ドイツ

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道で膨らんだ - ふくらますことのできる宇宙船

2月
07

宇宙ステーションを作るのに巨大な風船を使う計画

国際宇宙ステーション(ISS)は、空の人類の別荘だ。すべてのそのような家と同じように、それは(1,500億ドルかかり、さらに増えている)ぜいたく品だ。そして、地球上の多くのほかの計画のように、所有者はそれを弄ぶのに抗することができない。1月16日に、NASAがISSが拡張されると発表したことは、その精神だった。これは、地球ではよくあることかもしれないように、温室でも屋根裏改装でもない。そうではなくて、それはBEAM(ビゲロー拡張可能活動モジュール)だ。

アメリカのホテル事業家で宇宙マニアのロバート・ビゲローは、宇宙ステーションが鉄ではなく織物で作られるべきだという考えを何年も押している。それは、それらが打ち上げの時に折りたたみ、軌道でふくらますことができることを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

対蹠地の支配 - 先史時代の移民

2月
07

4,000年前、冒険的なインド人たちがオーストラリアに渡ったことを遺伝的証拠が示唆する

人類の先祖の物語は、ふつうオーストラリアを忘れられた大陸とする。人類学とオーストラリア原住民の遺伝子の両方が、人類がアフリカから出た最初の足掛かりである、オズの地のバブ・エル・マンデブ海峡のアラビア側から広がるのにたった1.5万年しか必要ではなかったと示唆する。最初のオーストラリア人は、それ故に約4.5万年前に到着した。そのあと、1788年に英国海軍のアーサー・フィリップ船長がろくでなしどもの積み荷と一緒にシドニー湾に現れてニューサウスウェールズの植民地を見つけるまで、オーストラリアとその他の世界との遺伝子の流れは再開しなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ゲーム - 通貨切り下げ競争

2月
06

通貨切り下げを成し遂げるための別の戦い

多くの英国サッカー場は観戦の問題を抱えている。最近では健康と安全上の理由から競技場はすべて座席だが、ファンの中には座ることを拒絶するものもいる。彼らは試合中立ち、その後ろの人たちにそれに続くことを強いる。最後には、競技場のその部分のみんなが立ち上がる。誰の視界も改善しないが、みんなが大きく快適さを損なう。

外国為替市場は、今のところ同じような問題に直面している。ほとんどすべての国が、その輸出業者が価格競争力を持ち市場シェアを得ることができるように、その通貨を弱くしたいと思っている。しかし、ある通貨が下がれば、ほかのものは上がらなければならない。これらの国々はその通貨を戻そうとし、世界は最後には最初に戻る。

ブラジルの財務大臣グイド・マンテガは、2010年9月にその過程を「通貨戦争」と表現し、今週ロシア中央銀行の第一副議長アレクセイ・ウリュカエフは、次の切り下げ競争の警告をよみがえらせた。財務大臣の集まりユーロ・グループの長ジャン=クロード・ユンケルは今週、単一通貨の為替市場が「危険なほど高い」と呼んだ。ノルウェーの中央銀行は、たとえその国が住宅ブームのさなかにあるとしても、クローネの強さが金利を引き上げることに用心深くなる原因となるだろうというヒントを得た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パンをスライスすること以来の最高のこと - 新興市場企業

2月
06

巨大な新興市場企業があちこちで前進し続けている

グルーポ・ビンボーが「北」で再びうろついている。2009年に、そのメキシコの大手製パンはウエストン・フードの一部を23億ドルで買い、合衆国最大の製パン業者になった。2年後、それはサラ・リーのアメリカの製パン業を9.6億ドルで買った。先月、それは、かつて偶像的で今では破産した会社のホステス・ブレッドのパン事業がその営業を終えたので、そのもっともおいしい部分についての戦いに参入していた。

ビンボーはその拡大に買い物客の目以上のものをもたらした。それはパン関連の突破の名人だ。それはスペイン人にスライスパンを紹介するのを助け、透明セロファンでのパン包装を開拓した。それはまた効率性と兵站の名人でもある。テディ・ベアのロゴをつけたビンボーのローリーは、メキシコと中央アメリカで見慣れた光景だ。精通した取引締結と容赦ない費用圧縮は、ビンボーを焼いたものの巨人にし、2011年には108億ドルの売上を上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケルトの変容

1月
29

アイルランドは緊縮を通しての調整のモデルなのか?

