モハメド・シアド・バーレ

アフリカの角の苦闘 - ソマリアのシャバブ

8月
20

(書評)

ソマリアのアル=シャバブ:あるイスラム民兵集団の歴史と思想
Al-Shabab in Somalia: The History and Ideology of a Militant Islamist Group
By Stig Jarle Hansen. Oxford University Press

世界で最も危険な場所:無法国家ソマリアの内側
The World’s Most Dangerous Place: Inside the Outlaw State of Somalia
By James Fergusson. Da Capo Press

2005年に、40人弱のソマリ人がイスラム主義者のクラブを作り、間もなく自分たちをシャバブ(アラビア語で「若者」)と呼んだ。ひと世代にわたって混沌がソマリアに君臨し、軍事的支配者シアド・バーレが1991年に没落して以来、そこには本当の政府はなかった。しかし、1年以内かそこらで、シャバブは、いくらかの厳格な成功で秩序をもたらすことを求めたイスラム法廷の緩やかな連合の中で支配的な勢力になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中心は持続しているが、ただそれだけだ - ソマリア

6月
30

モガディシュの新政府はまだその気概を示していない

植民地時代の終わりに、ソマリアはサブサハラアフリカで民族的な意味では疑いなくもっとも同種の国だった。それに最も近いのは、たぶん4/5がツワナ族で平和で安定しているボツワナであり、そこから一つの大きな部族が居住しそれが運営する国は、小さな部族のごった煮よりもより安定する可能性があるという示唆を受ける人もいる。

しかしながら、ソマリアは、紛争、貧困、そして非統治の典型になった。しかし、その民族的同種性は誤解させる。同じく単一の言語と地域を分かち合っているけれども、それは500以上の部族と支族に別れており、それらは悪名高く気難しく競争的だ。これは、彼らのかなり遊牧民的な生活様式とあいまって、多くのソマリ人に中央政府の命令を受け入れることをひどく気が進まなくしている。

首都のモガディシュから本当の権威をふるった最後の男は、1991年に追放された軍事独裁者のシアド・バーレだった。彼の没落は20年にわたる内戦のきっかけだった。去年の9月に議会によって選ばれたその国の直近の大統領ハッサン・シェイク・モハムドは、民主的な方法を使う一方でよりよくできるのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼は本当にその場所を救うことができるのか? - ソマリアの新大統領

10月
02

ソマリアが本当に回復し始めているということにどれだけ望みは耐えることができるだろう?

ある市民権運動家をソマリアの新たな大統領に選んだ選挙は、その軍事的独裁者シアド・バーレがクーデターによって転覆させられた1991年以来正しい政府を持っていない国で、珍しい望みの波を生み出している。「それは、その国にとって世代で最大の機会だ。」その過程に関与したある西側の外交官は語る。新しい国家元首ハッサン・シェイク・モハムドは、平和と実用主義の誠実な男だとしてほめたたえられている。

しかし、彼の仕事の危険と不確実性は、首都のモガディシュでケニアの外務大臣と彼が会ったホテルでの暗殺未遂を生き延びた、選挙からたった二日後に厳然と例証された。シャバブとして知られるソマリアのアル=カーイダとつながったイスラム民兵に所属する自爆テロリストが、シャバブを劣勢に追い込んでいるアフリカ連合(AU)によって運営される軍の兵士を含んだ数人を殺して、そのホテルの外で自爆したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バイバイ、ビッグマン - メレス・ゼナウィのあとのアフリカの角

9月
09

そのもっとも有能な指導者の経歴からの、アフリカの最も困難を抱えた地域への教訓

幾つかの国は調和に苦しむ習慣を持っている。バルカンやコーカサスのように、アフリカの角の民族的に多様な国はしばしばお互いに影響を与える。エチオピア、スーダン、そしてソマリアはすべて内部紛争と国境をまたいだ無秩序にあふれている。今週の二つの歴史的な事件がその角の歴史に今新しい章を開くかもしれない。どちらもより大きな政治的開放と繁栄に向かった道を開きうるが、西側が正しい道に圧力をかければだ。

最初の事件は、記憶にある中で最初の議会を招集したソマリアで起こった。しばしば戦っているすべての地域と部族からの代表が、最近解放された首都のモガディシュで会った。彼らは今、不完全にしても競争的な投票で大統領を選ぶことを期待されている。全国選挙が次の議題だ。リスクがあるのは明らかだ。多くのソマリアの政治家は犯罪者だ。そして、最近まで国のほとんどを支配していたイスラム過激派民兵のシャバブは脅威のままだ。しかし、ソマリアは、たぶん、1991年にシアド・バーレを追放した後でそれが血なまぐさい戦いと頻繁な飢饉に身を落として以来、包括的な政府を見つける最善の機会だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビーチとよい買い物 - 驚くべきソマリア

7月
01
ソマリアの首都の若返りは、たとえイスラム過激派が打ち負かされたことからかけ離れているにしても、望みのある兆候だ
 
明白な危険にもかかわらず、バデル・シェイフ・モハメドは、中央のK4ラウンドアバウトのそばにある彼の印刷屋サイン・ジェットの、金属のシャッターを取り換えるために、ガラスの窓を買っている。それは、最近まで考えられなかっただろう、戦争で切り裂かれたソマリアの首都の未来への信頼への小さな行動だ。中では、新しい事業の宣伝のための鮮やかな看板を盛装して、印刷機がかつてないほどに忙しい。店番、レストラン主、旅行代理店、そして送金仲介者は彼の最高の顧客で、多くが何十年にもわたる国外脱出の後で外国から戻ってきた人々だ。既存の事業は手書きの看板をレーザープリントされたものに変え始めている。「1年前、ここには何も開いていなかった。」戦争が長い間標準だった町で進歩を当然のことと思うことに対する警告の前に、シェイフ・モハメド氏は語る。「我々は、平和がやってきて、平和よりも良くなると考えるが、何の保証もない。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリ人の息子 - 新しいフィクション

9月
22

ヌルディン・ファラーは、22年に渡るモハメド・シアド・バーレ独裁の間の1976年に、彼の母国のソマリアからの亡命を自らに課した。彼は今、ケープタウンとミネソタに住み、英語で文章を書いている。しかし、彼を現代フィクションの中で洗練された表現スタイルを持っているものだと、そしてまたアフリカのもっとも重要な作家のひとりだと認識させた10の小説は、全てソマリアを舞台にしている。それらは、家族内での詳細な権力の解体と、国家の、そして世界的な権力の陰謀についての強い量の懐疑を結びつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モハメド・シアド・バーレ を購読