ドイツ

全てにとって自由 - 学術出版

6月
25

自由に接続できる科学出版が地歩を築いている

4月の初めに、政府が納税者の資金を学者に移すための仲介機関である英国研究会議協議会は、それが資金を出した研究の結果がいかに公開されるかのルールを変えた。今から、それらは、直ちにが好ましいが、間違いなく1年以内に無料で利用できる学術誌で公開されなければならない。

2月にホワイトハウス科学技術政策室は、連邦機関に同じような計画を作るよう言った。その1週間前、政府が資金拠出した研究に6か月後に自由に接続できるよう求めるだろう法案が、議会を通過する道に向かい始めた。欧州連合も同じ方向に動いている。慈善団体もそうだ。粒子物理学の研究所、図書館、そして研究費割り当て機関の共同事業体SCOAP3は、その分野の主導的な学術誌12誌全部に、それらが毎年掲載する7,000の記事を無料で読めるようにするよう圧力をかけている。学術出版社にとって、そのパーティーはすぐに終わるかもしれないようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

現金箱は生きている - ミュージカル劇場

6月
25

ミュージカル事業は、かつてないほどに、大きく、地球規模に、途方もなくなっている

メル・ブルックスの映画『プロデューサーズ』の中で、二人の男たちが、失敗作から富をなそうと企む。彼らは、その中の株をすべて、何回かにわたって売ることによって、ミュージカルを行うのに必要な以上の資金を調達する。それから彼らは史上最悪のショーを作ろうとした。『春の日のヒトラー』だ。彼らはそれが一晩で終わるだろうと推測し、投資家は存在しない利益の分け前を要求しないだろうから、彼らはカネを持って姿をくらますことができるだろうと考えた。恐ろしいことに、観衆はそれを好きになった。

ミュージカルは、現実にも危険が大きい。だから、ショービジネスの実力者デヴィッド・ゲフィンが10年前に彼の映画をミュージカルに変えようとブルックス氏に近づいた時、彼は二の足を踏んだ。ゲフィン氏は、それは頑張る価値がある、と彼を説得しようとした。彼はミュージカル『キャッツ』で、今まで作ったどの映画よりも多くの金を稼いだのだ。これがブルックス氏に勝つのに役立った、と彼の弁護士のアラン・シュワルツは語る。彼らは『プロデューサーズ』をブロードウェイに持ち込んだのだ。ブルックス氏は大金を稼いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アナーキー・イン・ザ・PRC(中華人民共和国) - 音楽シーン

6月
24

インディ音楽フェスティヴァルがはやっている

中国の音楽シーンは、英国のポップデュオワム!が1985年に北京の工人体育場で演奏して以来、はるかに進んでいる。今週、春がやって来てスモッグが和らぐにつれ、何万人もの若い北京人が、その町の郊外での二つの別々のフェスティヴァルで、延長した労働者の日の休日を過ごした。中国のポップパンクグループ、ニューパンツは4月29日のストロベリー・フェスティヴァルのオープニングアクトの一つで、そのあとにスコットランドのインディバンドのトラヴィスが続いた。ミディ・フェスティヴァルに関しては、クラッシュへの中国からの答えであるブレイン・フェイラーが主役だった。その月の後半には、北京は町の外のウォーターパークで電子音楽の日と、万里の長城でフランスのDJデヴィッド・ゲッタを招いたレイヴを開催する。

そのフェスティヴァルは、カラオケバーで甘ったるい香港ポップスを口ずさむことになれているますます増加する普通青年(putong qingnian)と同様に、(皮肉なTシャツや手首の刺青を考えている)都市の文芸青年(wenyi qingnian)も惹きつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

排出権取引制度よ、安らかに眠れ? - 炭素取引

6月
02

ヨーロッパの炭素市場改革の失敗は、世界中に反響する

世界最大の炭素市場は、喫水線より下に穴が開いている。4月16日、欧州議会はヨーロッパの旗艦環境計画排出権取引制度(ETS)を支持する試みを拒絶する投票を行った。すでに低かった炭素価格は、急落した。現れている世界の炭素取引網とヨーロッパの気候政策全体は、沈むかもしれない。

ETSは長い間混乱している。2013-20年に約160億トンに相当する、または欧州連合の総炭素排出の許可が会社に割り当てられ、彼らの間で取引できるようにするのは、キャップアンドトレード方式だ。幾分かは景気後退によりその許可への産業需要が減っているために、そして幾分かはEUが初期段階であまりに多くの手当てを与えたために、炭素市場には巨大な過剰能力がある。その余剰は、15-20億トン、またはだいたい一年分の排出量だ。価格はすでに2011年のトン当たり20ユーロ(30ドル)から2013年初めにはトン当たり5ユーロに下がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裸の野望 - 性産業の禁止

6月
02

アイスランドは世界最古の事業を違法にすることを決める。それは成功できるのか?