「お祝いが待ちきれない。」ダブリン空港のポスターは、花火でばか騒ぎする人々の写真で宣言する。1年間続くお祭りといい気分にするイヴェントである「ギャザリング」は、アイルランド系海外居住者を祖国アイルランドに引き戻すという意味を持つ。これをさげすんで、感傷的な外国人から金を搾り取るための単なる策略だとみるものもいる。より強い批判は、アイルランド系は再び散らばっているというものだ。その経済的苦悩に対するアイルランドの伝統的反応である移民は、再開し、加速すらしている。

バラードはずっと別れの悲しみを喚起している。「多くの20歳の若者たちがさよならを言った。」1960年代にダブリナーズは歌った。1980年まで、典型的な移民は貧しい労働力だけではなく、不満を持った卒業生でもあった。それから、「ケルトの虎」の日々の経済的好況がその呪いを壊すように見えた。若い男女は母国で給料の良い仕事を得ることができた。アイルランドは外国に出て行った人の何人かを引き戻しており、外国で獲得したその技術とネットワークが好況を加速している。初めて、アイルランドは、特に東ヨーロッパから多くの外国人労働者を惹きつけている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歓迎されざるルネサンス - ヨーロッパの汚い秘密

1月
18

ヨーロッパのエネルギー政策は、すべてのありうる世界の中で最悪のものを届けている

石炭の生産と使用がアメリカで急落する一方で、ヨーロッパでは「我々はある種の石炭黄金時代を迎えている」と国際エネルギー機関のアニー=ソフィー・コルボーは語る。石炭からの発電量は、いくつかのヨーロッパ諸国では、年率換算で50%も上がっている。石炭は、ほかのどの化石燃料よりもキロワット時あたりで生み出される温室効果ガスが多くて、はるかに最も汚染のひどい電力源なので、これはヨーロッパの環境への熱望に対して物笑いの種になっている。どのようにこうなったのか?

物語はまたアメリカのシェールガスから始まる。アメリカの電力会社がガスにシフトするにつれ、アメリカの石炭採掘業者は新たな市場を探さなければならなかった。彼らは、中国の石炭需要が減速し世界の石炭価格を下げた時に、そうした。2011年8月から2012年の8月の間に石炭価格が1/3下がり、トン当たり100ドルを切った。これらの価格によりヨーロッパの電力会社は石炭を買いたがるようになった。そのアメリカからの石炭購入は2012年の上半期に1/3増えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西の夜明け - アイルランドとユーロ危機

1月
07

なぜアイルランド人は、彼らの救済計画を後にするために手助けするのに値するのか

ほとんどのユーロ圏の周辺のほとんどの見通しは暗いままだが、西にかすかに表れる望みがある。2013年の終わりまでに、アイルランドはその救済計画を後にし、再び自分の足で立つことができるかもしれない。

アイルランドの回復は、アイルランドとその首相エンダ・ケニーと同様に、ヨーロッパとその事実上の指導者アンゲラ・メルケルドイツ首相への一押しを提供するだろう。救済の対価として課された緊縮と構造改革の議論を呼んだ治療がうまくいくということを示すだろう。それは、特に秋に投票に行くドイツの有権者といったヨーロッパの中核の選挙民に、ギリシャの場合とは違って救済が彼らに終わりなき税金の要求を宣告することではないと安心させるだろう。そして、アイルランドによる債券市場への維持された収益は信頼をより一般的に押し上げ、ポルトガルやスペインのようなほかの救済された経済を助ける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京は再生可能エネルギーを増加する一押しを始めている - 中国の環境対応

1月
06

より多くの動力源を開発することが戦略目標だ

デンマークの酵素メーカー、ノヴォザイムスがトウモロコシの穂軸から化学品を作る提携相手を探したとき、それは中国から来た。

そしてドイツの太陽光パネルメーカーQセルズが、薄型フィルム太陽光パネルの記録を破った技術を持つ子会社を売ろうとした時、それは中国で買い手を見つけた。

その世界最大のエネルギー消費者は、一定の国の支援とほとんど並ぶもののない新技術への商業的熱狂で、環境エネルギー技術のメッカのように見える。過去10年間の政策のおかげで世界最大の石炭消費国になっているその国は、今では世界最大の太陽光パネル、風力発電機、そして電池の生産者だ。

2015年までに、北京は中国の発電能力の30%を非化石燃料からのものにすることを目指している、と先月発行された政府白書は言う。輸入エネルギー源への依存を減らし、炭素排出を減らすのにも貢献するので、中国では環境技術は賞賛される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読