アル=カーイダ

誘拐の恐れ - ナイジェリア

3月
20

外国企業はその社員を北部ナイジェリアに送るよう怖れるようになっているかもしれない

ナイジェリアのほとんどの外国人投資家は、利益がリスクや面倒を越えていると説明する。しかし、死に絶えるのを拒んでいるイスラム主義者反乱の上のほとばしり出る誘拐は、彼らがその国の北部に乗り出す前に再考させるかもしれない。2月16日に、アンサルと名乗るイスラム主義集団が、バウチ州のその集合住宅から、7人の外国人建設労働者を捕らえた。3日後、ナイジェリアの北東部の州ボルノからやってきたと疑われる別のイスラム民兵が、北カメルーンの国境をまたいで7人のフランス人家族を誘拐した。アンサルは、ヨーロッパ諸国がアフガニスタンやマリといった「アラーの地に対して犯罪と暴虐」を犯している、と語った。「ブラックアフリカのムスリムを守る前衛」の頭文字のアンサルは、去年だけで800人強の死に責任のある集団のボコ・ハラム(「西洋の教えは罪」)から別れたものかもしれない。アンサルは、イスラム主義者の好戦性の中心になっている北部の町のカノ周辺を拠点にしていると考えられている。それは公式にはボコ・ハラムから距離を取っているが、そのイデオロギーの多くを分かち合っている。しかしながら、それはアル=カーイダへの戦術でより近いかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

2月
25

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

崖っぷち - 中央アフリカ共和国

1月
09

アフリカで最も悲惨な国の一つは、かつてないほど不安定なようだ

間違いなくアフリカで最も貧しい国である中央アフリカ共和国〈CAR〉は、今にも反乱軍に乗っ取られるところだ。北で始まった作戦の1か月後に、彼らは国中の一連の町をとり、首都のバンギから1時間の所にあるダマラでその進軍を止めている。CARの包囲された大統領フランソワ・ボジゼは、近くのガボンの首都であるリーブルヴィルでの反乱軍との交渉に参加するかどうか考えている。その考えは、選挙を保留して全国統一暫定政権を作り出すことだろう。反乱軍は、交渉の前提として彼の辞職を要求している。アフリカ連合はボジゼ氏とCARに息つく場所を与えるという妥協を勧めている。アフリカの外ではほとんどの人がかまっていない。

終わりなくクーデターや反乱によって打ちのめされている内陸のCARは、1960年にフランスから独立して以来悪政が続いている。集合的にセレカ(地元の言葉サンゴ語で「同盟」を意味する)として知られるバラバラのごった煮である反乱軍は、ボジゼ氏が、それによって反乱軍が政府に参加しその軍隊を国軍に統合するはずだった2007年と2008年の平和協定の条件を破ったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

部族がソマリアの脆弱な勝利を脅かす - ソマリアの安全保障

11月
29

その国は内紛と平和維持部隊の引き揚げという双子の挑戦に直面している

ファラー・アブドゥルサメドは、ソマリアの混沌とした現在のより抑圧的な象徴が彼の昼食を突然止めた時、ソマリアの遊牧民と植民地的な遺産の二つの象徴である、ラクダのステーキとスパゲッティを腹に詰め込んでいた。

二人の自爆テロリストが素早く成功したのだ。「私が一番近くにいたんだ。何とか逃げ出したよ。」血と肉片が飛んできたとき急いで壁を登ったアブドゥルサメド氏は語る。今月の首都のモガディシュの攻撃で、一人の警備員が殺された。

これらのような凶行は、ほとんどすべてシャバブ民兵がソマリアに残したものだ。そこは、1991年の崩壊以来地球規模のテロリズムと海賊行為の同義語になっている。過去20年にわたって何十億もがその地域を安定化させるための努力として治安と援助に費やされてきた。

今、アル=カーイダにつながったジハーディストたちは領地と資金の両方を失っている。去年モガディシュを放棄し、2か月前には彼らの金融の中心キズマヨの港を放棄したのだ。「シャバブは本当に困難にあり、衰退している。彼らは主要な収入源を失っており、彼らの軍隊は北に移っている。」元国連専門家でサハン調査シンクタンクの部長であるマット・ブライデンは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