超リベラルのアイスランドはオンラインポルノを禁止したいと思っている。それは単に、性産業全体を廃止する最新の一歩に過ぎない。2009年に、それは(犠牲者として取り扱う)売春婦を買った者に罰金刑と懲役刑を導入した。2010年に、それはストリップクラブを違法にした。2月に、その政府はわいせつ物がオンラインに満ち溢れているのを気にすることを決め、アイスランド人の中にはそのほとんどを意味するととっているものもいる、暴力的なまたは下劣なポルノを禁止するという考えを持ち出した。商業的な性を合法化にしろ犯罪化にしろ管理するのに完全に成功した国はない。しかし、世界中で、特に豊かな民主主義国で、政策立案者は、アイスランドが成功するかどうかを見守っており、もしそうするならばそのあとに続くかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

1066年やら何やら - 過去を教える

5月
20

いかにして子供たちは歴史が教わったものと同じくらい議論を呼ぶものだというのを学ぶか

それほどまでに分裂的な学校の科目はほとんどない。英国の教育大臣マイケル・ゴーヴが2月にその国の全国カリキュラムを変える草案を発表した時、見出しになったのは彼の歴史への計画だった。ゴーヴ氏の提案は、歴史が初期ブリトン人から始まり冷戦で終わる「首尾一貫した年代順の物語として」学ばれるよう要求した。反対派は、そのシラバスが「ぜいたくな白人男」の行為を強調しすぎ、少数者のそれを控えめに表現しているという。「教育不可能、学習不可能、そして英国的ではない」と、運動団体が4月10日に大声を出した。歴史家の反対陣営は、嘆願を公開し、テレビで論争した。その撃ち合いは、来週に終わる公式調査機関を超えて続くだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来の燃料 - 木材

5月
03

ヨーロッパでの環境の狂気

どの再生可能エネルギー源がEUでもっとも重要なのか?たぶん太陽光?(ヨーロッパは世界中で設置された太陽光電池エネルギーの能力のうち1/3を持っている。)または風力?(ドイツは過去10年で風力発電能力を3倍にしている。)答えはどちらでもない。ヨーロッパで使われている再生可能エネルギーと呼ばれるもので断然最大のものは、木材だ。

棒やペレットから削りくずまで、そのさまざまな形で木材(またはその流行の名前を使ってバイオマス)は、ヨーロッパの再生可能エネルギー消費の約半分を占めている。ポーランドやフィンランドのようないくつかの国では、木材は再生可能エネルギー需要の80%以上を満たしている。風力や太陽光に巨額の補助金をつぎ込んでいるエネルギーヴェンデ(エネルギー変革)の母国であるドイツでさえも、非化石燃料消費の38%はそれらのものから来ている。ヨーロッパ諸政府が彼らのハイテク低炭素エネルギー革命について自慢した年月の後に、主要な受益者は産業化以前の社会で好まれた燃料のようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サンテックの日没 - 太陽光発電

4月
21

困難を抱えた事業の厄介な破産

大きな中国の太陽光発電パネルメーカーのサンテックの破産は、地球規模の太陽光発電産業の合併のラウンドに火をつけるのだろうか?初期の兆候はあいまいだ。魅力的で技術をよく知った創業者施正栄(Shi Zhengrong)の下で、サンテックは開拓者だった。それは、2005年に上場した最初の中国の太陽光発電会社だった。公的信用と補助金に支えられ、それは簡単に量において世界最大の太陽光パネル業者になった。

今、サンテックは、太陽光崇拝者の間で禁句になっている。3月15日に、それは5.41億ドル相当の転換社債の支払いができなかった。3月18日に、その会社に債権を持っている地元銀行が忍耐を切らし、それを訴えた。すぐ後に、地元裁判所はそれが破産したと宣言し、債務の再構築を始めるよう命じた。

サンテックは、その群れの先を走っていたので、よろめいた。調査会社ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス(BNEF)のジェニー・チェースは、太陽光技術はとても速く進歩しているので、それは「後発者利益」を作り出している、と論ずる。彼女は、新しい光電池(PV)製造工場は5年以内に時代遅れになると計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルカンのブレーキライト - ボスニアの製造業

4月
17

クラスター爆弾から産業クラスターへ

1992-95年の戦争中に、ゴラジュデの町はセルビア軍に包囲された。今、最もうるさい音は拡大中のベクト・プレシサ工場の建設音だ。357人の従業員を持つそれは、ポルシェ、BMW、アウディの自動車照明のためのプラスティック部品を作る。それはまた、ドイツ企業ヘラとの合弁事業で、スキーと街灯の部品をどんどん作り出す。ボスニアは、停滞した経済、高い失業率、そして機能していない政府に苦しんでいる。しかし、それは幾つかの驚くべき産業クラスターの故郷だ。東部ボスニアのゴラジュデは、その一つだ。他には、テシャニ、ビイェリナ、ヴィソコがある。そのような場所には、一般的に精力的な市長や起業家がおり、ドイツとの強いつながりを持つ。ゴラジュデはその三つをすべて持っている。

ほとんどがボスニア人ムスリムのその町は、戦争以来徹底的に再建されている。それは豊かではない。毎晩、人々がその石炭ストーヴに火を入れるにつれて、煙のとばりがゴラジュデにおりる。しかし、その地理的条件と労働力は、そこをドイツの拡大仕事場の一部にしている。ドイツ企業が部品を調達する近くの低費用諸国の後背地だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読