エクソンモービル

南シナ海 – トラブルを抱える水域での石油

2月
11

紛争中の海での二つのケーススタディ

その小さな隣国たちには迷惑なことに中国の領海主張がますます独断的になっている南シナ海での操業で、二つの中国の石油会社が対照的なやり方を示している。一つの会社の行動はその地域での緊張を高めており、一方もう一つはそれを緩和するやり方の兆候かもしれない。

去年の7月、香港に上場しており本土の有力者とつながりを持っているブライトオイル(光進石油)は、アメリカの会社ハーヴェスト・ナチュラル・リソーシズから620万エーカー(250万ヘクタール)の海底採掘権を買った。その区画には、議論を呼ぶ歴史がある。それは650海里(約1,200km)以上中国の沿岸から離れており、ヴェトナムからは発った200海里しか離れていないが、中国はWBA-21と呼ばれるその地域に「歴史的権利」があると主張する。それは、北京の曖昧なその海域での領有権主張を示すU字型の「九段線」の南西の端にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マラリア流行中

9月
28

いかにして抗マラリア運動の加速が世界的援助の全く新しいモデルを開いたのか

地球上でもっともマラリアが流行っている町で、私は、天井のファンが回っている二つの蚊帳の奥にある机にマシュー・エメル博士を見つけた。私は自己紹介し、エメルに自分は地球からマラリアを根絶するための運動を報告しているのだと話す。もし私が、それがなぜ重要なのか、そしてそれがどれほど難しいのかを知りたければ、それにかかるとどれほどひどいことになるのかを見ることは良い考えだ。そして私は北ウガンダの51.5万人の人口があるアパッチ地区では、平均的な人はマラリアに感染した蚊に1日4回刺されると読んだ。エメルは頷く。彼は、他のより印象的な統計があると語る。彼の少ないスタッフは最悪の週には5,000人の人々を診るかもしれない、といったことだ。そして2007-08の間に治療者の中にはアパッチ地区の全子供の70%とそこの全人口のほぼ1/3を含んでいたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

泥沼の継承 - パプアニューギニア

8月
10

大酋長の追放

独立後のパプアニューギニアで抜きん出た人物である、マイケル・ソマレ卿は、公式に役所から追い出され、彼以前の首相のひとりであったピーター・オニールが議会の投票によって彼にとって変わった。オニール氏はアイルランド系オーストラリア人の地区役人の息子で、もはや「物質主義と権力欲」に基づいて政府を率いることはしないと約束する。彼は長くこれらの期待に応えることはできないだろう。2012年の中頃に行われる選挙は、普通、国会議員が補助金を声高に要求するきっかけだ。

マイケル卿の辞職は、670万人のその国の政治における画期的な事件だ。「大酋長」として広く知られる彼は、1968年に最初に国会議員に選ばれ、1975年にその国を独立に導き、1980年までトップを務め、1982年から1985年まで首相として戻ってきて、2002年から今年までまた首相を務めた。彼は鉱物資源と伐採ブームを管理し、彼の国民同盟を手に負えない議会で支配的な政党にした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
エクソンモービル を購読