ドイツ

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

豊穣の角 - ユニコーンとその神話

8月
25

クロイスターズは、ユニコーンの祝賀とともに、その75回目の記念日を記録する

純白で、サラブレッドのような優美さで、そのおでこから突き出る長く先細りする角を持つユニコーンは、古代から人々を欺いている。目撃例は、ドイツとインドの森で報告されている。キリスト教徒はその存在証拠を、ユニコーンの異常な強さを証言した4世紀のラテン語の聖書に見つけた。水をきれいにし、病気を治すと言われるユニコーンの角の形で、素材の証拠があった。特権的な少なさのために、それらは大事に保有された。女王エリザベス1世は二つ持っていた。

その生物の珍しさはその魅力を強めた。神話は、ユニコーンの行動と精神的な重要性について成長した。これらは、中世にその影響力の頂点に達した、ユニコーンはキリストの象徴とみなされた。彼らを追い求めることは、受難の物語なのだ。彼らはまた、上品な愛の象徴にもなった。誰も、そしてどんな獣もユニコーンを捕らえることができないのに対して、乙女の見た目と香りはすぐに彼を飼い馴らすだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始めさせろ - 学生のクラウドファンディング

8月
25

若者がその未来の権利を売るのを助ける

マシュー・クルプが去年ロードアイランドデザイン校を卒業した時、彼は興味をそそる財務実験の一部となった。学生融資を返済し、新しいデザイン会社の資金調達を助けるために、クルプ氏は、若者や「成り上がり者たち」が、彼らの将来の稼ぎの権利の代わりに現金を彼らに与える意思のある豊かな投資家を見つける助けをするアメリカの会社のアップスタートを経由して38,500ドルを調達した。このクラウドファンディングの新しい応用は、人気と議論の両方を約束する。

最近ヴェンチャー基金やシリコンヴァレー型のものからほぼ600万ドルを調達したアップスタートは、若者への株のような投資を促進するたった一つの組織ではない。別のアメリカ新興企業ぺイヴは、似たようなサーヴィスを開発している。ドイツ企業キャリアコンセプトは、学生が勉強のための資金調達をするのを助け、メキシコ、チリ、アメリカのような国で低所得者の学生に焦点を当てているルムニは、すでにほぼ2,000人の学生が個人や組織から現金を調達するのを助けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミルダかエウロパか?

8月
11

なぜいくつかの国は依然としてユーロに参加したいと思っているのか?

ラトヴィア人たちは愛情をこめて彼女をミルダと呼ぶ。その民俗的頭飾りと編んだ頭髪で、彼女は戦間期の最初のラトヴィア共和国の銅貨に現れた。彼女は、ソ連の下で失われた国の象徴になった。亡命者の間でミルダは人気のある贈り物だった。第二次世界大戦中にドイツに住んでいたグンデガ・ミチェレは、5歳の誕生日にブローチにはめられた5ラット通貨を与えられた。1991年のラトヴィアの再興で、ミルダはラトヴィアの紙幣の透かしとして(そして500ラット紙幣に)戻ってきた。今、その政府はその愛されたラットを、来年1月にユーロに変えたいと思っている。(その乙女は1ユーロと2ユーロのコインにだけ現れるだろう。)

多くのラトヴィア人のように、ミチェレ女史はその考えを承認しない。彼女は経済についてほとんど知らないことを認める。しかし、ナチスとソヴィエトの下でのラトヴィアの苦悩を記録するリガの占領博物館の理事として、彼女は象徴の力を理解する。寄付箱の中をじっと見て、彼女はラトヴィアの紙幣が「やわらかくて暖かい色」を持っているという。ユーロ紙幣の特徴のない建築の意匠は「何の感情的なつながりもない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

胸をたたく - フェミニストのデモ

7月
31

若いフェミニストたちが古い闘争を生き返らせている。女性の体への権利だ

神話はなかなか死なない。少数のフェミニストが1968年のアトランティック・シティでのミス・アメリカの見世物に反抗した時、彼女たちはブラジャーを燃やさなかった。しかしながら、彼女たちは、ヒツジに王冠を授ける一方で、少しのブラジャー(と化粧品とハイヒールの靴)を「自由のごみ箱」に投げ捨てた。

今、ブラは本格的に外される。フェメンのメンバーは、そのグループが売春旅行に反対して2008年にウクライナで始まって以来、100回のトップレスデモを行っている。衝撃を増すために、彼女たちはメイドや尼の格好をするか、付け髭をする。他の小道具には、生肉や消火器が含まれる。パリのノートルダム寺院で、極右の歴史家がそこで自分を打ち抜いた翌日の5月22日に、ある抵抗者が偽の自殺を行った。彼女のトップレスの裸体にはスローガンがかかれていた。「ファシズムを地獄で眠らせろ。」

去年、フェメンの「性過激派」は、彼女たちが言うには無言で食欲低下を促進している棒のように細いモデルたちに対する運動をするために、ミラノのファッションウィークに押し入った。今月、あるベルリンの活動家がバービー人形の家の等身大のレプリカの公開で、バービーをはりつけにして燃やした十字架を振り回した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地味な英雄 - コンテナ

7月
14

コンテナは、グローバリゼーションにとって、自由な貿易よりも、ずっと重要だった

地味な海運コンテナは、経済的悲観主義と革新の減速の恐れに対する強力な対策だ。ただの単純な金属の箱だけれども、それは世界の貿易を変えている。実際に、新たな調査は、過去50年間を通して、コンテナはすべての貿易協定よりもグローバリゼーションの駆動者だったと示唆する。

コンテナ化は、プロセスイノヴェーションの力のあかしだ。1950年代には、世界の港は依然として過去何百年間もやってきたように仕事をしていた。船が停泊すると、港湾労働者の群が、船倉に詰め込まれた「雑多な」荷物を陸揚げした。彼らはそれから、海のテトリスゲームでできるだけ効率的に仕向け荷物を詰め込んだ。その過程は高価でゆっくりだった。ほとんどの船は、海の往復よりも多くの時間を停泊に費やした。そして、泥棒がはびこっていた。港湾労働者は「1日に20ドルと持ち帰られるだけのスコッチウイスキー」を手に入れたと言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

病院の事例

7月
14

スウェーデンは、民間会社に公的組織を運営させる世界を主導している

サンクトヨラン病院は、スウェーデンの福祉国家の栄光の一つだ。それはまた、事業原則を公的部門に応用する研究所でもある。その病院は、最終的にはノルディック・キャピタルやアペックス・パートナーズを含んだプライヴェートエクイティファンドの合同事業体によって経営される、民間会社のカピオによって経営されている。医者と看護師はカピオの従業員で、上司を経営陣に対して責任がある。医者たちは、費用を削減するために、熱心に「トヨタ式生産方式」や「革新の利用」について話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読