その闘士のあざけりがより穏やかなソマリアを祈った詩人 - ワーラシュメ・シェイレ・アワレ

11月
05

ワーラシュメ・シェイレ・アワレ(Warsame Shire Awale):1950年代~2012 詩人、劇作家、パフォーマー

イスラム主義の闘士がワーラシュメ・シェイレ・アワレの家族に数年前電話をかけた。「お前は死んでいる、お前は死んでいる、お前は死んでいる。」彼らは言った。その人気のあるソマリ人の詩人、音楽家、喜劇役者、そして劇作家が、彼のモガディシュの庭で、彼の二人の妻のうち一人のフォウジヨ・ファラーの前で、ガンマンによって殺された月曜日に、それは本当になった。

アル=カーイダとの同盟を明言している過激派組織のシャバブはアワレの殺害を否定するが、彼の仲間たちと娘のアヤンはそれを疑っていない。彼は、彼が平和的なイスラムの教義になるよう保ってきたものを腐敗させたとして長い間シャバブをさらしものにし、その首都の出来て18か月になるラジオ・クルミイェの彼のボス、アブワン・オスマン・グレがその集団の「歪んだイデオロギー」と名付けたものに対してののしってきた。

同僚たちは、アワレは決して怒らなかったが、そのスンニ派の信仰に敬虔で、アラーによって定められた日に死ぬ、と運命に身を任せていた、という。それは、自爆テロと目的の殺害の助けとして働くためにシャリア法の厳しい解釈を行う闘士たちをあざけるのに彼をひるませなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全国への脅威 - ナイジェリアの危機

10月
21

北ナイジェリアをテロ化しているムスリム過激派集団ボコ・ハラムとは、誰で何なのか?

カノの知事宅の拡声器は、何百人もの役人が祈るために駐車場に小さなマットを敷きタール舗装の上に並べたところに来るよう呼び出して、毎週金曜日にイマームの声で活気づく。彼らは地元のモスクを訪れていたものだが、もはやバグダッド型の緑地地帯の外側を冒険するほど安全を感じていない。そばの道は、ヒトの高さの障害物でふさがれている。入口は、住民すらも鉄条網を上に貼った壁で守られた家にたどり着くために証明書を示さなければならない数少ないしっかりと運営されたチェックポイントを通り抜ける。警察官は要塞化されたトーチカで交差点を見ている。その道には、誰かが爆弾を積んだ車を駐車させないように、コンクリートを詰めたドラムが並んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鼻をつまみ、話をしろ - ナイジェリアの反乱

10月
19

もし北での暴力に政治的解決法を見いだせなければ、ナイジェリアはバラバラになるだろう

もし紛争の重力が、銃が使われた長さで測ることができるのならば、ナイジェリアの北のチェックポイントの兵士たちが銃身に銃刀をつけ始めたことは、注意する価値がある。今年、そこで1,000人以上の人々がテロ攻撃で亡くなり、それは2011年から50%以上増えている。それに反応して、政府は、犯人であるボコ・ハラム(「西側の教育は罰当たりだ」)と呼ばれるムスリム過激派集団と戦うために、重装備機動部隊をアフリカで最も人口稠密な国の道に展開している。それは、とりわけ、より良い統治と厳しいイスラムへの固着のために戦う。

その紛争は、国全体を巻き込む潜在力を持つ。1.6億人のナイジェリアの人口は、ムスリムとクリスチャンに均等に分かれ、その多くが仲良くやっている。しかし、近年、幾分かは土地紛争のために、悪化している。衝突はますます一般的になっており、混ざり合った街で宗教的なゲットーが形成されている。ボコ・ハラムは教会を攻撃している。政治家の中には、極めて危険な前途である、国の分割の可能性をおおっぴらに口にするものもいる。ナイジェリアの領域の統合性が最後に問われた40年前のビアフラ戦争の間に、100万人の人々が亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アル=カーイダ を購読