ドイツ

壊れて時代遅れだ - アメリカの移民政策

6月
30

移民の行き詰まりは合衆国を二流国にする

アメリカの経済が弱るにつれて、一つの側面を除いては、大統領へのレースはきつくなっている。ヒスパニックのアメリカ人は、驚くべき61%対27%の率で、バラク・オバマを支持しているのだ。もしオバマが勝てば、それはかなりある問題についての彼の姿勢のためかもしれない。移民だ。しかし、それは、多くのラテン系が支持しているこれらの政策は言うに及ばず、彼の好みを施行するには不可能であろう問題だ。共和党はその問題について厳しい立場をとっている。民主党は自分たちの一線を持っている。それは、アメリカの移民制度が今と同じようにとどまることを意味する。まったく壊れているものだ。
 

アメリカ人は、合衆国を世界の偉大な移民社会だと考えており、そしてもちろん、その国の歴史のほとんどにおいて、それは本当だった。しかし、過去20年間にわたって、何か取りつかれたようなことが起きている。ほかの国は、自分たち自身を移民社会に変え、アメリカの最善の理想を採用し、それらを改善すらしている。その結果は、合衆国がかつてそうであったように例外的ではなく、その移民の利点は小さくなっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

市場の国有化

6月
10
金融政治複合体の興隆
 
過去5年間にわたって当局によってとられたそれぞれの段階は、経済を支え、金融制度を救うために設計されてきた。しかし、累積した影響は市場の忍び寄る国有化だ。中央銀行は、多くの豊かな世界の国債市場で最大のプレイヤーだ。株式市場は、中央銀行が通貨供給を拡大した時にのみ活発になるようだ。そして、銀行制度は暗黙か明示的にか政府の支持に非常に依存している。
 
銀行が最初だ。彼らは貯蓄者から借り手に、伝統的には家計部門から会社へ、資金を流すために存在している。しかし、現代の銀行は小口預金からだけでなく、市場からも資金を調達する。2007年までに、ヨーロッパの銀行は、より良い(投資適格の)法人の借り手よりも、安く市場から借りることができた。しかし、過去5年間、銀行の借り入れ費用は、一貫して非金融企業よりも高かった。これは、銀行の仲介業者としての役割についての巨大な疑問符を提示する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽黒点 - 太陽光関税

6月
09

アメリカの中国製太陽光パネルに対する関税は危険で無意味だ

太陽エネルギーは、繊細でもしかしたら歴史的な瞬間にある。電子をシリコンのような半導体素材から自由にすることによって、ほとんどの太陽電気を発電するガラス状の光電池パネルの費用は、急落している。過去4年間で、その平均費用は75%以上下がった。発電能力1ワット当たり1ドル以下で、太陽光は今では、特にインドのような化石燃料の代替を持たない、いくつかの日の良く当たる場所で、最も安い電源だ。これは革命のように見え始めている。信頼でき汚染をもたらさないエネルギー供給を欲する者は誰でも、それを歓迎するだろう、とあなたは考えるだろう。

しかし、5月17日に、アメリカの商務省は、その事業で最も安いものを含んだ61の中国の太陽光パネルメーカーに31%の暫定関税をぴしゃりと課した。商務省の紹介に満足に答えられなかった無名の中国の太陽光会社の別のグループは250%の関税を課された。10月に承認されると予想されるこれらの税金は、アメリカで操業するドイツ社のソーラーワールドを含んだ7つの太陽光会社からの反ダンピングの申し立てに対する反応だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大理石と男たちの - トルコの文化的野望

6月
03
トルコは外国の美術館に対してきつくなり、新たな文化戦争を始める
 
1887年の春に、モハメド・シェリフという名のレバノン人村人が、シドンの近くで二つの地下室に続く井戸を発見した。これらは、紀元前5世紀までさかのぼる18の壮大な大理石の石棺を含んだ王家の墓だと判明した。オスマンのスルタン、アブドゥル・ハミッド2世はその石棺を掘り出すよう命じ、イスタンブールに船で運ぶために鉄道に載せ地中海沿岸を運んだ。最大の石棺は、アレクサンダー大王の遺品を含むと信じられた。その棺はトルコ人のものではなく、シドンは今レバノンだが、その石棺はルーヴルにとっての「モナリザ」のようにその考古学博物館にとって大事な、イスタンブールのもっとも立派な宝物だとみなされている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゼロサム議論 - 資本課税議論の新潮流

5月
16

経済学者は資本が課税されるべきではないという見方を考え直している

役員たちは、アメリカの法人税率が経済の弱さの責任があると激しく非難する。ミット・ロムニーの運動はバラク・オバマの「資本との戦い」の遂行を非難する。実際に、アメリカの資本への課税は過酷というよりも理解しにくい。(州と地方税を含んで)39.2%というその最高税率は豊かな世界で最高水準だが、抜け道のためにほとんどの会社は最終的に26.7%を支払っており、英国の実効税率の27.4%と似たようなもので、ドイツの31.6%より低い。アメリカのキャピタルゲイン課税は15%で、多くのほかの国よりも低い。そしてもし、ロムニー氏がより熱心な資本の守護者ならば、どちらの男も改革の必要性に合意する。これは戦いというよりも小競り合いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

何が英雄的な紛争にするのか - 内戦の科学

5月
04
内戦の勃発と拡大を予測できるコンピューターモデルが開発されている
 
過去10年かそこらの間、世界で最も進んだ軍隊を指揮する将軍たちは、伝統的な戦闘の発生の正確な予測に頼ることができてきた。天候と地勢そして交戦国の数、兵器類、場所、訓練と士気の高さの情報があれば、ワシントンDCのデュピー研究所によって設計された戦術的数値決定論モデルといったコンピュータープログラムは誰が、どれだけの速さで勝ち、どれだけの死傷者が出るかを予測できるのだ。
 
しかしながら、ゲリラ戦争は、この種の開かれた戦争に比べてモデル化するのが難しく、しばしばそれに先立つ内乱はさらに難しい。最近そのような紛争が支配的な戦いの形なので、将軍の見方では残念なことだ。難しさの理由は、一般的な蜂起の燃料がハードウェアではなく、コンピュータープログラムがそのアルゴリズムではとらえるのが難しい型の社会的要素だからだ。フェイスブックやツイッターへの投稿や村のグループの間での電話の会話による感情的な温度を解析することは、戦車の射程距離や軍隊の弾薬や燃料の在庫のような物理的な情報を解析するよりも、常に難しくなる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

国づくりに賭ける - アメリカン・インディアン

4月
22

部族たちは、まじりあった結果とともに、ついに理論以上に主権になっている

ホワイト・マウンテン・アパッチ族の議長であるロニー・ルーペに会うことは、彼がかつてはそうであった首長に会う聴衆のようなものだ。82歳の彼は賢者のひげを生やし、話をすることに時間を使い、話の腰を折られることを許さなかった。彼は仏像のように長い耳を持っている。彼はアパッチの旗、勲章、そして彼が遠い昔に薬師とともにデザインしたと語っている部族の紋章に囲まれて座っている。彼の事務所は、デラウェアと同じくらいの広さがあるがたった12,000の部族の人々だけが住んでいるアリゾナの離れた保留地を横切って、アパッチの神聖な方向の一つを見晴らしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ドイツ を購読