによって建設されており、タイの4大銀行から融資を受けている。その1,300メガワットのダムからの電気の9割がタイに供給される。しかし、環境NGOのWWFは、そのダムが絶滅危惧種のメコンオオナマズの絶滅に寄与し、他の多くの魚の種を危険にさらすと警告する。

サヤブリの後に、カンボジア国境にある壮大なコーンの滝の近くへの魚の移動のためのたった一つの水路をふさぐだろうドン・サホンのものを含んださらに8つのダムがラオスでメコン川に計画されている。

その川の豊かな生物多様性と巨大な内陸漁業への、すべてのダムの累積的な影響は、科学者、活動家、そして隣国政府を怯えさせている。しかし、その川の管理を調整する政府間機関であるメコン川委員会は、どちらも委員会加盟国で魚と洪水の季節に農地に広がる豊かな堆積物に頼っているカンボジアとヴェトナムの強い抵抗にもかかわらず、ラオスによる一方的な押しを防ぐには無力だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウラジーミルに不機嫌になる - ロシアと西側

12月
20

西側が敵対的なロシアにとって生活をより難しくすることができる3つの方法

ほぼ14年前にウラジーミル・プーチンが最初にロシアの大統領になった時、彼はリベラルではないが親西欧的な方向に動いているとの望みがあった。しかし、来週のサンクトペテルブルグでのG20サミットに世界の指導者を歓迎する準備をする時、シリアについての国際外交についてでも、反対派指導者の投獄や同性愛の権利に様な国内問題にしても、彼が明白に反西欧のコースをとっていることがかつてないほど明らかになっている。実に、西側に対する敵意は、彼の3期目の大統領の特徴になっているのだ。

幸運なことに、プーチン氏の影響は減少している。ロシアのガスに頼っていたヨーロッパ諸国は、いじめるのが簡単だったものだ。いま、エネルギー消費の減少、ロシアを回避する新しいパイプライン、シェールガスやオイルの他の場所での開発、そしてロシアのエネルギー生産がEUの競争法に従うことが合わさることが、彼の影響力を侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読