ドイツ

本棚をたたむ - 電子貸出と公共図書館

4月
17

電子書籍は公共図書館と出版社へのどんでん返しを意味する

サンフランシスコの主要な公共図書館を塗りつぶしているのは、以前その図書館の目録に乗っていた5万枚のインデックスカードだ。それらが参照する大きな本もまた装飾品になっているかもしれない。図書館の常連客は収蔵書をオンラインで検索できるだけでなく、彼らは図書館を訪れることなく電子書籍を借り出すかもしれない。図書館司書にとって、「電子貸出」はデジタル時代の自然な提案だ。出版社と本屋は、それが彼らの事業をほどくかもしれないと恐れる。

書籍取引における図書館の影響についての心配は新しいものではない。しかし、書籍が読者の下に簡単で素早く到達することができるようにするデジタル装置が、それらを激しくしている。大出版社マクミランの社長ブライアン・ナパックが2011年に言ったように、その恐れは図書カードを得た人が「再び本を買う必要がない」ことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

作業場の英雄 - アメリカと第二次世界大戦

4月
01

書評 「勝利の技術者:第二次世界大戦の潮目を変えた問題解決者たち」 ポール・ケネディ

Engineers of Victory: The Problem Solvers who Turned the Tide in the Second World War  By Paul Kennedy

第二次世界大戦から70年近くが経過し、ほとんどの戦争参加者が今亡くなり、指導的な歴史家は今ドイツ国防軍を賞賛できる。もちろん、その悪い人種主義ではなく、その軍事的あっぱれさだ。戦場で、ドイツ軍の兵士たちは、「どの前線においても攻撃に迅速にそして厳しく反応する能力」について普遍的な尊敬を勝ち得た、とイェール大学のポール・ケネディは書く。彼の誇張表現は流れ続ける。ドイツ国防軍は回復し反撃する信じられないほどの能力を持っていた。ドイツの落下傘部隊は超有能だった。第3帝国は驚くべき粘り強さで戦った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それを蓄えろ - ヨーロッパの金融取引税

3月
18

取引税の計画は、取り下げられるべきだ

出しゃばりな立法についての泣き言をいう、変動利付抵当と数ある場所の中で特にアメリカに精通した銀行員を捕まえておくどんな考えも、一か八かやってみなければならない、そうだろ?間違いだ。2月14日に公表された金融取引税(FTT)への欧州委員会への提案は、悪い設計の名作だ。

フランス、ドイツ、イタリアを含んだ11の欧州連合加盟国のグループは、資本と負債の取引に0.1%の税を、そしてデリヴァティヴの取引に0.01%を課したいと思っている。これらの国々は、英国やルクセンブルグといった金融ハブを含んだほかのEU加盟国が反対しているので、彼らだけで進んでいる。

金融取引への税の考えは新しいものではない。英国は1694年以来株式購入に印紙税を課している。ノーベル賞受賞経済学者のジェームズ・トービンは1972年に外国為替取引への地球規模の税を提案した。金融取引の上の収入の小さな部分をすくい、その施しから大きく利益を得ている産業から納税者のために金を取り戻すという考えは、自然の正義の感じを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コスモスが帰ってくる - ニューヨークのサッカー

3月
12

かつてアメリカのサッカーの同義語だったそのチームは再生する

「サッカーがついに合衆国に到達した、と世界に向かっていま言うことができる。」1975年にニューヨーク・コスモスと470万ドルの価値があると言われた契約に調印した時、ペレは言った。それは、その偉大なブラジル人を世界で最も高給のスポーツ選手にし、コスモスを町で最も人気の切符にした。そのチームは、西ドイツを率いて1974年のワールドカップを制したフランツ・ベッケンバウアーといった国際的な偉人を詰め込んでいた。その魅力は、当時コスモスがプレーしていたジャイアンツスタジアムに7.7万人のファンを惹きつけた。1977年にペレが去ると、観客数は伸び悩み、8年後、チームは解散した。30年後、コスモスは戻ってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

氷と人類 - ヒトの進化

3月
04

氷河期についての新たな展示会は、アートのもっとも初期の作品を考慮する

1939年に第二次世界大戦が勃発した数日前に、二人のドイツ人学者が、その国の南西の洞窟で発掘したマンモスの象牙の破片の貯蔵物を詰め込んだ。そのかけらが30年後についに組み立てられた時、それらは人間の足と腕を持っているがライオンの頭をした30センチの高さの立像を形成することがわかった。「ライオンマン」と呼ばれるようになったそれは、4万年前に掘られたものだった。この想像力に富む人形は、その前にあった動物と狩人の現実的な洞窟壁画からの出発を記録する。多くは、これを芸術の最初の作品だとみなす。

