ウォーレン・バフェット

軌道に戻る - 社会資本

5月
20

アメリカの貨物列車の静かなる成功

ヨーロッパ人は長い間アメリカ人の不愉快な旅客列車を憐れんできた。しかし、モノを動かすことになると、アメリカは世界中で最も費用対効果の良いよく保たれた貨物網を持っている。しかしながら、それは、資本集約的な事業だ。1980年のスタッガース法がその部門を規制緩和して以来、鉄道会社はその収入の17%を自分の鉄道網に投資している。これは、過去30年にわたって約5,000億ドルの民間資本だ。その国の社会資本のひどい状態について絶え間なく(そして予想されるように)わめく米国土木学会すらも、最近の報告でよい鉄道へのいやいやの尊敬を示す。

その下降は実際には、軌道からITまで全てへの資本支出を推進する役に立った。去年、実質ベースで記録となる230億ドルが支出された。その計画は、事業が比較的静かで資金が安い間に鉄道網を現代化することだ。鉄道会社はそれによって、将来的に増える交通量を取り扱うより良い位置に彼らがつけることを望んでいる。2009年に、ウォーレン・バフェットの投資会社バークシャー・ハザウェイは、テキサスの鉄道会社バーリントン・ノーザン・サンタ・フェを買った。バフェット氏は、その購入を「合衆国の経済的未来の全部込の賭けだ」と表現した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あわてるな - 遅れの利益

7月
20

延期をほめたたえて

心に焦点を当てるのに締め切りのようなものはない。このコラムの筆者は、いつその編集者ががみがみ言っても、その心は次の主題に焦点を当てていることを見つけた。(1)彼の足の爪。確かにそれらは切られる必要があるのか?(2)ウォルター・ラッセル・ミード。そのひげ面の賢人がブログの中で東ティモールについてなんといっているか?(3)彼の犬。彼らは散歩を熱望しているようだ。(4)彼の受信箱。トムスク大学の卒業生に返事をしないことは失礼だろう。

時間を浪費する人にとって、人生は扱いづらくなっている。ジャスト・イン・タイム配達に頼る事業は遅れに寛容ではない。株式市場取引は、毎秒何百万もの株式を取引する。24時間のニュースチャンネルは我々に情報爆撃を加える。ブログとツイートは瞬間コメントの嵐を提供する。その状況はとてもものすごいので、アメリカ人の1/4は毎日ファスト・フードを食べている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の福音を広げる - 慈善事業

5月
30

アメリカの億万長者ギヴィング・プレッジは運動を作っている

35人の億万長者と多くの配偶者が、高級なバカラリゾートでの密室会議に入るために、5月9日のサンタ・バーバラ空港にはいつもにもましてプライヴェート・ジェットが着陸した。その中には、ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツといった二人のアメリカでもっとも豊かな男たち、メリンダ・ゲイツ、テッド・ターナー、スティーヴ&ジェーン・ケースや、ペイパルの創業者エロン・マスク、イーベイの創業者ピエール・オミダイヤといった40代の若者もいた。彼らの使命は、より良い慈善家になるためにお互い助け合うことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富豪階級の政治 - アメリカの富裕層課税

1月
29

アメリカの富裕層はもっと支払うべきだが、それには彼らの所得税率を上げる必要はない

普通のアメリカの大統領選挙では、事業で財を成し、ばかげたほど低い税率で支払っている候補者は、ほとんど非難されなかっただろう。アメリカ人は、長い間、富を、中傷され再分配されるべきものではなく、何か賞賛され追及されるべきものだとみなしてきた。アレクシ・ド・トクヴィルは、「富の恒久的な平等の理論に、より深い蔑みが表現された国を知らない。」と語った。

しかし、これは普通の選挙ではない。いかにしてミット・ロムニーが(民間投資会社の無慈悲な世界の中で)富を稼ぎ、(いくつかの中産階級の家庭が支払っているよりも低い税率の15%という)彼の税率の両方にそれほど多くの監視が注がれているか、ということが、何か変わっていることの兆候だ。それには、まさに上位1%が1920年代以来見たこともないほどの国民所得の割合をひったくっている時に、アメリカの中間家庭の実質所得が7%下がり、下がっているとはいえ失業率が厄介なほど高いままの10年が理由としてある。多くのアメリカ人がウォール街占拠運動の戦術や流行選択を好んでいるわけではないが、経済が富裕層のためにあるというその運動の意見は少なからぬ人々が共有している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マラリア流行中

9月
28

いかにして抗マラリア運動の加速が世界的援助の全く新しいモデルを開いたのか

地球上でもっともマラリアが流行っている町で、私は、天井のファンが回っている二つの蚊帳の奥にある机にマシュー・エメル博士を見つけた。私は自己紹介し、エメルに自分は地球からマラリアを根絶するための運動を報告しているのだと話す。もし私が、それがなぜ重要なのか、そしてそれがどれほど難しいのかを知りたければ、それにかかるとどれほどひどいことになるのかを見ることは良い考えだ。そして私は北ウガンダの51.5万人の人口があるアパッチ地区では、平均的な人はマラリアに感染した蚊に1日4回刺されると読んだ。エメルは頷く。彼は、他のより印象的な統計があると語る。彼の少ないスタッフは最悪の週には5,000人の人々を診るかもしれない、といったことだ。そして2007-08の間に治療者の中にはアパッチ地区の全子供の70%とそこの全人口のほぼ1/3を含んでいたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ウォーレン・バフェット を購読