ドイツ

30年戦争 - AIDS

6月
12

激しい攻撃により、AIDSを徐々に管理下に置いている

それは誕生日プレゼントではないが、それに近いものだった。5月12日、国際調査協力組織であるHIV予防の試みネットワーク(HPTN)は、そのもっとも重要な計画が、失敗したためではなく、成功したために終わりつつあると発表した。チャペルヒルのノースカロライナ大学のマイロン・コーエンに率いられた研究は、片方が感染し、もう片方は感染していない、ほとんどは通常のいくらかはゲイの、アフリカ・アジア・南北アフリカからの1,763組のカップルを見た。みんながセーフセックスを勧められ、無料のコンドームを与えられ、定期的なメディカルチェックを提供された。感染した方は、その人たちがAIDSの実際の症状を示しておらず、それゆえに普通はそのように扱われないとしても、反レトロウイルス薬を提供した。6年後、28の相互感染が確認され、一組だけが薬の処方を受けていたグループだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな情報でできた建物 - 情報革命はビジネスの風景を変えている

5月
31

「科学の厳密さ」と言う短い物語の中で、ジョージ・ルイス・ボルジスは、地図製作者が取り憑かれたように帝国それ自身よりも大きな地図をかくようになってしまった国を描いた。これはとても扱いにくかったので、未来の世代はそれをバラバラにしたままだった。

普通、デジタル時代の現実はフィクションの先を行っている。去年、人々は6 万の議会図書館を満たすほどの情報を溜め込んだ。世界の40 億人の携帯電話使用者(そのうちの12%はスマートフォンを使っている)データの流れの中に向かっている。YouTubeは毎分24時間のヴィデオを受け取っていると主張する。製造業者は3,000万ものセンサーを彼らの製品に埋め込み、それらは物言わぬ金属をインターネットの中でのデータを生み出すノードに変える。スマートフォンの数は毎年20%増え、センサーの数は30%増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それは運命ではない、と望む - 人口統計

5月
16

国連の人口予測からのよいニュースと悪いニュース

春になり、国勢調査が花盛りだ。中国、インド、そしてアメリカが最近2010年の結果を発表した。ドイツと英国で現在調査が行われている。これらか ら現在の概略が分かる。有益なのは人口予測だ。二つの予測が国連の人口局から発表された。それは2年ごとに予測を更新する。2100年までの予測を発表し たのは初めてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

トラブルを抱える別の問題

5月
05

最初はユーロ、そしてシェンゲン。ヨーロッパの壮大な統合計画は傷ついているようだ

多くのヨーロッパ人にとって旅行をするときに統合の利益は最も明らかになる。多くの国境では、仕事であれ娯楽であれ、為替やパスポート提示はもはや必要ではない。しかし、両方の大きな統合計画は脅かされている。金融危機や国債危機はユーロを危険にさらし、今ではアラブの春が何千人もの北アフリカのボート難民をもたらし、シェンゲンの国境のない地域の土台を揺るがしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗すればするほど、うまく失敗できる

4月
22

失敗をうまく管理すれば会社はそれから多くを学ぶことができる。

ビジネス作家はいつも成功の祭壇を崇拝してきた。トム・ピータースは「In Search of Excellence」でスーパースターになった。スティーブン・コヴィーは「成功する人の7つの習慣」で1,500万部以上を売り上げた。マルコルム・グラッドウェルは彼の3番目の本「Outliers」に「成功物語」という賢い副題をつけた。この成功への執着は、最新流行のマネジメントをいっそう目立ったものにした。「ハーヴァード・ビジネス・レヴュー」の4月号は失敗の特集で、他の投稿者とともにP&Gの成功した前社長のA.G.ラフレーを取り上げ、「成功よりも失敗からより多く学べる。」と宣言した。最新のイギリス版のWeird誌はその表紙で、「最初に失敗し、それから成功しろ。ヨーロッパの会社がシリコンヴァレーから学ぶ必要があること。」と銘打った。コンサルタント会社のIDEOは「早く成功するためにたくさん失敗しろ。」というスローガンを作り出した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読