人間の創造性の最初期の生産物は、20世紀の芸術家の興味をそそった。パブロ・ピカソ、ブラッシャイ・ジェルジ、コンスタンティン・ブランクーシ、そしてジョアン・ミロにとって、これらの古代のかけらはアートを作ることは、先天的な人間本能の証拠だった。ピカソは、2.3万年前のマンモスの牙の「キュービスト」のその体の脇に臀部がはみ出した女性の彫刻にとても魅了されたので、彼はその模造を2つスタジオに置いておいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

盛大なお祭り - ビッグマック指標

3月
04

通貨戦争:バーガーの評決

古い牛肉が再び国際金融の世界を分けている。「通貨戦争」の妖怪だ。ドイツのブンデスバンクの総裁イェンス・ヴァイトマンは最近、中央銀行が減速する経済の行き返させる努力は、「為替レートをますます政治問題化する」ことにつながりうる、といらだっている。大きな債券ファンドマネージャーのピムコのビル・グロスは、経済が輸出業者を押し上げるために通貨を下落させる成長マッサージを熱望するにつれ、世界が1930年代を思い出させる通貨切り下げ競争に入っていると説明する。バーガノミクスは何を言わなければならないか?

ビッグマック指数は、エコノミスト誌の外国為替レートについての快活な分析だ。その秘密の素は購買力平価〈PPP〉の理論だ。それによって、価格と為替レートは長期的に調整され、国をまたいで貿易財の同一のバスケットの費用を同じにする。我々のバスケットはビッグマックだけを含んでおり、マクドナルドがどこでも(またはほとんどどこでも:インドでは我々は牛肉ではなく鶏肉を用いるマハラジャマックを使う)同じ原材料から同一の製品を生産する努力に頼っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

共通事項をなおす - 政府の改革

3月
02

政府をよりビジネスライクにするいくつかの考え

カール・マルクスは「近代国家の重役」を「全ブルジョワジーの共通事項を管理する委員会」以上のものではない、と退けた。それに対するブルジョワの見方からのたった一つの賢明な反応は、もしそんなものがあるのならば、ということだ。最近、ほとんどの事業家は、政治的問題を持った聴衆のためにほかの嘆願者と共同歩調を取らなければならない。そして彼らの番がついに来た時、彼らはその利益を魅力的な方法で代表するスマートな「委員会」ではなく、時代遅れのよろめきを見つける。あまりに多くの政府が、サイバー安全保障のような21世紀の問題は言うに及ばず、鉄道路線のような19世紀の問題に対処することができない。

悪い政府は事業の最大の問題の一つだ。先進国では、それはあまりに厄介だ。途上国ではそれはあまりにつぎはぎだ。そしてどこでも、既得権益と官僚主義に手足を縛られ、またはイデオロギー的狂信者にハイジャックされ、それはあまりにゆっくりで柔軟ではない。政府をマルクスの賞賛した「全ブルジョワジーの共通事項を管理する委員会」に変えるために何ができるだろう?ビジネスマンはそのポケットに改革の長いリストを持っている。しかし、三つの考えが特に注目に値する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

過去と未来 - ラテンアメリカの統合

2月
24

その地域の時代錯誤の新しい顔

ヨーロッパがひれふし、ラテンアメリカの多くが急成長する中で、かつて大西洋をまたいだ「戦略的連合」のジュニアパートナーだったものが命令をしていると期待するかもしれない。しかし、そうではない。1月26,27日のチリの首都サンティアゴでのEUとの2年に一度の首脳会談と、その次の日のラテンアメリカとカリブ海諸国の共同体であるCELACの懇親会で、ラテン諸国は内部分裂と過去の目立ちたがり屋政治へののめりこみの両方を示すと決めたようだ。

たぶんそれが、ドイツのアンゲラ・メルケルとスペインのマリアーノ・ラホイ以外のヨーロッパのより重要な指導者たちがわざわざ長旅をしようとしなかった理由だろう。仕事の主要な潜在的な点は、EUと、ブラジルとアルゼンチンに率いられた貿易ブロックのメルコスールとの間の、長く停滞した貿易交渉だった。これらは1990年代に始まった。「しかし、お互いの市場へのアクセスという中心問題において、我々は依然として仕事に取り掛かっていない。EUの貿易担当委員のカレル・ドゥ・グヒュトは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読